米国在住者が語る、日本と全然違うアメリカの野菜・果物8選

米国在住者が語るアメリカ。今回は、「野菜・果物」について。アメリカのスーパーでカルチャーショックだったのが日本の野菜とアメリカの野菜の違いでした。意外な事実をぜひご覧ください。
形は日本のニンジンと比べて、結構細くて長いです。
ピーターラビットとかで出てくるような感じがします。
味は日本のものに比べて甘みが高いです。
ニンジンを絞った100%ジュースもあります。
個人的には好きですが、好みは分かれるかもしれません。

#2 アメリカのピーマンはほとんどパプリカに近い

アメリカのピーマンはほとんどパプリカに近い
ピーマンって英語だと思っていたのですが、こちらではベルペッパー(bell pepper)と呼ばれています。
日本のピーマンと比べてかなり大きくて、パプリカぐらいのサイズ。
味もパプリカのように、ピーマンよりも苦みがなくて、逆に少し甘みすら感じます。






アメリカのきゅうり。
日本のものに比べて少し長くて太いです。
味は日本のものに劣ります。
皮が日本のものよりも厚く、あまり積極的に食べようと思いません。
味噌を付けて生でかじるのも、日本のきゅうりならではですね。

基本的には日本と同じくサラダなどに使うことが多いです。
切り込みを入れることでシャキシャキ感を入れることで少しましになります。

アメリカのナスは巨大です。
日本のなすと比べるとおそらく3倍ぐらい大きさが違うんじゃないでしょうか。
日本のものと比べて皮が厚めです。
英語ではなすを「Eggplant」といいますから、卵に似ている独特の形から由来があるでしょう。
水分も少なめかもしれません。
焼料理、煮込み料理に使えばいいのかもしれませんが、私は正直あまり使いません。
次のページでは『実はだいこんも普通にアメリカのスーパーで買えます。』を掲載!
次のページを読む >>