トルコに眠る、初めて鉄器を作り使用した騎馬民族ヒッタイトの跡地

wondertripでは世界の絶景を紹介していますが、歴史地区や古代都市などの絶景スポットは、その歴史を少しでも知ることでより観光が楽しめます。今にも残る世界遺産のストーリーは、知識欲も刺激されますね。本日はトルコの「ハットゥシャ :ヒッタイトの首都」をご紹介します。

ハットゥシャ :ヒッタイトの首都ってこんなところ

ハットゥシャ :ヒッタイトの首都ってこんなところ

Hattushaの住所・アクセスや営業時間など

名称 Hattusha
住所 Bogazkale, Turkey
営業時間・開場時間 不明
利用料金や入場料 8TL
参考サイト https://www.tripadvisor.jp/Attraction_Review-g815363-d324410-Reviews-Hattusha-Bogazkale_Corum_Province.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Hattushaのスポットページ

ハットゥシャとヒッタイト

ハットゥシャとヒッタイト
ハットゥシャは前17~前13世紀にかけて栄えたヒッタイト帝国の首都で、その遺跡がトルコのボアズカレ近郊で1906年に発見されました。
首都アンカラから車で4,5時間ほどかかるアナトリア高原の中央部に位置しています。
ヒッタイト人は初めて鉄器を作り使用した騎馬民族で、鉄製の武器や2輪戦車を用いた戦闘方法で周辺諸国を圧倒しました。
バビロニア王国、古代エジプトと共に古代オリエントの3大強国として覇権を争ったのです。

しかし、ヒッタイトは前12世紀に突如として滅亡してしまいました。
地中海付近からやってきた正体不明の民族、海の民の攻撃によると言われていますが、定かではありません。







謎の民族「海の民」

謎の民族「海の民」
ヒッタイトを滅ぼしたと言われている海の民については、いまだにはっきりとしたことがわかっていません。

ただ、起源は地中海沿岸の民族ではないかと言われています。
ひとつではなく多数の民族の混合だそうです。

活動範囲が広く、メソポタミア、エジプト、フランスやイタリア、バルト海沿岸まで攻め込んだと言います。
彼らはただ略奪と破壊だけを繰り返し、定住し文化を作り出すということをしなかったため、ギリシャでミケーネ文明が破壊されると、暗黒時代が訪れました。
そして、おそらくヒッタイトも標的となったのでしょう。
鉄の武器と最強の騎馬軍団をもってしてもかなわなかった海の民が誰だったのか、気になるところですね。

城壁に囲まれていた都ハットゥシャ

城壁に囲まれていた都ハットゥシャ
ハットゥシャは全長6㎞の城壁に囲まれ、海抜1000mの高地に位置した城塞都市でした。

ここには神殿や地下道、貯蔵庫、王宮などの遺跡が残されていますが、そのほとんどは現在は礎石のみとなっています。
かつては日干しレンガ造りの建物が立ち並んでいたそうです。

次のページでは『聖地ヤズルカヤ』を掲載!
次のページを読む >>