アメリカ旅行なら「エンパイア・ステート・ビル」は外せない!行き方、料金や営業時間は?「エンパイア・ステート・ビル」の観光情報まとめ

ニューヨークの摩天楼は誰もが感動する素晴らしい眺め。高層ビルがびっしりと並んだマンハッタンの圧巻の眺めは多くの人を感動させてくれますね。そのビル群の一つエンパイア・ステート・ビルは、ニューヨークのシンボル的建築物であり、ニューヨークのイメージそのままのビルではないでしょうか。今回はこのエンパイア・ステート・ビルの建物について、展望台からみれる美しい景色を周辺の見所スポットとともにご案内いたします。

どの角度から見ても美しいビル、エンパイアステートビル

どの角度から見ても美しいビル、エンパイアステートビル

image by iStockphoto / 24431009

マンハッタンを歩いてこのビルを見つけると、ニューヨークに来た感覚を覚えます。
形もユニークなので、まさにランドマーク的存在の美しいビル!数々の映画にも登場しているのでおなじみですね。

観光地のイメージが強いですが、元々はオフィスビルです。
現在でも76階まではオフィスビルとして使われています。
ニューヨークの歴史とともにあるビルですが、このビルは何と1929年に工事が始まって1931には竣工しています。

1986年にはアメリカ国定歴史建造物に認定されて、ますますニューヨーク、アメリカのシンボルのビルとして認知も定着していきました。
102階建で、エレベーターの数は73機、6500個の窓で構成されています。

86階には展望台があり毎年1奥人以上が訪れています。
この展望台では360度摩天楼を見回すことができます。
この堂々とした佇まいのビルから眺める景色は圧巻。
ニューヨークに来たら外せない場所であることは間違いないです。

エンパイアステートビルの住所・アクセスや営業時間など

名称 エンパイアステートビル
名称(英語) the Empire State Building
住所 350 5th Ave, New York, NY 10118 アメリカ合衆国
営業時間・開場時間 8:00-2:00
利用料金や入場料 34ドル
参考サイト http://www.esbnyc.com/ja
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

エンパイアステートビルのスポットページ

早速展望台へ行って見ましょう

早速展望台へ行って見ましょう

image by iStockphoto / 74256463

ここはは地下鉄34丁目駅を出て、5番街に進んで行くとすぐにあります。
入口に入るとロビーはこんな感じになっていて、季節によってちょっと装飾もあったりします。
入ってまずここで記念写真をとる人も多いです。
展望台は86階と、102階2つありますが、メインになっているのは86階です。

102階は意外と狭い展望台になります。
86階だけの展望台の利用で大人32ドル、102階も利用できるチケットは大人52ドルです。
朝8:00から24:00までの営業なので見たい時間帯を選べます。
時期によってはかなり混むので、ある程度待つことは予測したほうがいいですね。

お気に入りのマンハッタンの眺めを見つけてみましょう

お気に入りのマンハッタンの眺めを見つけてみましょう

image by iStockphoto / 69383193

展望台へ向かうにはまず、エスカレーターで2階まで移動したら、次はエレベーターに乗って80階、さらにまたエレベーターで86階という具合です。
ちょっと並んで待つことになりますがワクワクする瞬間!

そして86階の展望台からはこのような美しい眺めが広がります。
長くて広いマンハッタンの景色が360度楽しめます。
圧巻の眺めです。
写真をとる人もいっぱいなので、お気に入りの場所を見つけてとってみましょう。
混雑時期には入場制限がかかる時もあるので、行ってみて様子を見てみましょう。

どんな間帯でも美しいながめを堪能できます

どんな間帯でも美しいながめを堪能できます

image by iStockphoto / 70330575

昼も活気のある街並みの眺めを楽しめますが、夕暮れから夜にかけてもとても美いです。
目の前に見えるクライスラービルディングも一層輝きを増して見えます。
日が沈んでいくとともに、次第にあかりの量が多くなっていく様を、じっと見ているだけで時間を忘れてしまうでしょう。

