カナダ旅行なら「シーエヌ・タワー」は外せない!行き方、料金や営業時間は?「シーエヌ・タワー」の観光情報まとめ

カナダ第一の都市、トロント。そのトロントのシンボル的タワーが シーエヌ・タワーです。高さは533.33メートルで2007年までは世界一の高さを誇りました。今でももちろんトロントの人気観光地の一つです。ここを訪れたら是非登って、トロントの街の雰囲気に触れてみましょう。今回はここトロントのシーエヌ・タワーでできる体験をご紹介します。

トロンへは直行便もあるのでとても行きやすい街

トロンへは直行便もあるのでとても行きやすい街

image by iStockphoto / 32332254

トロントは人口約250万人の大都市。
カナダは積極的に移民を受け入れている国で、様々な人種のコミュニーティーがあり、とても活気のある都市です。
トロントへは、日本から毎日直行便が出ているので、移動もとても便利です。
約12時間のフライト後は、もうトロント市内でこの光景がご覧になれます。
ここはトロントのダウンタウンで、後ろに見えるのが、シティーホール、手前に見えるのが、ネイサンフィリップススクエアー。
ここでは年を通して様々なイベントが開かれています。
冬はスケートリンクになり、地元の人はここでスケートを楽しみます。
外でスケートなんて日本ではあまり馴染みないですが、開放的な外でのスケート、寒さも忘れるほど楽しいですよ。
冬に訪れる方は是非トライしてみてください。

トロントの住所・アクセスや営業時間など

名称 トロント
名称(英語) Toronto
住所 Toronto, Canada
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%83%88
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

トロントのスポットページ

ますはストリートカーに乗って市内を観光

ますはストリートカーに乗って市内を観光

image by iStockphoto / 1465269

これがトロントでおなじみの路面電車、ストリートカーです。
市内を縦横無尽に走っています。
トロントには地下鉄、バスもあり路線によっては24時間運行しています。
路線も充実しているのでここへ来たら是非乗ってみましょう。
あなたを様々なところに連れて行ってくれますよ。

どこから見てもシーエヌ・タワーが見える街、トロント

どこから見てもシーエヌ・タワーが見える街、トロント

image by iStockphoto / 70459487

トロント市内の写真には必ず入っているシーエヌ・タワー。
そびえ立っている高層ビルの中からでもひときわ目を引く建物です。
まさに街のシンボルです。

グッダーハム・ビルの向こうに見えるシーエヌ・タワー

グッダーハム・ビルの向こうに見えるシーエヌ・タワー

image by iStockphoto / 73091715

トロントには、歴史的なビルとともに、意外とアートな現代的なビルもたくさんあります。
このビルは、歴史的なビルの一つ、グッダーハム・ビルで、1892年に建設されました。
市内でも有名なビルで、写真を撮っている人もたくさん見かけます。
形がとてもユニークで目を引く建物です。
そしてその後ろにはモダンなビル群。
コントラストが面白いですね。
こんな興味深い建物を発見しつつ、ぶらぶら散策できるところもトロントの魅力です。







早速シーエヌ・タワーへ

早速シーエヌ・タワーへ

image by iStockphoto / 52080540

シーエヌ・タワーへは、ダウンタウンから歩いてもいけますが、地下鉄で行くのがオススメです。
ユニオン駅で下車して歩いてすぐです。
隣には開閉式ドーム球場、ロジャースセンターがあり、ここはメジャーリーグ、トロントブルージェイズの本拠地。
野球も楽しめます。

入場料はトップのスカイポッドまでは47カナダドル。
オンラインで購入すると若干お安くなって45カナダドルです。

CNタワーの住所・アクセスや営業時間など

名称 CNタワー
名称(英語) CN Tower
住所 301 Front St W, Toronto, Ontario M5V 2T6, Canada
営業時間・開場時間 9:00-22:30
利用料金や入場料 一般入場+スカイポッド/大人(13歳-) 47カナダドル、 シニア(65+) 42カナダドル、 子供(4歳-12歳) 37カナダドル
参考サイト http://www.cntower.ca/intro.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

CNタワーのスポットページ

タワー内から望める景色はこんな感じ

タワー内から望める景色はこんな感じ

image by iStockphoto / 493756

そしてここは展望地点、ルックアウトです。
一部ガラスのフロアになっている部分があり、そこではジャンプしたり、寝転がって写真を撮る人などがいます。
ガラスは分厚いのでもちろん安全ですが、高所恐怖症の方には怯えてしまうぐらいの高さです。
ちょっと怖いけどスリルを味わいたい方は歩いてみるといいですね。

世界一高いワインセラーのあるレストラン、360 Restaurantでお食事も

そしてトップにはレストランも。
名前の通り、このレストランは、360度、一周72分で回転するのです。
入って最初は、動く景色に居心地ちの悪さを感じるかもしれませんが、すぐになれます。
パノラマビューの素晴らしい景色を見ながら、評判のお料理を楽しむなんて最高ですね。
観光で訪れる人はもちろんのこと、記念日をお祝いする地元の人もたくさんいます。
次のページでは『こんなツアーもあります』を掲載!
次のページを読む >>