レトロな路面電車に、音楽的遺産集う…アメリカ ニューオリンズ観光の見どころ・スポットまとめ

次の大型連休や旅行の機会がある方、行き先は決まっていますか?行き先が決まっている方も、そうでは無い方も。美しい景観とともにお届けする各スポットの「見どころ」をお楽しみください。アメリカ ニューオリンズの観光スポットを、絶景写真と共に10つお届けします。

白壁の美しい「セント・ルイス大聖堂」は、ニューオーリンズのシンボル

白壁の美しい「セント・ルイス大聖堂」は、ニューオーリンズのシンボル

image by iStockphoto / 65720747

「セント・ルイス大聖堂」 (Saint Louis Cathedral)は、アメリカのニューオーリンズにあるカトリック司教座聖堂です。
フレンチクオーターの象徴とされ、3本の尖塔と純白の壁が美しいスペイン建築の教会。
アメリカに現存するカトリック教会では最古の建物で、ミシシッピ川とジャクソン広場に接しています。
内装は白を基調として気品に溢れ、聖書が描かれた精巧で美しいフレスコ画やステンドグラスがセント・ルイス大聖堂をいっそう神聖なものにしています。

セント・ルイス大聖堂の住所・アクセスや営業時間など

名称 セント・ルイス大聖堂
名称(英語) Saint Louis Cathedral
住所 615 Pere Antoine Alley, New Orleans, LA 70116
営業時間・開場時間 7:30 – 16:00
利用料金や入場料 寄付1ドル
参考サイト http://www.stlouiscathedral.org/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

セント・ルイス大聖堂のスポットページ

ニューオーリンズで最も歴史ある地区「フレンチ・クオーター」

ニューオーリンズで最も歴史ある地区「フレンチ・クオーター」

image by iStockphoto / 96305539

ニューオーリンズで最も歴史がある地区として有名なのが「フレンチ・クオーター」(The French Quarter)です。
フランス語でヴュー・カレ(古き街)としても知られ、一般的には「The Auarter」と呼ばれています。
フレンチ・クオーターの多くの建物は、フランス・スペイン植民地時代のもの。
19世紀後期から20世紀初期の建物も現存しますが、1920年代からそれらの建築を保護する法律が制定されました。
また1965年にフレンチ・クオーターは、アメリカ国定歴史建造物に指定されています。
フレンチ・クオーターには、セント・ルイス大聖堂前にあるジャクソン・スクエアや、多くのバーが立ち並ぶバーボン・ストリート(Bourbon Street)、ニューオーリンズの伝統的ジャズの保存を目的にしたコンサートホールのプリザベーション・ホールなど、数多くの見所があり観光客のメッカとして賑わっています。

フレンチ・クオーターの住所・アクセスや営業時間など

名称 フレンチ・クオーター
名称(英語) The French Quarter
住所 The French Quarter, New Orleans, LA
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://www.neworleansonline.com/neworleans/fq/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

フレンチ・クオーターのスポットページ

フレンチクォーターは、歩けばジャズが聞こえる街!

フレンチクォーターは、歩けばジャズが聞こえる街!

image by iStockphoto / 83529263

ジャズの発祥の地としても知られるニューオーリンズ。
ルイ・アームストロングなど有名なミュージシャンが活躍した「音楽の都」です。
中でもフレンチクォーターは、街を歩けばジャズが聞こえてくるというジャズの街。
路上で演奏するジャズミュージシャンがあちこちで見られ、バーやレストラン、カフェなどでバンド演奏があるのも日常の事!いつでもジャズを楽しむことができる街なんです。
フレンチクオーターには、有名なジャズのコンサートホール「プリザベーション・ホール」 (Preservation Hall)があります。
ニューオーリンズ発祥のジャズを保存し伝えていくことを目的にした建物で、毎晩ベテランのジャズバンドが入れ替わりで公演を行っています。

プリザベーション・ホールの住所・アクセスや営業時間など

名称 プリザベーション・ホール
名称(英語) Preservation Hall
住所 726 St Peter St, New Orleans, LA 70116
営業時間・開場時間 20:00 – 23:00
利用料金や入場料 15ドル(日-木), 20ドル(金土)
参考サイト http://preservationhall.com/hall/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

プリザベーション・ホールのスポットページ

文化の中心フレンチクオーターの歴史ある通り「バーボンストリート」

文化の中心フレンチクオーターの歴史ある通り「バーボンストリート」

image by iStockphoto / 95234807

フレンチ・クオーターはニューオーリンズの文化の中心地。
中でもフレンチ・クオーターを横切る「バーボンストリート」は、観光名所が集中する歴史ある通りです。
バーボンストリートの名称は、ニューオーリンズ市の設立当時、フランスを統治していたブルボン家に由来しています。
バーボンストリートには、多くのバーやレストラン・ストリップ小屋・ゲイバー・土産物店が建ち並び、長い歴史を持つ独特の世界観を有しています。
日中はおおむね静かなバーボンストリートも、夜になると大勢の人たちで活気づきます。
特にニューオーリンズ・マルディグラ(カーニバル)の期間中は、バーボンストリートはハリケーン・カクテルやビッグ・アス・ビアなどを飲みながら歩く観光客で溢れかえっています。








バーボンストリートの住所・アクセスや営業時間など

名称 バーボンストリート
名称(英語) Bourbon Street
住所 Bourbon St, New Orleans, LA
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 施設による
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%9C%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%88
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

バーボンストリートのスポットページ

大型蒸気船「ナッチェス号」でミシシッピー川クルーズ!

