オレンジ色に輝くナバタイ王国の遺跡ヨルダン「ペトラ遺跡」でタイムスリップ

中東ヨルダンの南西には「ペトラ遺跡」という遺跡群があります。約1万年前の新石器時代から人類が集約を作って生活していた痕跡がある中東で最も古い歴史をもつ場所です。紀元前6世紀にはナバタイ人が定住し始め様々な文化が根付きました。さぁペトラ遺跡で人類の歴史を紐解きましょう。

ペトラ遺跡ってどんな場所?

ペトラ遺跡ってどんな場所?

image by iStockphoto

ペトラ遺跡は紀元前1世紀~紀元後1世紀にかけて建設された古代アラブ民族のナバタイ王国の首都遺跡です。
現在では遺跡公園として観光することができ、世界中からの旅行者で人が絶えることはありません。

image by iStockphoto

ナバタイ王国以前・以後の史跡も複合的に残されており、この地域の歴史を知る上で貴重な遺跡として知られています。
1985年には世界遺産に登録され、2007年には新世界7不思議のひとつにノミネートされる場所です。
そんな歴史深い場所ペトラ遺跡の名所ごとに見ていきましょう。

ペトラ遺跡の住所・アクセスや営業時間など

名称 ペトラ遺跡
住所 Petora, Jordan, Petra – Wadi Musa, Jordan
営業時間・開場時間 現地時間6:00-16:00(冬) 6:00-18:00(夏)
利用料金や入場料 50JD
参考サイト http://www.visitpetra.jo/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ペトラ遺跡のスポットページ

精霊が宿ると伝えられる墓「ジン・ブロックス」

精霊が宿ると伝えられる墓「ジン・ブロックス」

image by iStockphoto

遺跡の入り口からまず右側に見えてくるのが「ジン・ブロックス」です。
メインロードの脇に3つのモニュメントが建っており「ウッザー」「ドッシャラー」「アッラート」と名付けられています。
ジンとは精霊を表すアラビア語で、人間の霊とは異なる精霊がここに宿り、祀られる場所でした。

ジン・ブロックス (ペトラ遺跡内)の住所・アクセスや営業時間など

名称 ジン・ブロックス (ペトラ遺跡内)
住所 Petora, Jordan, Petra – Wadi Musa, Jordan
営業時間・開場時間 開園時間:AM6:00~16:00(冬) / AM6:00~18:00(夏)
利用料金や入場料 1日券:50(JOD)
参考サイト http://jp.visitjordan.com/Wheretogo/Petra/EntranceFees.aspx
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ジン・ブロックス (ペトラ遺跡内)のスポットページ

ダイナミックで迫力のある渓谷「シーク」

ダイナミックで迫力のある渓谷「シーク」

image by iStockphoto

「シーク」とは狭い岩山の裂け目のことで、頭上に迫り出した崖の高さは60~100メートルと大迫力です。
シークにはナバタイ人が水源地から水を引いてつくった水路やダム、神々を抽象的に表現した聖石などを見ることができます。







Siqの住所・アクセスや営業時間など

名称 Siq
住所 Petra – Wadi Musa, Jordan
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://www.tripadvisor.jp/Attraction_Review-g318895-d318840-Reviews-Siq-Petra_Wadi_Musa_Ma_in_Governorate.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Siqのスポットページ

オレンジ色に輝く宝物殿「エル・ハズネ」

オレンジ色に輝く宝物殿「エル・ハズネ」

image by iStockphoto

シークを抜けると見えてくるのが「エル・ハズネ」というペトラ遺跡の中で最も壮麗とされる巨大建築物です。
現地の人達からは「ファラオの宝物殿」と呼ばれており、当時は葬祭の儀式を執り行う奉斎殿の役割をしていました。

image by iStockphoto

さらに驚くべきは岩山を上から下へ壁面を削りながら建造されたということで、よく見ると岩肌のなかに神殿が埋まった様になっています。
エジプトやギリシャから影響をうけたアレクサンドリア・ヘレニズム様式で、緻密な装飾がいたるところにされた建物です。

エル・ハズネの住所・アクセスや営業時間など

名称 エル・ハズネ
住所 Petra – Wadi Musa, Jordan
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 21JD
参考サイト http://www.visitpetra.jo
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

エル・ハズネのスポットページ

様々な儀式が行われた神聖な場所「ローマ円形劇場」

様々な儀式が行われた神聖な場所「ローマ円形劇場」

image by iStockphoto

ローマ式の劇場で紀元前1世紀頃アレタス4世によって建設されたのは「ローマ円形劇場」です。
その後、マリクス2世による改装工事の後、客席が拡張され約45段にもなり8500人を収容することが可能となりました。
紀元後363年の大地震で被害を被り、現在でもステージ部分などの箇所が破壊されたままです。
次のページでは『生け贄の儀式が行われた聖域「犠牲祭壇」』を掲載!
次のページを読む >>

関連記事を見る

ヨルダンの記事を見る

神様の教えのもとでたくましく――〈サウジアラビア〉の歴史
【ペトラ遺跡】何百年も忘れ去られていた不思議な古代都市
世界の七不思議に選ばれている建造物7選
中東の国ヨルダンで絶景に出会える地「アカバ」
ヨルダン観光なら世界遺産「ペトラ」は外せない!行き方、料金や営業時間は?
新・世界七不思議の一つ!ヨルダンの砂漠に浮かぶバラ色の古代都市遺跡「ペトラ」の歴史
人間ってすごい!ヨルダンで見れる歴史的な建築物5選
大地と水の恩恵を受けた街、ヨルダンの絶景10選
人類史でも類稀なるの複雑な地区「エルサレムの旧市街」の歴史まとめ
新・世界七不思議のひとつ。時が止まった街『ぺトラ』