ここがアジアとヨーロッパの境目!トルコの「ボスフォラス海峡」

ボスフォラス海峡はトルコのアジア側とヨーロッパ側にある海峡です。狭いところでは約660mほどしか海幅がありませんが、アジアとヨーロッパを望みながらクルーズ観光ができること、ご存知でしたか?クルーズはトルコ・イスタンブールのヨーロッパ側の町「エミノニュ」からフェリーが出ており、アジア側の「アナドル・カヴァーウ」が終点に。今回はそんなイスタンブールのヨーロッパ側とアジア側を見ることができるボスフォラス海峡クルーズを紹介します。

言い伝えが残る塔 乙女の塔(クズ・クレシ)

言い伝えが残る塔 乙女の塔(クズ・クレシ)

image by iStockphoto

まずフェリーに乗って始めに見えてくるのが、ボスフォラス海峡入り口のアジア側にある小島に建つ城塞です。
かつては灯台として使われていました。
現在は1、2階がロカンタ(大衆食堂)で、最上階が展望カフェとして利用されています。

「乙女」なんてかわいらしい名前がついていますが、実はこの由来は悲しい伝説によります。
昔、この地方の太守が占い師から愛娘が16歳になる前に毒蛇にかまれて死ぬと告げられ、難を避けようと海上の塔に娘を住まわせました。
そうして月日が経ち、娘が16歳の誕生日を迎える前日、太守は娘に祝いの果物を届けさせます。
しかし、その果物籠には皮肉にも毒蛇が潜んでいたのです…。

クズは乙女を、クレシは塔を意味しています。

乙女の塔(クズ・クレシ)の住所・アクセスや営業時間など

名称乙女の塔(クズ・クレシ)
名称(英語)Kız Kulesi
住所Salacak, Üsküdar Salacak Mevkii, 34668 Üsküdar/İstanbul
営業時間・開場時間平日9:00−19:00, 週末10:00−18:00
利用料金や入場料入場料20リラ
参考サイトhttp://www.kizkulesi.com.tr/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

乙女の塔(クズ・クレシ)のスポットページ

スルタンの別荘 ドルマバフチェ宮殿

スルタンの別荘 ドルマバフチェ宮殿

image by iStockphoto

次にスルタンの別荘「ドルマバフチェ宮殿」が見えてきます。
現在の建物はヨーロッパ・バロック様式でスルタンのアブドゥル・メジト1世によって19世紀頃建てられ、スルタンの何人かはトプカプ宮殿からここに移り住みました。

ボスフォラス海峡沿いに両翼を張ったシンメトリーの建物で、端から端まで600mと広大!中央の大ホールの南側が公的な領域セラムルック、北側が私的な女性の領域ハレムになっています。
壁には名画が飾られ、各部屋の調度品も豪華なんです。

ドルマバフチェ宮殿の住所・アクセスや営業時間など

名称ドルマバフチェ宮殿
名称(英語)Dolmabahce Palace
住所Dolmabahçe Cd., 34357 Beşiktaş/İstanbul
営業時間・開場時間9:00−16:00, 月・木曜休館
利用料金や入場料30トルコリラ,ハレム20トルコリラ(ガイドツアーによる見学のみ)
参考サイトhttp://www.millisaraylar.gov.tr/portalmain-en/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ドルマバフチェ宮殿のスポットページ

オルタキョイ・ジャミイと第一ボスフォラス大橋

オルタキョイ・ジャミイと第一ボスフォラス大橋

image by iStockphoto

まだまだ見ておきたいスポットが登場しますよ。
「オルタキョイ・ジャミイ」は1855年に、アブドゥル・メジト1世によって建てられました。
オスマン帝国時代のモスク建築の性質を守りながらも、装飾はバロック様式の影響が見られる美しいモスクです。

また同じく視界に入ってくる橋は「第一ボスフォラス大橋」です。
第一ボスフォラス大橋は、1973年10月29日に開通しました。
橋脚の間隔が非常に広く、2本の巨大な橋脚は1kmも離れています。
いつか真ん中でぽっきり折れてしまいそうですが…まだまだ大丈夫?そうですね。

オルタキョイ・ジャミイの住所・アクセスや営業時間など

名称オルタキョイ・ジャミイ
名称(英語)Ortaköy Camii
住所Büyük Mecidiye Cami Mecidiye 34347 Beşiktaş/İstanbul
営業時間・開場時間9:00−18:00(礼拝時間を除く)
利用料金や入場料無料(寄付)
参考サイトhttp://www.ibb.gov.tr/sites/ks/en-US/1-Places-To-Go/mosques/Pages/ortakoy-mosque.aspx
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

