イスラエル|おすすめおでかけ&観光スポット

イスラエルの記事一覧です。おすすめ観光スポットやおでかけスポット、絶景・世界遺産の情報が集まる旅行情報サイトwondertrip[ワンダートリップ]。
キリスト、イスラム、ユダヤの3大宗教の聖地として、戦乱と復興を繰り返した歴史の大地、イスラエル。 3000年の歴史を刻むエルサレムには、嘆きの壁、黄金の岩のドーム、聖墳墓教会が残ります。 一方で、地中海に面した地域はリゾート地として栄え、テルアビブや世界屈指のリゾート地として名を馳せ、白亜の建造物が並ぶ姿から「白い都市」として世界遺産に登録されています。

クリスチャンでなくても知っておこう!イエスの生涯とキリスト教の歴史

クリスチャンでなくても知っておこう!イエスの生涯とキリスト教の歴史

キリスト教は世界最大の宗教で、およそ23億人、3人に1人が信仰しています。そしてカトリック、プロテスタント、正教会などいろいろな宗派に分かれていて、旅先でもさまざまな遺跡や教会を目にします。ではこうしたキリスト教はどういう歴史をたどってきたのでしょうか。そしてキリスト教を生んだイエスとは、どんな人物だったのでしょうか?ここではイエスの生涯と、その後のキリスト教の歴史を紹介していきます。 この記...

観光ガイド概要

  • イエスの生い立ちと30歳での弟子入り
  • ナザレの地でユダヤ人のもとに生まれる
  • 荒野におもむき、洗礼者ヨハネの弟子になる
  • イエスの教えはなかなか理解されなかった
  • イエスの宣教、その教えと弟子たち
  • 周囲はまとはずれな期待をし、ユダヤ指導者たちは危険視する
  • イエスはみずから悲惨な死を選んだ
  • イエスは自分の逮捕と死を予感していた
  • イエスのみじめな死と、復活
  • キリスト教の誕生と拡大
  • イエスの死と復活の意味とは
  • 弟子たちの伝道によって地中海各地に広まる
  • キリスト教の迫害と公認、そして教義論争
  • ローマ皇帝からの迫害と公認
  • 教義をめぐる論争、「公会議」
  • 中世のキリスト教は東西に分裂する
  • 西のローマ教会、東のコンスタンティノープル教会
  • 西のカトリック、東の正教会
  • 十字軍とはなんだったのか
  • 十字軍が起こったワケ
  • 十字軍が失敗し、教皇の権威が低下する
  • 宗教改革によってプロテスタントが生まれた
  • ルターがはじめた宗教改革
  • カルヴァンの宗教改革と、イギリス国教会の誕生
  • 近代のキリスト教は世界に広まり、そして変化する
  • 西欧諸国の海外進出によってキリスト教が広まった
  • 政治と科学がキリスト教から分かれていく
  • 最後に教会建築の歴史をまとめました
  • バシリカ、ビザンツ、ロマネスク、ゴシック様式
  • ルネサンス、バロック、ロココ様式
  • 世界最大の宗教、その歴史をふまえて旅すれば……

「クリスチャンでなくても知っておこう!イエスの生涯とキリスト教の歴史」の続きを読む

観光前に知っておきたいエルサレムの歴史。なぜ3宗教の聖地なの?

観光前に知っておきたいエルサレムの歴史。なぜ3宗教の聖地なの?

中東の都市、聖地エルサレム。イスラエルが首都と主張していますが、各国の大使館は置かれていません。そしてエルサレムには、ユダヤ教とキリスト教とイスラム教の遺跡がたちならび、おおくの信者と観光客を呼びよせています。なぜエルサレムは3宗教の聖地となったのでしょうか?その歴史を、各宗教の特徴もふまえながら、ひもといてみましょう。...

