単なるダイエットでは無かった…アメリカで需要が高まっているグルテンフリーとは?

アメリカでとても関心が高い「グルテンフリー」。スーパーマーケットでは「グルテンフリー」食品のセクションが大きく設置されていて、大手のレストランでは「グルテンフリー」のメニューが必ずと言ってよいほど用意されています。今回は、「グルテンフリー」とは何か、そして、「グルテンフリーフード」の需要がなぜこれほど高まっているのか、についてご紹介します。

グルテンとは?

グルテンとは?
グルテンは、小麦、大麦、ライムギなどに含まれるたんぱく質の一種で、特有の粘弾性を持つ物質です。
特に小麦からグルテンを分離させた「小麦グルテン」は、米粉のパンを柔らかく膨らませたり、パスタやうどんなどの麺類にコシを加えるために使用されていて、私たちが知らずに摂取していることも多い物質です。

グルテンとセリアック病

グルテンとセリアック病

image by iStockphoto

セリアック病(celiac disease)は、グルテンが原因で小腸に炎症が起きる病気で、特に白人女性に多くみられ、アメリカの患者は200万人以上と言われています。

患者がグルテンを少しでも摂取すると、腹痛、下痢、便秘、倦怠感などの症状が出て、進行すると、小腸から栄養を吸収できなくなり、栄養失調に陥ります。

 

セリアック病と診断された患者は、食事からグルテンを完全に除去する必要があります。
小麦、ライムギ、大麦などが含まれているパンやビールはもちろんのこと、醤油や、まな板やトースターに落ちたパン屑など、ごく少量のグルテンにでも反応するので、細心の注意が必要です。

増加する患者数に加えて、セリアック病の治療法はグルテン除去の食事療法しかないので、今後もグルテンフリー食品の需要が高まっていくと予想されています。

多種にわたるグルテンフリーの食品

多種にわたるグルテンフリーの食品
セリアック病患者の多さを反映して、アメリカのグルテンフリー食品は、2000品目以上。
どのスーパーマーケットでもグルテンフリーの食材がズラリと並んでいます。






パン、パスタ、ピザ、朝食のシリアル、トルティア、ポテトチップス、コーンチップス、タコスのシェル、醤油、マヨネーズ、ドーナッツ、クッキーやブラウニーのミックスまで、グルテンフリーの食材も加工食品も多種にわたって販売されています。
そのおかげで、セリアック病患者たちは、通常に近い食生活が送れるようになってきました。

レストランでもグルテンフリーは必須メニュー

レストランでもグルテンフリーは必須メニュー
レストランでも、グルテンフリーのメニューを用意しているところが多く、先日も、セリアック患者とイタリアンレストランへ行くと、グルテンフリーのピザとパスタがありました。
スマートフォンでは、グルテンフリー対応レストランの検索ができるアプリがあり、ニューヨークのマンハッタンへ出かけた友人は、グルテンフリー対応のレストランの数もメニューの品目も多く、毎食、素晴らしい食事ができたと大喜びでした。
次のページでは『グルテンフリーダイエットの効果は?』を掲載!
次のページを読む >>