オルタキョイ・ジャミイのスポットページ

1452年につくられた要塞 ルーメリ・ヒサール

1452年につくられた要塞 ルーメリ・ヒサール

image by iStockphoto

海峡の最も狭い部分の入り口の両岸には、ルーメリ・ヒサールとアナドル・ヒサールがあります(海峡のヨーロッパ側はルーメリ、アジア側をアナドルといいます)。
ルーメリ・ヒサールは博物館として公開されており、夏に開かれるイスタンブール国際芸術文化祭では、数夜にわたってここで芝居が上映委されます。


ルーメリ・ヒサールの住所・アクセスや営業時間など

名称ルーメリ・ヒサール
名称(英語)Rumeli Hisari
住所Rumeli Hisarı, Yahya Kemal Cad., 34470 Sarıyer/İstanbul,
営業時間・開場時間9:00−17:00(冬期), 10:00−19:00(夏期) 水曜休
利用料金や入場料10トルコリラ
参考サイトhttp://www.muze.gov.tr/tr/muzeler/hisarlar-muzesi-rumeli-hisari
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ルーメリ・ヒサールのスポットページ

ファティフ・スルタン・メフメット大橋(第二ボスフォラス大橋)

ファティフ・スルタン・メフメット大橋(第二ボスフォラス大橋)

image by iStockphoto

ひとしきり観光スポットを見た後、ヨーロッパ側の次の停泊場所はアルナヴットキョイ(アルバニア人の村)です。
この港はボスフォラス海峡の中で最も色鮮やかな港のひとつで、ベベッキ湾は湾の丘の斜面を緑の森が覆っています。

桟橋に着く前に旧エジプト大使館の前を通り、その横には小さなモスク。
次にボスフォラス大学の門の前を通ります。
第二ボスフォラス大橋は2つの要塞に架かり、第一ボスフォラス大橋よりも10m長く、1988年に完成しました。

ファティフ・スルタン・メフメット大橋の住所・アクセスや営業時間など

名称ファティフ・スルタン・メフメット大橋
名称(英語)Fatih Sultan Mehmet Köprüsü
住所Anadolu Hisarı Mh., Beykoz/İstanbul
営業時間・開場時間24時間
利用料金や入場料通行料4.75トルコリラ
参考サイトhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%95%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%A1%E3%83%95%E3%83%A1%E3%83%88%E6%A9%8B
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ファティフ・スルタン・メフメット大橋のスポットページ

チューリップが咲き乱れる エミルガン

チューリップが咲き乱れる エミルガン

image by iStockphoto

次に停泊する村はエミルガンで、この村は水質が良く紅茶がおいしいところが特徴です。
村の北側にはチューリップで有名な庭園があり、春にはぜひ訪れたいところ。
また、近くにはアブドゥル・ハミト1世ジャミイがあります。
港は絶えず活気にあふれ、漁師たちはとった魚を岸の市場に運んできます。

エミルガン公園の住所・アクセスや営業時間など

名称エミルガン公園
名称(英語)Emirgan Korusu
住所Emirgan Korusu, Sarıyer / İSTANBUL
営業時間・開場時間24時間
利用料金や入場料無料
参考サイトhttp://www.beltur.istanbul/sari-kosk.asp
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

エミルガン公園のスポットページ

聖堂が多い イェニキョイ

聖堂が多い イェニキョイ

image by iStockphoto

エミルガンの次はイスティニエに着きます。
イェニキョイには、ギリシア正教会が3つ、アルメニア教会が1つ、カトリック教会が1つあります。
村の北にある石造りの建物は、昔のオーストリア・ハンガリー帝国大使の別荘です。
今はオーストリア領事館が使っています。
さらに行くとカレンデル村があり、少し進んだところにはドイツ大使館の別荘があります。

関連記事を見る

トルコの記事を見る

華麗な遺跡の数々に魅了される!トルコ旅行で行きたい歴史的観光スポット15選
アドリア海の女王と呼ばれるヴェネツィアが巨万の富を得たレヴァント貿易ってどんなもの?
トルコの世界遺産を全部解説!歴史から絶景の魅力までお伝えします
なぜ「天動説」でなく「地動説」なのか?文系でもわかる天文学の歴史
最も保存状態の良い円形劇場ヒエラポリスをはじめ、トルコ「パムッカレ」で見たい絶景10選
徒歩圏内でアートが楽しめるトルコ「コンヤ」で見たい絶景10選
収容人数1万人と言われる円形劇場アクロポリスをはじめ、トルコ「ベルガマ」で見たい絶景10選
美しい遺跡の数々を擁する絶景の宝庫!トルコ「エフェス」
がっかり世界遺産なんて呼ばせない!トルコ「トロイ遺跡」の魅力
モスクがそのまま博物館になった!イスタンブールの「カーリエ博物館」
イスタンブールの歴史を守ってきた世界遺産「テオドシウスの城壁」
「ブルサ」そこはかつてのオスマン帝国の首都として、トルコで愛される都市