海外のお菓子って独特!アメリカで人気の「ガミーキャンディ」5選

日本で人気のグミキャンディは、アメリカでは「ガミーキャンディ」と呼ばれています。そして日本人でも一度は見たことがあるくらい有名な、アメリカで一番人気「ガミーベア(Gummy Bear)」は、90年以上前に発売された「ガミーキャンディの元祖」です。今回は、アメリカ人が愛するガミーキャンディの定番5選をご紹介します。海外のお菓子ってパッケージ含めて独特ですが、その地域の文化を知る機会になりますね。

ガミーベア (Gummy Bear)

ガミーベア (Gummy Bear)
ガミーベアは、ドイツのハリボー社(HARIBO)が1922年に発売した世界で初めてのガミーキャンディで、子供たちの噛む力を強くするために考案されたキャンディです。
「歯ごたえ」を重視して作られたガミーキャンディ「ガミーベアー」は、ゼラチンを多く使用し、硬さを出しています。

見た目も可愛らしく、しかも噛む力をつけられるハリボー社のガミーベアは、発売から90年以上経った今もアメリカで一番の人気を誇っています。
そのまま食べるのはもちろん、アイスクリームなどスイーツのトッピングにも愛用され、最近では、日本のコンビニエンスストアでも見かけるようになりました。

ガミーベアの住所・アクセスや営業時間など

名称 ガミーベア
住所 U.S.A
営業時間・開場時間 店舗によって異なる
利用料金や入場料 小売価格3Lbで7.96 ドル
参考サイト https://www.haribo.com/enUS/home.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ガミーベアのスポットページ

ガミーワームと動物シリーズ (Gummy Worm)

ガミーワームと動物シリーズ (Gummy Worm)

image by iStockphoto

ガミーベアの発売から約60年後に登場したのが「ガミーワーム」。
ドイツのキャンディメーカーのトローリー社(Trolli)が1981年に、なんと「ミミズ」の形をしたガミーキャンディを発売したのです。

「ミミズ」という意外な形に加えて、かわいらしい色と酸っぱいサワーパウダー味の斬新さが大ヒットし、ハリボー社のガミーベアに次ぐ人気商品となりました。
後には、甘いガミーワームも発売され、ミミズだけでなく、カエルやウサギやヘビなどの動物シリーズも登場しました。







Gummy WormGummy Wormの住所・アクセスや営業時間など

名称 Gummy WormGummy Worm
住所 U.S.A
営業時間・開場時間 店舗によって異なる
利用料金や入場料 小売価格30.4 oz で4.99ドル
参考サイト https://www.walmart.com/ip/Trolli-Sour-Brite-Crawlers-Gummi-Worms-Candy-30.4-oz/23704224
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Gummy WormGummy Wormのスポットページ

コーラガミーボトル (Cola Gummy Bottle)

コーラガミーボトル (Cola Gummy Bottle)
フルーツ味のガミーベアの後にハリボー社が発売したのがコーラ味のコーラガミーボトル。
コーラ味のガミーキャンディも新しい試みで、人気を集めました。

1980年に日本で初めて発売されたグミがこれに似た「コーラアップ」で、その8年後の1988年に「果汁グミ」が発売され、グミキャンディがブレイクしました。
ガミーキャンディと日本のグミキャンディの違いは「硬さ」で、日本のものはゼラチンが少なくソフトな食感です。

HARIBOの住所・アクセスや営業時間など

名称 HARIBO
住所 Friesdorfer Str. 121, 53175, Bonn, Nordrhein-Westfalen
営業時間・開場時間 月-金 09:30-18:00 土 09:30-16:00
利用料金や入場料 商品による
参考サイト https://www.haribo.com/enUS/home.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

HARIBOのスポットページ

ガミーリング (Gummy Ring)

ガミーリング (Gummy Ring)
リング型のガミーキャンディは、シュガーパウダーやサワーパウダーでコーティングされていて、最も人気のあるのがピーチ味のガミーリングです。
他には、グリーンアップル、メロン、ブルーラズベリー、ストロベリーなどのフレーバーがあり、多くはチョコレートでコーティングされています。
次のページでは『リコリッシュ (Liquorice)』を掲載!
次のページを読む >>
Emi O.

Writer:

カリフォルニア州在住9年。家族は日本人の夫と3人の娘たちと犬二匹。 海外で異文化に親しみ多くの人々と深く知り合えたことは、日常の生活を楽しく豊かにしてくれただけでなく、日本の良い所を認識し自分自身の生き方や考え方を見つめ直す機会を与えてくれました。~人々が何に興味を持ち、何を考え、どのように暮らしているのか~ をテーマに、耳寄りな情報をお届けします。

この記事のカテゴリ

アメリカ
北米
文化

関連記事を見る

アメリカの記事を見る

ニューヨーク土産ならこれ!NY常連が薦める決定版お土産51選
知っているようで知らない、「自由の女神像」の歴史
砂漠の中の街「ラスベガス」が世界一の歓楽都市になった理由
スケール桁違い!アメリカの歴史建造物について調べてみました
サンフランシスコの観光で行きたい!「歴史的」観光スポット11選
地上最大級の火山の上にある『イエローストーン国立公園』の歴史を探ってみよう
今なお続く悲劇と惨劇――〈アメリカ先住民政策〉の歴史
アフリカ系アメリカ人選手が活躍した野球リーグ「ニグロリーグ」の歴史とは?
黒人メジャーリーガーの歴史を変えた男「ジャッキー・ロビンソン」とはどのような人物?
野球の世界最高峰・MLBが歩んできた歴史とは? 大きな出来事から現在まで
白熱のバトルが展開される「自動車レース」が歩んできた歴史とは?
【パナマの歴史】運河に翻弄されながら繁栄を遂げた熱き国の物語