【ペトラ遺跡】何百年も忘れ去られていた不思議な古代都市

「ペトラ遺跡」は、インディージョーンズのモデルとなった冒険心をくすぐる遺跡です。古き良き時代に迷い込んだように神秘的なペトラ遺跡って、どんな歴史を持っているかって気になりませんか?今回は、1985年に世界遺産に、2007年には新・世界七不思議にも選出されたペトラ遺跡の歴史に少しだけ触れてみたいと思います。






ペトラ遺跡ってどんなもの?

ペトラ遺跡ってどんなもの?

image by PIXTA / 15040429

ヨルダンの死海とアカバ湾の間の渓谷にある、岩をくり抜いて造られた建物が立ち並ぶ人々の冒険心をくすぐるペトラ遺跡。
渓谷の壁や神殿や墳墓などがあり、その中には柱や装飾が施され、天然の赤みがかったバラ色のグラデーションはとても美しいものです。
砂漠を歩くと突如と現れるロマン溢れる遺跡は、インディージョーンズのように考古学者気分で、気軽に遺跡巡りを楽しみたい人々で人気の観光地となっています。

image by iStockphoto

映画の中の非現実が現実のものとして自分の目の前に現れるスペクタクルは、一生に一度は見てみたいものですね。
インディージョーンズのテーマ曲を頭に叩き込んだ後は、アラブの衣装を着てラクダに乗りアラブ気分を満喫するもよし、馬に乗って砂漠の風を切り駆け抜けるもよし、ゆっくり探検隊の一員になった気分で岩の裂け目に入り込んでペトラの奇跡を体感するのも良いものですよ。

ペトラ遺跡の始まり

ペトラ遺跡の始まり

image by iStockphoto

ペトラ遺跡の周辺には、紀元前1200年の新石器時代からエドム人が住んでいたと考えられています。
ヨルダン川の西岸にあるエリコと同じく、中東はもちろん世界最古級の町といわれています。
エドム人たちがどうなったか詳しいことは分かっていません。
しかし、彼らは、ユダヤと仲が悪く紀元前1000年ごろ、ダビデ王が小国エドムを襲ったとか戦争が起こったとか様々な説があり、紀元前8世紀には、同じくユダヤの王アマジアが、1万のエドム人を崖から突き落として殺したといわれています。

その後、ここに人が住んだのは、紀元前6世紀のナバテア人というアラブの遊牧民族の一部族です。
当初は南パレスチナに向かう予定でしたが、偶然にペトラと出会い定住を始めました。
肥沃な三日月地帯を中心に、メソポタミア、エジプト、ギリシア、インダスの古代文明を結ぶ要衝の地となり、砂漠を移動するキャラバン隊の中継基地として繁栄しています。
彼らは、ここを通るキャラバン隊の安全を保障した見返りと、商品に関税をかけることで収入を得て潤っていたようです。
東のシルクロードと西のローマも結んでおり、アラビア付近の貿易も独占していました。
香料、絹、香辛料など収益率の高い商品を扱えたのも大都市へと発展した要因です。

襲撃を受けるペトラ

襲撃を受けるペトラ

image by iStockphoto

繁栄するうちに人口が増えたナバテア人たちは、もともとここに住んでいたエドム人たちと自然に融合していったようです。
エドム人はイスラエルとの交戦で疲弊しており、ナバテア人が南へ追いやったとの説もあります。
紀元前4世紀末には、マケドニア帝国から分裂した、セレウコス朝の襲撃を受けてしまい、かなりの打撃を受けてしまったようです。






image by iStockphoto

紀元前312年に、国ができました。
これはナバテア王国と呼ばれ、10km四方にわたる都市ができたペトラが王国の首都となりました。
最盛期の人口は、3万人を超えたという大国だったようです。
ペトラとは、ギリシア語で「岩」を意味しています。
この大国には文化も開花しました。
基本的にはアラビア文化の流れを汲み、少なからずギリシア文化の影響も受けています。
宗教はセム系で、アラビア語を話しアラム語を書くこの文化は、ナバテア文化と呼ばれています。

ナバテア文字はアラビア文字の祖だった

ナバテア文字はアラビア文字の祖だった

image by iStockphoto

ヘレニズム様式の建築や優れた陶器製作技術を持っており、陶器の技術はエドム人から受け継ぎました。
ワディ・ムーサで発見された窯は、ペトラが3世紀末まで陶器生産の中心地となっており、その後衰退したことを証明しています。
天然の砂岩に彫刻をして中心街路が造られており、岩壁の所々にくねくねとした美しい飾り文字も刻まれています。
この文字は、ナバテア文字と呼ばれており、王国で公式に使われていました。

image by iStockphoto

最も古い文字は、紀元前96~95年に書かれたもの。
岩壁だけでなく、石碑やコイン、陶片など、遺跡のあらゆるところに文字が書かれています。
ここから、2世紀の間に、書体に個性が出てきており、文字は飛躍的に発展したようです。
フェニキア文字からアラム文字へと発展した後、ナバテア文字が作られました。
ローマによる王国の併合後は、ギリシア語が公用語になりましたが、一部でナバテア文字が使われており、旧王領内のアラブ人に伝わり、これがアラビア文字へと発展しています。
現在では、イスラム世界に通じる文字にまで発展しており、ペルシャ語やウルドゥー語にも用いられています。
この地域の現在の文字が、ナバテア文字からできたと思うと、感動もひとしおですね。
次のページでは『ローマに支配されるペトラ』を掲載!
次のページを読む >>

Writer:

世界遺産ブームをきっかけに歴史に目覚めてから、国や城、庭園などの成り立ちに魅了された主婦です。何だろう?と思ったことを調べて、皆さんにお伝えすることで気持ちを共有できたら幸せだな~と感じながら仕事をしています。ちょっとマニアックな歴史記事ですが、軽い気持ちで触れてみてくださいね!

この記事のカテゴリ

ヨルダン
中東
文化
歴史

関連記事を見る

ヨルダンの記事を見る

神様の教えのもとでたくましく――〈サウジアラビア〉の歴史
世界の七不思議に選ばれている建造物7選
中東の国ヨルダンで絶景に出会える地「アカバ」
ヨルダン観光なら世界遺産「ペトラ」は外せない!行き方、料金や営業時間は?
新・世界七不思議の一つ!ヨルダンの砂漠に浮かぶバラ色の古代都市遺跡「ペトラ」の歴史
人間ってすごい!ヨルダンで見れる歴史的な建築物5選
オレンジ色に輝くナバタイ王国の遺跡ヨルダン「ペトラ遺跡」でタイムスリップ
大地と水の恩恵を受けた街、ヨルダンの絶景10選
人類史でも類稀なるの複雑な地区「エルサレムの旧市街」の歴史まとめ
新・世界七不思議のひとつ。時が止まった街『ぺトラ』