壮大な絶景が楽しめる!トルコ・カッパドキアで見るべき観光スポット5選

カッパドキアを目当てにトルコを訪れる人は多いですが、カッパドキアは街の名前ではなく、アナトリア高原中央に広がる火山地帯を表していることは意外にも知られていません。その火山台地が長い年月をかけて生み出した壮大な岩風景には誰もが心を動かされることでしょう。雄大な自然とキリスト教徒が築いた文化をカッパドキアで体験しましょう!


カッパドキアの魅力が濃縮された岩風景:ギョレメ国立公園

カッパドキアの魅力が濃縮された岩風景:ギョレメ国立公園
ユネスコ世界遺産にも登録されている、カッパドキアの主な観光スポットが点在するのがギョレメ国立公園です。
写真は奇岩で埋まる谷間が一望できるポイント「ギョレメ・パノラマ」。
キノコ形や三角錐、帽子形など、色々な岩々が大地を埋め尽くす風景は圧倒的です。
岩山の中には内部に通路があり、頂上まで登ることができる物もあります。
オルタヒサルと呼ばれるこの岩は中が要塞になっており、高さは85メートルです。
岩石地帯の中央に位置するため、中央を意味するオルタヒサルと名付けられました。
カッパドキアの壮大な岩風景に打ちのめされてください。

ギョレメ国立公園の住所・アクセスや営業時間など

名称 ギョレメ国立公園
住所 Goreme, Kapadokya, Nevsehir
営業時間・開場時間 現地時間8:00-17:00
利用料金や入場料 15トルコリラ
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AE%E3%83%A7%E3%83%AC%E3%83%A1%E5%9B%BD%E7%AB%8B%E5%85%AC%E5%9C%92
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ギョレメ国立公園のスポットページ

キリスト教の聖地で鮮やかなフレスコ画に目を奪われる:ギョレメ野外博物館

キリスト教の聖地で鮮やかなフレスコ画に目を奪われる:ギョレメ野外博物館
キリスト教徒が多神教のローマ帝国に迫害を受けた4世紀頃、このカッパドキアに身を隠しました。
彼らが岩をくりぬいて造った多くの教会や修道院は現在も約30近く残っており、ギョレメ野外博物館で見学することができます。
外見は目立たないように質素な作りになっていますが、屋内の天井や壁はフレスコ画と呼ばれる壁画で飾られています。
「最後の晩餐」や「キリストの誕生」などの有名作品描かれており、とても良い保存状態で見ることができます。
キリスト画の名シーンをカッパドキアで体験しましょう。

Goreme Acik Hava Muzesiの住所・アクセスや営業時間など

名称 Goreme Acik Hava Muzesi
住所 Muze Yolu Goreme, Nevsehir
営業時間・開場時間 現地時間8:00-19:00 現地時間8:00-17:00(冬季)
利用料金や入場料 大人30トルコリラ 子供無料
参考サイト http://www.nevsehirkulturturizm.gov.tr/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Goreme Acik Hava Muzesiのスポットページ

カッパドキアの迫力を空の上から満喫する:バルーン(気球)・ツアー

カッパドキアの迫力を空の上から満喫する:バルーン(気球)・ツアー
荒野を馬やバギーで疾走するのもカッパドキアの醍醐味ですが、せっかくなので気球で壮大な風景を空から眺めませんか?毎日気流が安定する朝方に気球は出発しますが、朝焼けをバックに、50~100機の気球が一斉に地上から飛び立つ光景は正に圧巻です。
気球は高度約300~500メートルまで上昇します。
時に岩肌に近づいたりもしてそのスリルは満点です。
上空から見下ろす景色は素晴らしさは言葉に出来ないほどで、きっとあなたの忘れられない思い出となるでしょう。

関連記事を見る

トルコの記事を見る

華麗な遺跡の数々に魅了される!トルコ旅行で行きたい歴史的観光スポット15選
アドリア海の女王と呼ばれるヴェネツィアが巨万の富を得たレヴァント貿易ってどんなもの?
トルコの世界遺産を全部解説!歴史から絶景の魅力までお伝えします
なぜ「天動説」でなく「地動説」なのか?文系でもわかる天文学の歴史
最も保存状態の良い円形劇場ヒエラポリスをはじめ、トルコ「パムッカレ」で見たい絶景10選
徒歩圏内でアートが楽しめるトルコ「コンヤ」で見たい絶景10選
収容人数1万人と言われる円形劇場アクロポリスをはじめ、トルコ「ベルガマ」で見たい絶景10選
美しい遺跡の数々を擁する絶景の宝庫!トルコ「エフェス」
がっかり世界遺産なんて呼ばせない!トルコ「トロイ遺跡」の魅力
モスクがそのまま博物館になった!イスタンブールの「カーリエ博物館」
イスタンブールの歴史を守ってきた世界遺産「テオドシウスの城壁」
ここがアジアとヨーロッパの境目!トルコの「ボスフォラス海峡」