観光ガイド概要

  • エルサレムとユダヤ教はこうして生まれた
  • 「エルサレム」の語源
  • ダビデ・ソロモン王と神殿の丘
  • エルサレムがユダヤ教の聖地となったワケ
  • ユダヤ教の特徴、オリーブ山、ハスモン朝
  • ヘロデ王、離散、「嘆きの壁」
  • キリスト教の誕生と、エルサレムがやはり聖地となったワケ
  • 聖アンナ教会、ゲッセマネの園、鶏鳴教会
  • ヴィア=ドロローサ(苦難の道)と「聖墳墓教会」
  • キリスト教の特徴と、ユダヤ教との関係
  • 新約聖書の成立、死海文書
  • 争いのたえない聖地エルサレム
  • イスラム教の誕生と、エルサレムがまたも聖地となったワケ
  • イスラム教はこうして生まれた
  • 岩のドームとアル=アクサー=モスク
  • イスラム教の特徴と、ほかとの関係
  • コーランに見るイスラム教の特徴
  • キリスト教の反撃「十字軍」
  • イスラム王朝が衰退し、ユダヤ人が帰ってくる
  • オスマン帝国時代のエルサレム城壁
  • シオニズムの指導者ヘルツル、エルサレムの拡大
  • パレスチナ問題のはじまりと経緯
  • パレスチナ問題のきっかけはイギリスの二枚舌
  • エルサレムの東西分断と、大使館が置かれないワケ
  • そして現在のエルサレムは……
  • 神殿の丘には武器も十字架も持ちこみ禁止です
  • 意外と安全?エルサレムの治安
  • まだまだある!エルサレムの魅力的な観光スポット
  • 8つの門、ヒゼキヤ=トンネル、園の墓
  • 聖書動物園、マーケット、世界遺産
  • 地球上にこんな聖地があるなら、行かなきゃもったいない!

「観光前に知っておきたいエルサレムの歴史。なぜ3宗教の聖地なの?」の続きを読む

テルアビブ観光で見れる絶景で、イスラエルを味わい尽くす

テルアビブ観光で見れる絶景で、イスラエルを味わい尽くす

テルアビブは地中海の最東端、海に面した土地に270万人の都市圏を作り上げています。現在では中東のヨーロッパとも言われています。近年、都市化が進み商業や貿易面でオフィスが背の高いビル街を作り上げています。ビル街を少し離れると昔ながらの石造りの住居村や遺跡、教会等が古めかしくも由緒ある雰囲気を醸し出しているヤッファ地区があります。海岸にほぼ並列して観光用のホテルも点在しています。見どころを紹介します。...

観光ガイド概要

  • テルアビブの港
  • テルアビブプロムネード
  • テルアビブビーチとホテル街
  • ヤッファ地区に鐘楼がそびえる教会
  • セピア色の砂漠と街
  • 情緒たっぷりヤッファの旧市街
  • 高層ビルのアズリエリセンター
  • 観衆も参加するゲイプライドパレード
  • 白い街のビアリクスクエア
  • 古いヤッファの商店通りに絨毯を敷いて座っている女性
  • テルアビブ周辺のローマ遺跡
  • テルアビブを後にして

おすすめ観光スポット

テルアビブの海岸(外部サイト)
住所:Tel Aviv, Israel

テルアビブ(外部サイト)
住所:テルアビブ,イスラエル

フリシャーマンビーチ(外部サイト)
住所:Frishman Street, Tel Aviv, Israel

ヤッファオールドシティー(外部サイト)
住所:Jaffa, Tel Aviv 61000, Israel

ネゲヴ砂漠(外部サイト)
住所:イスラエル

ヤッファの旧市街(外部サイト)
住所: Jaffa, Tel Aviv 61000, Israel

アズリエリセンター(外部サイト)
住所: Azrieli Center, Derech Menachem Begin 132, Tel Aviv-Yafo, イスラエル

ゲイプライドパレード(外部サイト)
住所:テルアビブ,イスラエル

White City(外部サイト)
住所:Tel Aviv, Israel

Jaffa Flea Market(外部サイト)
住所:Yefet Street, Tel Aviv, Israel

「テルアビブ観光で見れる絶景で、イスラエルを味わい尽くす」の続きを読む

「死海」はなぜ浮くの?そもそもなぜ塩分が高いの?泥パックの効果は?観光する前に知りたい基礎情報

「死海」はなぜ浮くの?そもそもなぜ塩分が高いの?泥パックの効果は?観光する前に知りたい基礎情報

イスラエル観光なら次はここ!ということで、死海をご紹介します。テレビ番組などでも取り上げられることがあるため「死海」をご存知な方は多いのではないのでしょうか。ただ「死」という名がついているだけあってちょっと不気味…そんな所に絶景なんてあるの?死海でみる絶景写真と共に「死海」の情報をお届けします。...

