行くチャンスは無さそうだけどひと目みたい世界の町、トルコ「イズミール」の魅力

イズミールは、イスタンブール・アンカラに続くトルコ第3の都市であり、エーゲ海の港として長きに渡り重要な場所とされ、文化の国際都市として発展してきました。トルコで最も欧米化されたモダンな町であると言われていますが、古代遺跡やオスマン帝国時代の建築物も残されており、透き通るような青いエーゲ海を背景に現代的な町並みと歴史的な町並みの両方を楽しむことができる魅力的な町です。

バカンスに最適なイズミールの気候

バカンスに最適なイズミールの気候

image by iStockphoto

1年を通してヨーロッパからの観光客を中心に、イズミールには多くの人がバカンスに訪れます。
その人気の理由の1つは、1年のうち300日が晴天であるというイズミールの恵まれた気候でしょう。
真夏は30度を越しますが、日本のじめじめとした夏とは違い、空気がカラッとしており日々の疲れを癒すバカンスには最適の場所です。

image by iStockphoto

イズミールの住所・アクセスや営業時間など

名称 イズミール
住所 İzmir
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%83%9F%E3%83%AB
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

イズミールのスポットページ

静かに歴史散策を楽しめる

静かに歴史散策を楽しめる

image by iStockphoto

トルコの有名な古代遺跡といえば、エフェスやベルガマですが、このような有名な名所には非常に多くの観光客が訪れますので、静かに壮大な歴史的遺産を楽しみたいという方には不向きではないでしょうか。
有名な古代遺跡とは異なり、人ごみを避けてゆったりと歴史散策ができるという点もイズミールの大きな魅力の1つです。

image by iStockphoto







古い歴史を感じられる、アゴラ

古い歴史を感じられる、アゴラ

image by iStockphoto

アゴラとはギリシャ語で「中心的な集会場」を意味します。
4世紀の終わりに作られたスミュラ(かつてのイズミールの呼称)の古代の集会場は、紀元178年に起こった地震により倒壊してしまいましたが、ローマ帝国の帝王マルク・アウレリウス・アントニヌスによって再建されました。
当時は3階建ての市場だったと考えられているこの集会場は、8500年にも渡る古い歴史を感じられる場所として有名です。

image by iStockphoto

Agoraの住所・アクセスや営業時間など

名称 Agora
住所 Guzelyurt Mh 35240 Izmir
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 3リラ
参考サイト http://www.veltra.com/jp/europe/turkey/ctg/177980:%E5%8F%A4%E4%BB%A3%E3%82%A2%E3%82%B4%E3%83%A9/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Agoraのスポットページ

町の中心部、ケメルアルトゥ地区

町の中心部、ケメルアルトゥ地区

image by iStockphoto

ケメルアルトゥ地区のコナック広場からアゴラまでは、17世紀から始まった巨大なバザールが広がっています。
その巨大なバザールの広さは、土地勘のない観光客の方は迷子になってしまうほどですが、迷子になりながらバザール内を散策していれば何か珍しいものを発見することができる、というのもこのバザールを楽しむ1つの方法でしょう。
次のページでは『コルドンで、エーゲ海を背景におしゃれな時間を満喫』を掲載!
次のページを読む >>

関連記事を見る

トルコの記事を見る

華麗な遺跡の数々に魅了される!トルコ旅行で行きたい歴史的観光スポット15選
アドリア海の女王と呼ばれるヴェネツィアが巨万の富を得たレヴァント貿易ってどんなもの?
トルコの世界遺産を全部解説!歴史から絶景の魅力までお伝えします
なぜ「天動説」でなく「地動説」なのか?文系でもわかる天文学の歴史
最も保存状態の良い円形劇場ヒエラポリスをはじめ、トルコ「パムッカレ」で見たい絶景10選
徒歩圏内でアートが楽しめるトルコ「コンヤ」で見たい絶景10選
収容人数1万人と言われる円形劇場アクロポリスをはじめ、トルコ「ベルガマ」で見たい絶景10選
美しい遺跡の数々を擁する絶景の宝庫!トルコ「エフェス」
がっかり世界遺産なんて呼ばせない!トルコ「トロイ遺跡」の魅力
モスクがそのまま博物館になった!イスタンブールの「カーリエ博物館」
イスタンブールの歴史を守ってきた世界遺産「テオドシウスの城壁」
ここがアジアとヨーロッパの境目!トルコの「ボスフォラス海峡」