そして、夜景は何と言っても人気です。
美しい眺めを写真に収めようとたくさんの人が展望台に登ってくるのでベストショットを狙うのも難しくなってくるほどですが、まずは肉眼でこの宝石のように輝くあかりを楽しんでください。
週末よりも平日の夜の方が、オフィスビルの明かりがあるのでより一層映えると思います。

そして夜は特に周りの高いビルとの距離感もあまり感じなくなり、ものすごく近くに見えているような感じがします。
冬の夜はかなり冷えるので、暖かい服装をおすすめします。








夜はライトアップされ華やかさを増します

夜はライトアップされ華やかさを増します

image by iStockphoto / 18713468

エンパイアステートビルディングに登ったら見えませんが、外からはライトアップされたエンパイアステートビルディングをみることができます。
このライトアップの色ですが、イベントや記念日によって様々な色に染まります。
例えばフランスの祝日の記念日にはフランスの国旗の色に、クリスマスシーズンはクリスマス色に。
東日本大震災の後は、追悼の意味を込めて日本の国旗の色をライトアップしてくれました。

特に何もない時には白です。
何か出来事をそのビルのライトアップを通して語りかけてくれているようですね。
見る機会があったら、今日は何の記念日かな?と考えてみるのもいいかも。
このライトアップは毎日行われていて、毎晩夜2時まで観ることができます。

こんなライトアップも

1976年にライトアップが始まって以来、技術の進歩でこんな特別なライトアップも見られるようになりました。
これは絶滅危惧種の動物の保護を訴えるために、動物たちの映像がビルに映し出されてこんなに美しいライトアップになり、かなり注目を集めたものです。
現在はLEDライトを使用し、またこのような工夫を凝らした色と映像で私たちの目を楽しませてくれます。
メッセイージをこのような形で伝えるのも素敵なアイデアだと思います。

日が昇ってニューヨークの街が目覚めていきます

早起きして展望台に登ったらこんな景色も見ることができます。
少しずつ登ってくる太陽に照らされたビル群の美しさ、目覚めていく感じが伝わってきます。
一生忘れられない心に焼き付けられる光景になるでしょう。
旅の間だったらちょっと早起きしてここからいちにちをはじめてみるのはいかがでしょうか?とっても得した気分になりますね。

朝、昼、夕暮れ、夜景。
どの眺めがお気に入りですか?

次のページでは『ここで結婚式を挙げるカップルもいます』を掲載!
次のページを読む >>

Writer:

宮城県仙台市在住。生まれ育った仙台、宮城のおすすめ観光スポット、グルメなど、見たら行って見たくなるような、進化し続ける仙台の魅力をご紹介いたします。そして、ニューヨークはアメリカの文化、ファッション、アート、ライフスタイルなどに興味がある私にとって昔から憧れの街。トロント在住中や今でも何度も訪れ、刺激を受けています。そんなニューヨークの奥深く素敵なスポットもたくさん紹介いたします。

この記事のカテゴリ

アメリカ
北米

関連記事を見る

アメリカの記事を見る

ニューヨーク土産ならこれ!NY常連が薦める決定版お土産51選
知っているようで知らない、「自由の女神像」の歴史
砂漠の中の街「ラスベガス」が世界一の歓楽都市になった理由
スケール桁違い!アメリカの歴史建造物について調べてみました
サンフランシスコの観光で行きたい!「歴史的」観光スポット11選
地上最大級の火山の上にある『イエローストーン国立公園』の歴史を探ってみよう
今なお続く悲劇と惨劇――〈アメリカ先住民政策〉の歴史
アフリカ系アメリカ人選手が活躍した野球リーグ「ニグロリーグ」の歴史とは?
黒人メジャーリーガーの歴史を変えた男「ジャッキー・ロビンソン」とはどのような人物?
野球の世界最高峰・MLBが歩んできた歴史とは? 大きな出来事から現在まで
白熱のバトルが展開される「自動車レース」が歩んできた歴史とは?
【パナマの歴史】運河に翻弄されながら繁栄を遂げた熱き国の物語