いつか行ってみたいヴァージン諸島「セントトーマス島」で見たい絶景10選

セントトーマス島はカリブ海ヴァージン諸島の中央部にある島で、1666年~1917年の長い間デンマークの植民地でした。現在はアメリカ領で首都のシャーロット・アマリーには免税店が林立しています。日常の喧騒から離れて心をリラックスするのはもちろん、別の生活リズムで心身をリフレッシュして新たなエネルギーを充填するにはもってこいのリゾート地です。セントトーマスの絶景10選を紹介します。

多数のクルーズヨットなどが停泊しているクルーズ湾の夕景

多数のクルーズヨットなどが停泊しているクルーズ湾の夕景

image by iStockphoto

セントトーマス島のクルーズ湾には多数のクルーズヨットが停められています。
上陸してリゾートホテルに宿泊しながら日中はヨットで外洋へ出てフィッシングを楽しんだり島巡りをしたり、スキューバポイントへ出かけたりと楽しみ方は様々ですね。
綺麗な水と暖かな気候に恵まれたこの地はまるで別世界です。

クルーズ湾の住所・アクセスや営業時間など

名称クルーズ湾
名称(英語)Great Cruz Bay
住所Cruz Bay, St. John, U.S. Virgin Islands
営業時間・開場時間24時間
利用料金や入場料無料
参考サイトhttp://www.vinow.com/stj/stj-b/great-cruz-bay/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

クルーズ湾のスポットページ

デンマーク統治時代のフォート・クリスチャン砦

デンマーク統治時代のフォート・クリスチャン砦

image by iStockphoto

セントトーマス島内で最古の建築物です。
1672年~1680年のデンマーク統治時代の外敵への備えとして作られた砦ですね。
海岸からの砲撃にも耐えうるように壁の厚みが90~180㎝もあるのがすごいですよ。
修復しながら美しい姿を今も留めていますが、現在、内部は博物館として利用していて午後4時まで見学が可能です。
スペイン系にはないデザインが美しいですね。

フォート・クリスチャンの住所・アクセスや営業時間など

名称フォート・クリスチャン
名称(英語)Fort Christian
住所Forte Strade, Charlotte Amalie, St Thomas 00801
営業時間・開場時間入場不可
利用料金や入場料入場不可
参考サイトhttp://www.vinow.com/blog/st-thomas/fort-christian-st-thomas/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

フォート・クリスチャンのスポットページ

スカイライド・トゥ・パラダイス・ポイントからの眺望

スカイライド・トゥ・パラダイス・ポイントからの眺望

image by iStockphoto

シャーロットアマリ―の街はずれからロープウェイでクラウン山を一気に登るとカリブ海の青々とした海とクルーズ湾や緑の島々が眼下に見え、先ほどまで歩いていた街並みもはるか下で全貌を露にしています。
クルーズ客船が停泊しているのも美しい景観の一部となって、セントトーマス島がまさに観光の島であることが実感できますね。
ここから見るサンセットも他に比べようもないほど美しいので、一見に如かずです。

スカイライド・トゥ・パラダイス・ポイントの住所・アクセスや営業時間など

名称スカイライド・トゥ・パラダイス・ポイント
名称(英語)SkyRide to Paradise Point
住所9617 Estate Thomas, Charlotte Amalie, St Thomas 00802
営業時間・開場時間9:00−16:30
利用料金や入場料大人21ドル 子供10.50ドル
参考サイトhttp://www.ridetheview.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

スカイライド・トゥ・パラダイス・ポイントのスポットページ

セントトーマス島にあるルーテル教会の聖堂

セントトーマス島にあるルーテル教会の聖堂

image by iStockphoto

キリスト教でもプロテスタントの教会堂です。
ルター派ともいわれるこの宗派は、ヨーロッパでもバッハやメンデルスゾーンなどの音楽家が所属していたため、関係する音楽やステンドグラスなどがあちこちで見ることができます。
宗派にかかわらず、西洋文化に触れるとともに聖堂の椅子に腰かけてオルガンの音や讃美歌を聴くだけでもおごそかな気分になることができますよ。
バイブルがしっかりと目の前にあり、誰が訪れても受け入れられるのがいいですね。


