カナダの美しい街並みを堪能!トロント観光で見たい絶景10選

カナダはとにかく広大な国です。その中にたくさんの趣の違う都市があり、訪れる人々に感動を与えています。首都はオタワ、そしてカナダ最大の都市はトロント。ここには200万に以上の人々が住み、移民の国らしく、一つの街の中で様々な国の文化に触れることができます。それだけに見所もたくさん。今回は、トロントへ行ったらぜひ見ていただきたい場所を、絶景とともにご紹介いたします。

その1 トロント市内の絶景

その1 トロント市内の絶景

image by iStockphoto / 67722955

とにかく美しい、トロントの町並みです。
手前にはハーバーフロント、少し奥にはCNタワー、そしてダウンタウンには高層ビルが立ち並ぶ中にも、個性的な建物や文化を感じる建物。
日本からは直行便で12時間ほどです。
冬は雪も多く寒いですが、日本のように四季もあり、夏には緑に囲まれた木々、秋には紅葉と四季折々の光景を楽しむことができます。
カナダ最大の都市トロントは見所満載の素晴らしい都市です。

トロント市内の住所・アクセスや営業時間など

名称 トロント市内
住所 100 Queen St W, Toronto, ON M5H 2N2 Canada
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www1.toronto.ca/wps/portal/contentonly?vgnextoid=83574d3dab5f1410VgnVCM10000071d60f89RCRD
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

トロント市内のスポットページ

その2 壮大なナイアガラの滝の絶景

その2 壮大なナイアガラの滝の絶景

image by iStockphoto / 42371924

トロントから約2時間でこちらナイアガラの滝につきます。
2時間で、こんな自然いっぱいの美しい場所に行けるので、トロントに来たらぜひ訪れてみましょう。
とにかく驚くほど大きく、大迫力の水の流れに圧巻です。
近くまで行くとその水しぶきを感じます。
もっとリアルに滝の近くまで行きたい方は遊覧船に乗るツアーもあるのでこちらもオススメです。
大人$19.95で、船が滝の近くまで連れて行ってくれます。
ポンチョを着るので濡れても大丈夫ですが、スコールを浴びたように濡れます。
このカナダ側の滝は、その形からホーシュー(馬の蹄鉄)滝とも言われています。
カーブした形状がとても美しいですね。
アメリカ側はもっとまっすぐな形状で、カナダ人はみんなカナダ滝の方が美しいと口を揃えて言います。
是非見くらべてみてください。

ナイアガラの滝の住所・アクセスや営業時間など

名称 ナイアガラの滝
住所 Niagara Falls, NY 14303 USA
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://jp-keepexploring.canada.travel/things-to-do/exp/niagara-parks-commission#/?galleryItemId=200010021
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ナイアガラの滝のスポットページ

その3 CNタワーから市内の絶景を見下ろす

その3 CNタワーから市内の絶景を見下ろす

image by iStockphoto / 75043877

553メートルの高さの、トロントのランドマークであるCNタワー。
毎年たくさんの人が訪れています。
展望台からは素晴らしいトロント市内の眺めを堪能できます。
ガラスになっているフロアもあり、もちろん安全ですが、高いところが苦手な方は足がすくんでしまうかもしれません。
展望台部分には360度回転し、料理、ワインの貯蔵も有名なレストランがあります。
観光客はもちろんのこと、記念日などをお祝いするカップルなど、美しい景色を眺めながら、美味しい料理に舌鼓を打っています。

CNタワーの住所・アクセスや営業時間など

名称 CNタワー
住所 301 Front St W, Toronto, ON M5V 2T6 Canada
営業時間・開場時間 9:00 AM TO 10:30 PM
利用料金や入場料 入場料 Adult (13 – 64) 35.00ドル Senior (65+) 30.00ドル Child (4 – 12) 25.00ドル
参考サイト http://www.cntower.ca/en-ca/home.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

CNタワーのスポットページ

その4 ユニオンステーションはトロントの鉄道の玄関口

その4 ユニオンステーションはトロントの鉄道の玄関口

image by iStockphoto / 75872667

トロントの鉄道の玄関口となっているのがユニオンステーションです。
石造りの重厚な美しい建物で、中はとても高い天井が広がり、たくさんの人が常に行き来している中心の駅です。
駅として利用することはもちろんですが、この美しく凝った作りにも是非注目してみてください。







ユニオンステーションの住所・アクセスや営業時間など

名称 ユニオンステーション
名称(英語) Union Station
住所 65 Front St W, Toronto, ON M5J 1E6 Canada
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.viarail.ca/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ユニオンステーションのスポットページ

その5 トロントアイランドからの眺め

その5 トロントアイランドからの眺め

image by iStockphoto / 74193541

トロントのハーバーから約10分で着く、オンタリオ湖に浮かぶ小島がトロントアイランドです。
フェリーに乗ってあっという間に到着してしまいます。
近いので、観光客はもちろんのこと、トロント市民も気軽にここへ出かけて行きます。
フェリー代は、7.25ドルです。
ここではのんびりくつろいだり、ピクニックしたり、自転車もレンタルできるので、サイクリングも楽しめます。
そして、トロントの紹介写真やポストカードとしてよく見かける写真は、この島からのアングルです。
誰でも最高の一枚が取れるほどの絶景です。

トロントアイランドの住所・アクセスや営業時間など

名称 トロントアイランド
名称(英語) Tronto Islands
住所 Tront Ontario Canada
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://jp-keepexploring.canada.travel/things-to-do/exp/torontos-centre-island#/?galleryItemId=200009531
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

トロントアイランドのスポットページ

その6 イートンセンターでショッピング

その6 イートンセンターでショッピング

image by iStockphoto / 105464455

お土産やお買い物に、ここイートンセンターは最適なショッピングモールです。
明るく開放的なデザインの建物で、とにかく広いので、ウインドーショッピングだけでも飽きません。
繁華街のど真ん中にあり、いつも大勢の人で賑わっています。
たくさんの専門店のほか、コーヒーショップやー地下にはフードコートもあるので、買い物に疲れたらひと休みできます。

トロント・イートン・センターの住所・アクセスや営業時間など

名称 トロント・イートン・センター
住所 220 Yonge St, Toronto, ON M5B 2H1 Canada
営業時間・開場時間 10:00-21:30
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://www.cfshops.com/toronto-eaton-centre.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

トロント・イートン・センターのスポットページ

その7 ロジャースセンターは可動式屋根のドーム

その7 ロジャースセンターは可動式屋根のドーム

image by iStockphoto / 92212953

MLB、トロントブルージェイズの本拠地のスタジアムで、ここは世界で初の可動式屋根を持つドームです。
晴れた日は、オープンになったドームでボールゲームを楽しめます。
青い空の下で見るスポーツは活気があって気分も爽快です。
カナダはアイスホッケーも人気のスポーツですが、夏場は野球を楽しむ市民がたくさんいます。
次のページでは『その8 スタイリッシュなケンジントンマーケット』を掲載!
次のページを読む >>