観光ガイド概要

  • 名前だけだとちょっと不気味?
  • 湖面をプカプカ…一度は体験したい?
  • 真っ白な砂浜?いいえ、砂ではありません
  • そもそも、なぜ塩が?
  • 死海の絶景
  • 死海に行ったら泥パック体験は必須!
  • さあ、旅に出かけよう!

おすすめ観光スポット

死海(外部サイト)
住所:Ein-Bokek public beaches, Israel

「「死海」はなぜ浮くの?そもそもなぜ塩分が高いの?泥パックの効果は?観光する前に知りたい基礎情報」の続きを読む

死海、ガリラヤ湖…イスラエルで見れる水の絶景

死海、ガリラヤ湖…イスラエルで見れる水の絶景

ユダヤ教・キリスト教・イスラム教という非常にポピュラーな聖地として崇められるイスラエル。国土面積は非常に小さいですが、多くの観光スポットがあり、今回は乾燥地帯であるイスラエルで見られる水にまつわる景色をご紹介します。...

観光ガイド概要

  • 古代から守られてきた神聖なる湖
  • 未知の体験が出来る湖
  • 死海の辺りで美容ケア
  • 世界遺産に残る跡
  • イスラエルで楽しむリゾート
  • ビーチは最南端の街でも
  • 要塞跡から眺める夕日
  • 歴史だけではなく、自然も楽しもう!

おすすめ観光スポット

ガリラヤ湖(外部サイト)
住所:イスラエル北部ガリラヤ地方

死海(外部サイト)
住所:Ein Bokek, Dead Sea, Israel

マサダ国立公園(外部サイト)
住所:Road 3199, arad, Ein Gedi

「死海、ガリラヤ湖…イスラエルで見れる水の絶景」の続きを読む

イスラエル「ナザレ」に行きたい10の理由

イスラエル「ナザレ」に行きたい10の理由

現在のナザレ旧市街は、イスラエルに位置し、ムスリムとキリスト教徒が半々に住む小さな町ですが、イエスが伝道活動を始めるまでの約30年間を両親と暮らした地です。世界中のキリスト教徒を引きつける巡礼地、ナザレの見どころを紹介します。...

観光ガイド概要

  • ナザレのシンボル 受胎告知教会
  • 受胎告知教会の中の洞窟
  • 受胎告知教会に飾られた各国の宗教画
  • 受胎告知教会に隣接する 聖ヨセフ教会
  • 学校の敷地内に建つ 青年イエスの教会
  • もうひとつの受胎告知教会 聖ガブリエル教会
  • マリアが天使の声を聞いた マリアの井戸
  • 旧市街の中にある ジナゴーグ教会
  • あちこちに美しいモザイクがある ツィッポリ国立公園
  • 「カナの婚礼」の舞台になった場所 フランシスコ派修道院
  • イエスとその家族ゆかりの教会が多いナザレ

「イスラエル「ナザレ」に行きたい10の理由」の続きを読む

地球という星を実感…イスラエルで見れる大自然の絶景5選

地球という星を実感…イスラエルで見れる大自然の絶景5選

イスラエルは中東のパレスチナに位置する国家で、北のレバノン、北東のシリア、東のヨルダン、南のエジプトに囲まれています。ニュースなどではパレスチナ問題が取り上げられ、物騒なイメージも強いのですが、実は世界に誇る絶景を多く抱える場所でもあります。様々な宗教が入り混じる歴史の中で育まれた文化、それが生んだ観光名所がたくさんあるんです。そんなイスラエルで見られる大自然の中の絶景を5つ紹介します。...