大型蒸気船「ナッチェス号」でミシシッピー川クルーズ!

image by iStockphoto / 95530851

ニューオーリンズを満喫するには、大型蒸気船「ナッチェス号」でのミシシッピー川クルーズもはずせません。
ニューオーリンズは、世界三大河川のひとつ、ミシシッピー川の河口付近で発展してきた街。
アメリカではニューヨークに次いで二番目に大きな貿易港です。
雄大なミシシッピー川を「ナッチェス号」に乗り、ゆったりした気分でニューオーリンズの街並みを眺めるのもいいですね。
船内にはニューオーリンズらしくジャズの生演奏が流れ、アルコールやソフトドリンクを揃えたバーや、ナッチェス・ニューオーリンズのお土産が買えるギフトショップなど、設備もホスピタリティも充実しています。
蒸気船ならではの、大きなエンジンから白い煙が立ち上る光景も見ものですよ。

ナッチェス号の住所・アクセスや営業時間など

名称 ナッチェス号
名称(英語) Steamboat Natchez
住所 600 Decatur St, New Orleans, LA 70130
営業時間・開場時間 11:00, 14:00, 18:00
利用料金や入場料 31ドル-
参考サイト http://www.steamboatnatchez.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ナッチェス号のスポットページ

アーティスト、ミュージシャンで賑わう「ジャクソンスクエア 」

アーティスト、ミュージシャンで賑わう「ジャクソンスクエア 」

image by iStockphoto / 43107994

ニューオーリンズ フレンチ クオーターにあるジャクソンスクエア (Jackson Square)は、セントルイス大聖堂など周辺に建ち並ぶ建物とともに、歴史のある広場です。
地元のミュージシャンやアーティストに愛され、いつも多くの人で賑わっています。
ニューオーリンズの戦いで活躍した「アンドリュー・ジャクソン」を記念した広場で、公園の中央にはジャクソン将軍の騎馬像が建っています。
現在はアーティストやミュージシャンたちが集まる場所になっており、常時、大勢の画家たちが絵を描いていたり、ストリートミュージシャン・大道芸人がライブパフォーマンスを行っていたりと、活気のあるフレンチクオーターの中にあって最も賑やかな場所です。

ジャクソンスクエアの住所・アクセスや営業時間など

名称 ジャクソンスクエア
名称(英語) Jackson Square
住所 700 Decatur St, New Orleans, LA 70116
営業時間・開場時間 8:00 – 19:00, 冬期8:00 – 18:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.experienceneworleans.com/jackson-square.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ジャクソンスクエアのスポットページ

ニューオーリンズ名物の路面電車がレトロで可愛い!

ニューオーリンズ名物の路面電車がレトロで可愛い!

image by iStockphoto / 44140886

フランス植民地時代の街並みを残すニューオーリンズは、ジャズ発祥の地でありアートの街でもあります。
様々な顔を持つ魅力に溢れたこの街には、アンティークな香り漂う可愛い路面電車(Streetcar)が走っています。
ニューオーリンズ観光の足には、このストリートカーが便利。
主な路線には、キャナル・リバーフロント・セントチャールズ(Canal/Riverfront/St.Charles)があります。
コインだけでなく1ドル札も使えますがお釣りはでません。
滞在期間にもよりますが、観光には乗り放題パス(1日3ドル、3日間9ドル、31日間55ドル)が便利かもしれませんね。
次のページでは『ジャクソンスクエアの騎馬像「アンドリュー・ジャクソン」とは。』を掲載!
次のページを読む >>

関連記事を見る

アメリカの記事を見る

ニューヨーク土産ならこれ!NY常連が薦める決定版お土産51選
知っているようで知らない、「自由の女神像」の歴史
砂漠の中の街「ラスベガス」が世界一の歓楽都市になった理由
スケール桁違い!アメリカの歴史建造物について調べてみました
サンフランシスコの観光で行きたい!「歴史的」観光スポット11選
地上最大級の火山の上にある『イエローストーン国立公園』の歴史を探ってみよう
今なお続く悲劇と惨劇――〈アメリカ先住民政策〉の歴史
アフリカ系アメリカ人選手が活躍した野球リーグ「ニグロリーグ」の歴史とは?
黒人メジャーリーガーの歴史を変えた男「ジャッキー・ロビンソン」とはどのような人物?
野球の世界最高峰・MLBが歩んできた歴史とは? 大きな出来事から現在まで
白熱のバトルが展開される「自動車レース」が歩んできた歴史とは?
【パナマの歴史】運河に翻弄されながら繁栄を遂げた熱き国の物語