フレデリック・ルーテル教会の住所・アクセスや営業時間など

名称フレデリック・ルーテル教会
名称(英語)Frederick Lutheran Church
住所7 Norre Gade 00802, Charlotte Amalie
営業時間・開場時間9:00−16:00 日曜休
利用料金や入場料無料
参考サイトhttps://www.facebook.com/pages/Frederick-Lutheran-Church/152516644763899
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

フレデリック・ルーテル教会のスポットページ

クルーズ船名様での日光浴メイジェンズ湾

クルーズ船名様での日光浴メイジェンズ湾

image by iStockphoto

メーゲンズ・ベイ・ビーチという海岸で有料の海水浴場となっています。
クルーズ船の到着があると観光客がどっと押し寄せ、静かな白い砂浜がたくさんの水着姿で覆われるのですよ。
ビーチチェアや浮き輪等のレンタルもあり、トイレ、更衣室やシャワーが完備されているので困りません。
屋台やファーストフードのストアもあるのでゆっくりできます。
遠浅の海岸はむしろ高台から見下ろした方がその美しさが堪能できますね。

メーゲンズ・ベイ・ビーチの住所・アクセスや営業時間など

名称メーゲンズ・ベイ・ビーチ
名称(英語)Magens Bay Beach
住所Magen\’s Bay Rd, St Thomas 00802
営業時間・開場時間8:00−17:00
利用料金や入場料大人5ドル 12歳未満無料
参考サイトhttp://www.magensbayauthority.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

メーゲンズ・ベイ・ビーチのスポットページ

水上飛行機が飛び上がろうとしている光景

水上飛行機が飛び上がろうとしている光景

image by iStockphoto

セントトーマス島で一番高い所から自然の景観を楽しむのは、この方法が一番です。
ジップラインと呼ぶ水上飛行機による島内外への遊覧飛行ですよ。
クルーズ湾やシャーロットアマリーの上空はもちろんのこと、セントジョン島や近辺の熱帯雨林の上空を駆け巡ります。
所要2時間の飛行はカリブ海を我庭のごとく目にすることができるので充実感たっぷりと満喫できますね。

大洋から昇る朝日を浴びるマルサシュロック湾

大洋から昇る朝日を浴びるマルサシュロック湾

image by iStockphoto

マルサシュロック湾の日の出の情景です。
セントトーマス島には多数の観光客のためのリゾート施設や史跡などが多数用意されていますが、大自然の一日の始まりの光景ほど美しいものは他に見るものがありません。
クルーズ船やヨットが停泊している港湾とは打って変わり大自然が創りあげた断崖と海のさざ波、吹く風が奏でるオーケストラを感じてみませんか。

関連記事を見る

アメリカの記事を見る

地上最大級の火山の上にある『イエローストーン国立公園』の歴史を探ってみよう
今なお続く悲劇と惨劇――〈アメリカ先住民政策〉の歴史
アフリカ系アメリカ人選手が活躍した野球リーグ「ニグロリーグ」の歴史とは?
黒人メジャーリーガーの歴史を変えた男「ジャッキー・ロビンソン」とはどのような人物?
野球の世界最高峰・MLBが歩んできた歴史とは? 大きな出来事から現在まで
白熱のバトルが展開される「自動車レース」が歩んできた歴史とは?
【パナマの歴史】運河に翻弄されながら繁栄を遂げた熱き国の物語
ニューヨーク留学短期で、語学学習とニューヨクの街をもっと知る体験
アメリカ語学留学のお勧め都とアメリカンのライフスタイル
社会人のアメリカ留学。お勧め都市とお勧め英語上達法
【治安、犯罪、持ち物…】ニューヨーク旅行の前に知っておきたい注意事項ガイド
ニューヨークで体験しておくべきこと30選