観光ガイド概要

  • イスラエルってこんなところ!
  • キリスト教ゆかりの場所、ガリラヤ湖
  • 世界遺産、エルサレムの旧市街とその城壁群
  • 歴史に翻弄された廃墟…カエサリア・マリティマ
  • 様々な歴史の舞台、タボル山
  • リゾート地、テルアビブ
  • 古代からの歴史を感じる、イスラエルの魅力

「地球という星を実感…イスラエルで見れる大自然の絶景5選」の続きを読む

不思議な絶景!「イスラエルの1日を1枚の写真で」

不思議な絶景!「イスラエルの1日を1枚の写真で」

“イスラエルの1日を1枚の写真で”とと題し、不思議な風景を写真に収めた方がいます。 Lev Tsimblerさんは、異なる時間帯に撮影された写真を組み合わせて不思議な絶景をつくりあげた海外作品『デイ・トゥ・ナイト』にインスピレーションを受け、イスラエル版の絶景を撮影したそうです。 「ステファン・ウィルクスの美しい作品『デイ・トゥ・ナイト』にインスピレーションを受けた私は、『イスラエルの日夜』を作...

観光ガイド概要

  • ハイファのバハイ庭
  • イェルサレムのデビデの塔(下から上にかけて、夜から昼になっている)
  • 嘆きの塔
  • アッッコ・ポート
  • イェレサレムの嘆きの塔
  • さあ、旅に出よう

「不思議な絶景!「イスラエルの1日を1枚の写真で」」の続きを読む

人類史でも類稀なるの複雑な地区「エルサレムの旧市街」の歴史まとめ

人類史でも類稀なるの複雑な地区「エルサレムの旧市街」の歴史まとめ

世界遺産に登録されている「エルサレムの旧市街とその城壁群」は、現在はイスラエルが首都と主張している場所ではあるものの、国際的な紛争が続いている地域でもあります。危機遺産リストにも登録されています。複雑な歴史ですが、簡単にまとめてみました。...

観光ガイド概要

  • エルサレムの旧市街とその城壁群ってこんなところ
  • 3つの宗教の聖地とされるエルサレムの始まり
  • ユダヤ人初の王国の首都。1つ目の宗教「ユダヤ教」の聖地となる経緯
  • 「エルサレム神殿」はローマ軍によって放火されほぼすべてを失った
  • 2つ目の宗教「キリスト教」の聖地となるローマ帝国の時代
  • 3つ目の宗教「イスラム教」の支配時代
  • エルサレムに平和が訪れますように…

「人類史でも類稀なるの複雑な地区「エルサレムの旧市街」の歴史まとめ」の続きを読む

世界は感動で溢れている!旅行者が撮影した世界の25の素顔

世界は感動で溢れている!旅行者が撮影した世界の25の素顔

世界で最も有名な旅行ガイドブックといえば「ロンリープラネット」だ。 そんなロンリープラネットが1億冊を突破した際に13万点もの応募があった写真コンペの写真が美しい。どの写真も絶景ではない、本当の世界の素顔を映し出しています。 今回は、そんなロンリープラネットの写真コンペで選ばれた25の世界の素顔をご紹介いたします。 #1 ナガ族の瞑想/インド #2 祈りを捧げる修行僧/ミャンマ...

観光ガイド概要

  • エルサレムの旧市街とその城壁群ってこんなところ
  • 3つの宗教の聖地とされるエルサレムの始まり
  • ユダヤ人初の王国の首都。1つ目の宗教「ユダヤ教」の聖地となる経緯
  • 「エルサレム神殿」はローマ軍によって放火されほぼすべてを失った
  • 2つ目の宗教「キリスト教」の聖地となるローマ帝国の時代
  • 3つ目の宗教「イスラム教」の支配時代
  • エルサレムに平和が訪れますように…

「世界は感動で溢れている!旅行者が撮影した世界の25の素顔」の続きを読む