太陽に愛される街、トルコ「アンタルヤ」で歴史鑑賞&マリンスポーツの旅

地中海に面し、松の木に覆われたトロス山脈が海まで広がる美しい海岸線を要する街、アンタルヤ。年間約300日も晴れるという太陽に愛される街で、ウィンドサーフィンやジェットスキーなどマリンスポーツや、洞窟探検や登山といった山のスポーツも盛んです。そんなアンタルヤでぜひ見ておきたい観光スポットを6選紹介します。


繊細な彫刻は必見・ハドリアヌス門

繊細な彫刻は必見・ハドリアヌス門
アンタルヤ旧市街の東側入口にある、3つのアーチを持つ門です。
紀元270年ごろに起こった地震によって倒壊した歴史がありますが、その後再建されました。
ローマ時代の雰囲気を色濃く残す美しい彫刻は、アンタルヤを訪れたらぜひ押さえておきたいポイント。

旧市街と新市街の間を通っているトラム沿いを進めば、迷うことのないアクセスの良さが魅力で、海岸通りの街並み散策と併せて訪れることができますよ。

ハドリアヌス門 Hadrian Kapısıの住所・アクセスや営業時間など

名称 ハドリアヌス門 Hadrian Kapısı
住所 Barbaros, 07100 Muratpaşa/Antalya
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://tr.wikipedia.org/wiki/Hadrian_Kap%C4%B1s%C4%B1
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ハドリアヌス門 Hadrian Kapısıのスポットページ

南国ビーチを楽しんで・コンヤアルトゥ・ビーチ

南国ビーチを楽しんで・コンヤアルトゥ・ビーチ
アンタルヤ西部に位置するコンヤアルトゥ・ビーチは、海水浴を楽しむのに絶好のポイントです。
青く透明度の高い海に白い砂浜、弧を描くような海岸線がどこまでも続き、はっと遠くを眺めると緑豊かな山々がそびえ立つ美しい風景が広がります。
ここでしか味わえない開放感の中で、思いきりビーチを楽しみましょう!

コンヤアルトゥ・ビーチ Konyaalti Beachの住所・アクセスや営業時間など

名称 コンヤアルトゥ・ビーチ Konyaalti Beach
住所 Konyaalti Plaji, Antalya, Turkey
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://en.wikipedia.org/wiki/Konyaalt%C4%B1_Beach
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

コンヤアルトゥ・ビーチ Konyaalti Beachのスポットページ

市民の憩いの場・カラアリオウル公園

市民の憩いの場・カラアリオウル公園
街歩きに疲れたら、カラアリオウル公園でほっと一息。
アンタルヤの繁華街からもほど近くにありながら、美しい風景と静寂が広がる穴場スポットです。
古代ローマの記念碑や魅力的な水辺、南国風の木々たちが出迎えてくれるカラアリオウル公園は、地元の人々にとっても憩いの場。
広々とした芝生で、ファミリーやカップルがのんびりとピクニックする姿も見られますよ。

カラアリオウル公園 Karaalioğlu Parkıの住所・アクセスや営業時間など

名称 カラアリオウル公園 Karaalioğlu Parkı
住所 Park Sk., 07100 Muratpaşa
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.fullantalya.com/hic-suphesiz-antalyanin-en-guzel-yeri-karaalioglu-parkidir/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

カラアリオウル公園 Karaalioğlu Parkıのスポットページ

アンタルヤのシンボル・イヴリ―ミナレリ・モスク

アンタルヤのシンボル・イヴリ―ミナレリ・モスク
アンタルヤはオスマン帝国時代の歴史を色濃く残している街ですが、そんなアンタルヤに於いてモスクは外せないスポットです。
街の中心にあるのがイヴリ―ミナレリ・モスクで、13世紀、セルジュクの王アラエッディン・ケイクバッドによって創立された、アンタルヤのシンボル的存在となっています。
美しく気品ある襞飾りのあるミナレットは、ぜひ思い出の写真に収めたい風景のひとつでしょう。

イヴリ—ミナレリ・モスク Yivliminare Mosqueの住所・アクセスや営業時間など

名称 イヴリ—ミナレリ・モスク Yivliminare Mosque
住所 Selçuk Mh., 7100 Muratpaşa/Antalya
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.muratpasa.gov.tr/muratpasa-turistik-yerleri
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

イヴリ—ミナレリ・モスク Yivliminare Mosqueのスポットページ

不運に見舞われたヘラクレスが眠る・アンタルヤ考古学博物館

不運に見舞われたヘラクレスが眠る・アンタルヤ考古学博物館
アジアとヨーロッパの中間地点にあり、東西交易の中心地として栄えたトルコは、歴史的に重要な建造物や遺跡が多数残っています。
アンタルヤ考古学博物館には、1800年前に造られた「疲弊したヘラクレス」が所蔵されていることで有名です。
上半身が窃盗被害に遭ったりと、さまざまな不運に見舞われたこの作品ですが、現在は無事上下揃って鑑賞することができます。
次のページでは『アンタルヤの歴史の番人・イスケレ・モスク』を掲載!
次のページを読む >>

Writer:

神戸生まれ神戸育ちの駆け出しデザイナーです。一眼レフを持って街歩きするのが趣味で、美味しいグルメの食べ歩きや日帰りプチ旅行などをしながら、関西のあちこちを散策しています。そんな経験を活かして、住み慣れた大好きな街・神戸の情報を中心に、有名スポットから地元民ならではの穴場スポットまで、関西一円の新しい魅力をご紹介できればと思います!

この記事のカテゴリ

トルコ
中東
建築
絶景
自然・絶景
街・都市

関連記事を見る

トルコの記事を見る

華麗な遺跡の数々に魅了される!トルコ旅行で行きたい歴史的観光スポット15選
アドリア海の女王と呼ばれるヴェネツィアが巨万の富を得たレヴァント貿易ってどんなもの?
トルコの世界遺産を全部解説!歴史から絶景の魅力までお伝えします
なぜ「天動説」でなく「地動説」なのか?文系でもわかる天文学の歴史
最も保存状態の良い円形劇場ヒエラポリスをはじめ、トルコ「パムッカレ」で見たい絶景10選
徒歩圏内でアートが楽しめるトルコ「コンヤ」で見たい絶景10選
収容人数1万人と言われる円形劇場アクロポリスをはじめ、トルコ「ベルガマ」で見たい絶景10選
美しい遺跡の数々を擁する絶景の宝庫!トルコ「エフェス」
がっかり世界遺産なんて呼ばせない!トルコ「トロイ遺跡」の魅力
モスクがそのまま博物館になった!イスタンブールの「カーリエ博物館」
イスタンブールの歴史を守ってきた世界遺産「テオドシウスの城壁」
ここがアジアとヨーロッパの境目!トルコの「ボスフォラス海峡」