NY旅行なら「自由の女神」は外せない!行き方、料金や営業時間は?「自由の女神」の観光情報まとめ

たとえアメリカに行ったことがなくても、「自由の女神」は誰でもご存知ですよね。ニューヨークにあるアメリカを代表する自由の象徴です。リバティー島に、堂々とした佇まいで立っているこの像を、実際に見たら思わず感動してしまうでしょう。多くの観光客を魅了するこの建物の魅力をここでご紹介いたします。きっと訪れたくなりますよ。

たくさんの人を魅了しつづ得る街、ニューヨーク

たくさんの人を魅了しつづ得る街、ニューヨーク

image by iStockphoto / 90394243

ニューヨークは、経済、文化、ファッション、トレンドの発信地です。
ご存知ここマンハッタンには5000を超える高層ビル群があり、その景観は圧倒的です。
毎年絶えることなくたくさんの観光客が世界中から訪れています。
音楽や、ミュージカル、食文化、ファッションとそれぞれ違う目的でここを訪れていると思いますが、すべての人を強烈なエネルギーで惹きつける街、それがニューヨークなのです。

日本からは約12時間のフライト、毎日直航便も出ているので便利ですね。
行きたいと思い立ったらすぐにでも飛び立てます。

まずはバッテリーパークへ

まずはバッテリーパークへ

image by iStockphoto / 97350817

自由の女神を見に行くにはフェリーに乗って行きますが、ここバッテリーパークがフェリー乗り場になっています。
ここからも「自由の女神」を遠くに見ることができます。
ここでチケットを購入しますが、いろいろ種類があります。
例えば、女神像を外からだけ見る場合は、18ドル、女神像の台座部分まで入れるツアーも18ドル、クラウン部分まで入れるツアーは21ドルとなっています。
(どれも大人料金です。)毎日、入場制限があるので、あらかじめ予約をしておいたほうがいです。
予約はウエブサイトでできます。
時に人気のクラウン部分までのツアーは3ヶ月前にはいっぱいになってしまうようです。
8:00から15:30までの営業です。

バッテリーパークの住所・アクセスや営業時間など

名称 バッテリーパーク
名称(英語) Battery Park
住所 Battery Park City Parks Conservancy2 South End AvenueNew York
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.thebattery.org/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

バッテリーパークのスポットページ

フェリーに乗っていよいよ出発

フェリーに乗っていよいよ出発

image by iStockphoto / 89220823

このフェリーに乗ってリバティーアイランドまで向かいます。
是非、フェリーのデッキに出てマンハッタンの街並みを眺めながら乗ってみましょう。
ニューヨークに来ているのを実感します。
そして少しずつ視線に近づいてくる「自由の女神」を見ているとまたいっそう感動が増してきます。

リバティーアイランドに到着です

リバティーアイランドに到着です

image by iStockphoto / 30540078

遠くから見ていたものを実際目の前にすると感慨深いものがあります。
有名人を間近で見ているような気分です。
「自由の女神」はフランスから寄贈されたもので、アメリカの独立100周年を祝っての記念の像です。
自由国家を目指す、アメリカとフランスのまさに象徴である像がこの「自由の女神」なのです。








リバティ島の住所・アクセスや営業時間など

名称 リバティ島
名称(英語) Liberty Island
住所 Liberty Is, New York
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.libertyellisfoundation.org/visiting-liberty-island
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

リバティ島のスポットページ

自由の女神像が象徴しているもの

自由の女神像が象徴しているもの

image by iStockphoto / 24648845

自由の女神像の冠には7つ突起がありますが、この7には意味があり、世界の7つの海と世界の7つの大陸にもフリーダム、自由が広がるようにとの願いが込められているのです。
そして右手に握り掲げている松明は希望を表し、左手には独立の意味を表す独立宣言書を抱えています。
希望と自信に溢れた美しい佇まいです。

自由の女神像の住所・アクセスや営業時間など

名称 自由の女神像
名称(英語) Statue of Liberty
住所 Liberty Island New York, NY
営業時間・開場時間 8:30-18:15
利用料金や入場料 要事前予約18ドル~
参考サイト https://www.nps.gov/stli/index.htm
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

自由の女神像のスポットページ

らせん階段を上っていくと

らせん階段を上っていくと

image by iStockphoto / 93031751

ラッキーなことに、クラウン部分までのチケットが手に入ったら、この狭いらせん階段を登って頂上にたどり着きます。
てっぺんには、ちょうど女神像のクラウン部分から、マンハッタンを望むことができます。
そんなに広い空間ではないのですが、だからこそ特別感を味わえます。

エリス島は移民の人々の玄関口

エリス島は移民の人々の玄関口

image by iStockphoto / 29056596

フェリーはエリス島にもいきます。
ここエリス島はリバティー島の隣にあり、移民の人の玄関口でした。
すべての移民はここをまず訪れて、入国審査を受け、晴れてアメリカに入国できることができたのです。
次のページでは『入国審査が行われた場所』を掲載!
次のページを読む >>

Writer:

宮城県仙台市在住。生まれ育った仙台、宮城のおすすめ観光スポット、グルメなど、見たら行って見たくなるような、進化し続ける仙台の魅力をご紹介いたします。そして、ニューヨークはアメリカの文化、ファッション、アート、ライフスタイルなどに興味がある私にとって昔から憧れの街。トロント在住中や今でも何度も訪れ、刺激を受けています。そんなニューヨークの奥深く素敵なスポットもたくさん紹介いたします。

この記事のカテゴリ

アメリカ
北米

関連記事を見る

アメリカの記事を見る

ニューヨーク土産ならこれ!NY常連が薦める決定版お土産51選
知っているようで知らない、「自由の女神像」の歴史
砂漠の中の街「ラスベガス」が世界一の歓楽都市になった理由
スケール桁違い!アメリカの歴史建造物について調べてみました
サンフランシスコの観光で行きたい!「歴史的」観光スポット11選
地上最大級の火山の上にある『イエローストーン国立公園』の歴史を探ってみよう
今なお続く悲劇と惨劇――〈アメリカ先住民政策〉の歴史
アフリカ系アメリカ人選手が活躍した野球リーグ「ニグロリーグ」の歴史とは?
黒人メジャーリーガーの歴史を変えた男「ジャッキー・ロビンソン」とはどのような人物?
野球の世界最高峰・MLBが歩んできた歴史とは? 大きな出来事から現在まで
白熱のバトルが展開される「自動車レース」が歩んできた歴史とは?
【パナマの歴史】運河に翻弄されながら繁栄を遂げた熱き国の物語