美しすぎる「スルタンアフメト・モスク」でトルコの壮大な歴史を感じる旅。営業時間は?見どころは?

このモスクの特色は優雅な外観もさることながら、何よりもその内部のタイル装飾の美しさにあります。白地に青を基調とし、緑や赤を交えたその彩りの華やかさは他に類を見ません。ブルー・モスクと呼ばれるスルタンアフメット・ジャミイを紹介します。

トルコを代表するモスク

トルコを代表するモスク

image by iStockphoto / 60328198

イスタンブールで唯一、6つの尖塔(ミナーレ)を持つこのモスクは、オスマン朝第14代スルタン、アフメット1世(在位1603~17)の命によって、ミマール・スィナン(スレイマニエ・モスクやセリミエ・モスクなどを設計したトルコの建築家)の弟子メフメット・アーの設計により建造されました。
ブルー・モスクの建造は、アフメット1世即位6年後の1609年から彼の死の前年1616年まで7年半かけて行われました。

スルタンアフメット・ジャミイの住所・アクセスや営業時間など

名称 スルタンアフメット・ジャミイ
名称(英語) Sultanahmet Camii
住所 At Meydanı No:7, 34122 Fatih/İstanbul
営業時間・開場時間 08:30 – 11:30, 13:00 – 14:30, 15:30 – 16:45, 金曜は14:30−
利用料金や入場料 無料(心付け)
参考サイト http://sultanahmetcamii.org/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

スルタンアフメット・ジャミイのスポットページ

重なり合う丸天井のドーム

重なり合う丸天井のドーム

image by iStockphoto

トルコのジャミイは丸天井のドームと尖塔(ミナーレ)に特徴があります。
このモスクは中心ドームは四方に半ドームを従え、東と西の半ドームは2つ、北と南の半ドームは3つ小半ドームを従えています。
大ドームは大きな8角形の柱、角の小ドームは小さめの円柱で支えられています。

細かな彫刻の施されてるミナーレ

細かな彫刻の施されてるミナーレ

image by iStockphoto / 98752885

6基のミナーレは、聖地メッカにあるマスジド・アルハラーム(聖モスク)のミナーレも6基あり、それを模したといわれていますが、さすがにアフメットも内心忸怩たるものがあったのか、メッカの聖モスクにミナーレを1基献納したので、メッカは現在のように7基になり、いささか謙虚の意をあらわすことができたといわれています。
建物の角のミナーレにはバルコニーが3つ、中庭のミナーレには2つ造られています。

いつまでも眺めていたくなる美しい天井

いつまでも眺めていたくなる美しい天井

image by iStockphoto / 106298817

礼拝場は縦53m、横51mのほぼ正方形です。
ドームのすぐ下には4つのアーチがあり、その下には4本の直径5mの柱があり、ドーム全体を支えています。
その柱は上と下の模様が違っています。
おびただしい窓の数は260あるといわれ、壁はおもに青いタイルで貼りつめられ、点在するステンドグラスの色とよく似合っています。
タイルの数は2万1000枚ほどあり、その1枚は当時の銀貨18枚分であったといわれています。
このタイルはオスマン朝が勢力を持っていた時期のタイルの主産地イズニクのタイルです。








青いタイルと赤いじゅうたんが美しい

青いタイルと赤いじゅうたんが美しい

image by iStockphoto / 20316516

タイルは1枚1枚さまざまな模様が描かれていますが、建物全体として見ると連続した美しい模様になっています。
ユリ、チューリップ、カーネーション、リラなどの花やイトスギなどの樹木がイズニクの青や緑のタイルで描かれています。
床に敷き詰められた絨毯もとてもきれいです。

紺・赤・金色の装飾が美しい

紺・赤・金色の装飾が美しい

image by iStockphoto / 80061675

アフメット1世は14歳で即位して38歳で亡くなり、落成したばかりのブルー・モスクに葬られました。
スルタンアフメット・ジャアミイの北側にある1619年に建てられた建物に棺が納められています。
淡い彩りのステンドグラスで飾られた廟ではアフメット1世を中心に家族(皇后キョラム、その3人の息子、オスマン2世、ムラト4世、バズヤット皇子ら)の墓が並んでいます。

金色の豪華な装飾 説教壇

金色の豪華な装飾 説教壇

image by iStockphoto / 23441009

ミンベルと呼ばれる説教壇には細かい彫刻が施されています。
段の最も高い場所はムハンマド(イスラーム教を創始した預言者マホメット)の場所とされ、説教をする人は階段の中ほどまでしか上りません。
白大理石のミフラープ(メッカの方向を示すもので、アーチによって縁どられ、大理石、タイル・モザイクなどによって装飾が施される)とミンベルに施されている彫刻は17世紀のオスマン朝の代表的なものです。
次のページでは『2本の立派なオベリスク』を掲載!
次のページを読む >>

関連記事を見る

アジアの記事を見る

【タイ】パタヤ観光ならここ!グルメ・ショッピング、地元で人気のレストランも一挙に紹介
ホーチミン観光完璧ガイド!行ってわかったグルメもフォトジェも全部紹介
秀吉に「武士の鑑」と称賛された清水宗治の切腹!毛利家が惜しんだその忠義の人生
自転車で一周して決めた!台湾観光スポットランキングBEST15
戦国時代のハイスペック男子「宇喜多秀家」が八丈島で迎えた最期
世界遺産「カトマンズ」の魅力と歴史。ヒマラヤに抱かれし栄光の都
高層ビルファン必見!ニューヨーク高層建築の歴史を辿る旅
中国最大の国際都市・上海の成り立ちと歴史的スポット6選
【プーケット観光で行きたい!】タイの楽園リゾートで見られる歴史的スポット10選
インド旅行で行きたい、定番&歴史的観光スポット13選
「黄巾の乱」をざっくり把握!三国志のきっかけとなる話です
【三国志】今さら聞けない「赤壁の戦い」をざっくり把握