カナダ旅行なら「ブッチャート・ガーデン」は外せない!美しい庭園や行き方など観光情報まとめ

ブリティシュコロンビア州にある都市、ビクトリア。カナダの中でも比較的温暖で冬でもあまり雪が降りません。この都市の魅力はその温暖な気候を生かし、たくさんの美しい花々が町の所々に見られることで、ガーデンシティというニックネームがあるほどです。そしてここビクトリアを訪れる人は必ずと言っていいほど立ち寄る場所、それが今回ご紹介する「ブッチャート・ガーデン」です。美しい花々を見て心安らぐひと時を過ごしてみませんか?

バンクーバーから出発

バンクーバーから出発

image by iStockphoto / 31730720

世界で最も住みやすい街の一つに選ばれているバンクーバーからビクトリアに向かいましょう。
この景色を見た通りのとても美しい街です。
大都市でありながら、冬にはスキー、夏にはセイリングとアウトドアアクティビティーも満喫できます。
日本からは直行便で8時間ほど。
カナダの中でも観光客がとても多い街です。
この美しさに魅了される人はたくさんいるでしょう。

ビクトリアへはフェリーで向かいます

ビクトリアへはフェリーで向かいます

image by iStockphoto / 56809560

ビクトリアへ向かうには、フェリーに乗船します。
バンクーバー市内からフェリーのターミナルまでは50分、そこからビクトリアまでは1時間45分ほどかかります。
料金はターミナル行きのバスとフェリーとセットで大人40~50ドルです。
バスはそのままフェリーに乗って向かうので、フェリーはかなりの大きさです。
フェリーに乗り込んだら、デッキに出て景色を眺めたり、またコーヒーショップで軽食を食べたりもできます。
ちょっとしたお土産やさんまであるので、2時間弱のフェリーの旅も退屈しません。
あまり揺れずにゆっくり進むので船酔いも心配ないですよ。

ビクトリアの街のメインはインナーハーバー

ビクトリアの街のメインはインナーハーバー

image by iStockphoto / 101337601

ビクトリアについてフェリーを降りるとこんな光景が目に入ってきます。
ここがビクトリアのインナーハーバーです。
港沿いに長く遊歩道が続いていて、ここをのんびりと歩くととても清々しい気分になります。
周りも花でいっぱいになる、春、夏は特に美しいです。
花を見れば誰でも穏やかな気分になりますよね。
ビクトリアはまさにそんな気持ちにさせてくれる街なのです。

素敵な街灯に吊るされた花

素敵な街灯に吊るされた花

image by iStockphoto / 66962395

こんな感じで街灯にも色とりどりにアレンジされた花が吊るされています。
まさに「ガーデンシティ」の名にぴったり。

歴史を感じるブリティッシュコロンビア州議事堂の建物

歴史を感じるブリティッシュコロンビア州議事堂の建物

image by iStockphoto / 78638895

花に囲まれたこの建物は州議事堂で、1898年に完成しました。
とても美しいデザインはこの街にぴったりフィットします。
館内は無料で見学することもでき、中の美しい装飾や、ビクトリアの歴史を見ることができます。
見学ツアーもあるので参加してみるといいですね。

ブリティッシュコロンビア州議事堂の住所・アクセスや営業時間など

名称ブリティッシュコロンビア州議事堂
名称(英語)The Parliament Buildings
住所Parliament Buildings Victoria, BC
営業時間・開場時間9:00-17:00
利用料金や入場料無料
参考サイトhttps://www.leg.bc.ca/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ブリティッシュコロンビア州議事堂のスポットページ

花で飾られたサインがお出迎え

花で飾られたサインがお出迎え

image by iStockphoto / 98919199

いよいよブッチャート・ガーデンです。
入り口から綺麗に飾られています。
ここへは、フェリー乗り場から、またはダウンタウンからも専用バスが出ています。
フェリーを降りたら直行しても、ちょっとダウンタウンで散策してから行っても大丈夫です。
入園料は季節によって変わります。
春は29.90ドル、夏は32ドル。
秋は26.85ドルですが、月によっても若干変更があります。
そして夏の期間は9:00~22:00、そのほかのシーズンは9:00~16:00までの開演です。

ブッチャート・ガーデンの住所・アクセスや営業時間など

名称ブッチャート・ガーデン
名称(英語)The Butchart Gardens
住所800 Benvenuto Ave. Brentwood Bay
営業時間・開場時間9:00-16:00(季節によって閉演時間変動あり)
利用料金や入場料17.75ドルから(季節によって変動あり)
参考サイトhttp://www.butchartgardens.com/jp
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ブッチャート・ガーデンのスポットページ

緑と花のとても美しいコントラスト

緑と花のとても美しいコントラスト

image by iStockphoto / 26287705

ここがガーデンのメインになっているエリアです。
ブッチャートガーデンは22万平方メートルもの広さがあり、5つのメインエリアに分かれています。
(ローズガーデン、サンケンガーデン、イタリアンガーデン、地中海ガーデン、そして日本庭園もあります。)それぞれの庭園には芝生や歩道を歩きながら散策することができます。
どこも丁寧に管理が行き届いていて、その美しさと洗練された様に感動します。
50人以上の庭師によって常に管理されています。

demi

Writer:

宮城県仙台市在住。生まれ育った仙台、宮城のおすすめ観光スポット、グルメなど、見たら行って見たくなるような、進化し続ける仙台の魅力をご紹介いたします。そして、ニューヨークはアメリカの文化、ファッション、アート、ライフスタイルなどに興味がある私にとって昔から憧れの街。トロント在住中や今でも何度も訪れ、刺激を受けています。そんなニューヨークの奥深く素敵なスポットもたくさん紹介いたします。

この記事のカテゴリ

カナダ
北米

関連記事を見る

カナダの記事を見る

【カナダの世界遺産】美しい街並みに世界最大級の恐竜化石層など…カナダ」の世界遺産はこれ
プリンス・エドワード島の歴史はやっぱり穏やか。「波間に浮かぶゆりかご」と呼ばれる、カナダ自治領発祥の地
カナダ留学の種類とビザの申請の仕方について
カナダ留学お勧め都市と、ビザの種類と申請について
カナダ留学するならここ!お勧め都市と過ごし方
カナダ留学が決まったら、これだけは持っていきたい持ち物リスト
これを見たら絶対に行きたくなる、カナダ、トロントの完全ガイド
【語学留学】カナダ留学のおすすめ都市はここ!
元住民が伝授!カナダ・トロントのおすすめグルメ40選
カナダ観光で絶対行きたい「カナディアン ロッキー」で見れる絶景スポット10選
トロントに移住したくなったら…?費用や資金、ビザなど徹底ガイド
元住民が伝授!いつか行きたいカナダ・トロント観光完全ガイド