【カナダの世界遺産】美しい街並みに世界最大級の恐竜化石層など…カナダ」の世界遺産はこれ

1972年のユネスコ(国際連合教育科学文化機関)総会で採択された「世界遺産条約」に基づき登録された「世界遺産」。これまでに登録された世界遺産は165ヶ国で1052件となっており、どの遺産も長い歴史で育まれてきた自然、文化を現代に伝える重要な遺産となっています。今回はその世界遺産の中から北米・カナダにある世界遺産を見てみましょう。






豊かな自然を残す「自然遺産」

数億年前の姿を現代に残す「グロスモーン国立公園」

数億年前の姿を現代に残す「グロスモーン国立公園」

image by iStockphoto / 28982968

ニューファーランド等西部にある国立公園。
北米大陸プレート、ユーラシア・アフリカ大陸のプレートが激突した際に流れた上部マントル(地殻と核との間にある層)が海底から隆起して形成されたテーブル状の台地「テーブルランド」、ピンク色の珪岩がむき出しとなった園内最高峰の山「グロスモーン山」など、地殻変動した数億年前の姿を現代に残すところに特徴がある世界遺産。

ギザギザの形をした「フィヨルド(氷河による浸食によって形成された複雑な地形の入り江)」が残る「ウエスタン・ブルック・ポンド」は1万5千年前の氷河浸食によって形成されたものとされ、地質構造学における「プレート・テクトニクス(地震、火山噴火などのメカニズムを、地球表面の「プレート」水平運動で説明する考え)」を証明する世界でも珍しい例。
大地が見せる荒々しさがそのまま見られるのですね。

多様な魚類が発見された「ミグアシャ国立公園」

カナダ・ケベック州にある国立公園である「ミグアシャ国立公園」はセントローレンス川に突き出た「ガスペ半島」にある国立公園。
南側・シャレール湾に面した場所にあります。

約4億1600万年前から約3億5920万年前の「デボン期」と呼ばれる時代は亜熱帯気候に属していた地域であり、この時代には多様な魚類が生息。
そのことから周辺では「ボスリオレピス・カナデンシス」や「エウステノプテロン・フォールデイ」といった魚類が発見されており、これらの化石層は園内の自然史博物館で見学可能。

公園のある半島内には島の先端にあるケベック州初の国立公園「フォリヨン国立公園」、宿泊施設などが並ぶリゾート地「ペルセ」があり、「ペルセ」には3億7500年前に形成されたと伝わる「ペルセ岩」が名物になっています。

「バッファロー」狩りに使われた狩り場が残る

「バッファロー」狩りに使われた狩り場が残る

image by iStockphoto

アルバータ州ポーキュパイン・ヒルにある「ヘッド-スマッシュト-イン・バッファロー・ジャンプ」は6000年以上前から使用されたバッファロー狩り用の狩り場。
この付近はかつて先住民・ブラック・フット族が住んでおり、彼らはここにある幅約300m、高さ約18mの断崖を利用してバッファローを追い込み、追い落とし猟を行っていたとされています。

その後猟は19世紀まで続き、現在の崖の周囲からははバッファローを追い込むときに使用したとされる火を焚いた跡、バッファローの骨の中から矢尻などが発掘。
彼らが行っていた狩猟方法は北米地域で広く行われていたものとされていますが、地形の特徴をうまく利用した彼らは非常に「頭が切れる」人々であったのですね。







落差90mの巨大な滝を持つ「ナハニ国立公園」

落差90mの巨大な滝を持つ「ナハニ国立公園」

image by iStockphoto

カナダの秘境とされるノースウエスト準州にある「ナハニ国立公園」は標高2,972mの「マッキンジー山」を含む国立公園で、国立公園の中心部は「サウスナハニ川」の流域。
公園名の「ナハニ」は先住民・デネ族(en)の言葉で「精神」を意味する言葉。

公園にある「ヴァージニア・フォールズ」は90mの落差を誇る巨大な滝であり、この落差は「ナイアガラの滝」の約2倍となる数字。
滝の中心にある「メイソンズ・ロック」はカナダの有名なカヌー選手、著述家、映画監督でもあるビル・メイソンの名を取って名づけられた岩で、滝自体は1972年に国立公園と認められた際のカナダ元首相ピエール・トルドーにちなんだ名称への改名が議論されています。
有名人と深く関係のあるスポットでもあるのですね。

公演は1978年に世界遺産登録されたのち2003年には23,000平方キロメートル、2007年8月には国立公園の拡大と5,400平方キロメートル保護が決定し、国立公園では国内3位の大きさに。

世界最大級の恐竜化石層を持つ「州立恐竜公園」

世界最大級の恐竜化石層を持つ「州立恐竜公園」

image by iStockphoto

カナダ・アルバータ州カルガリーから車で2時間の場所にある「州立恐竜公園」は、1955年に州50周年記念事業の一環として、化石の出土する地層を保護する目的で設定された州立公園。

公園内は「世界最大級の恐竜化石層」があることで知られ、ここから発見された恐竜の種類はティラノサウルス、トリケラトプスなど39種類。
そのほかここから発見された500以上の標本が世界中の博物館に移送されており、世界の博物館にとって「注目すべき存在」とも言えますね。
現在は「ミッドランド州立公園」内にある「ロイヤル・ティレル古生物学博物館」の現地調査拠点にもなっており、かつては植物が生い茂る土地でしたが、荒涼とした地であることから「バッドランド」と呼ばれてきました。

最古の爬虫類の化石が発見された「ジョギンズ」

「ジョギンズ」はカナダ・ノバスコシア州カンバーランドにある農村で、かつては石炭の採掘地・炭鉱町として栄えた街。
海岸沿いに露出した石炭紀の岩石は約3億年前に形成されたものとされており、距離にして15 km 。
地質学者チャールズ・ライエルとジョン・ウィリアム・ドーソンが1851年に発見した四肢動物の化石は生物史上で最も初期のものと認識される「ヒロノムス」と呼ばれる生物のもので、2002年に「ヒュロノムス・リュエリ」の名が付けられることに。

ここで発見された化石記録については、イギリスの自然科学者チャールズ・ダーウィンの『種の起源』でも触れられており、「世界で最も保存状態の良い」天然の化石の森を見られることで有名に。
19世紀になると多数の有名な地質学者がここを訪れるように。
有名人を多く引き付ける遺跡ですね。

次のページでは『シンリンバイソンの生息地「ウッド・バッファロー」』を掲載!
次のページを読む >>
Junya Higashi

Writer:

これまで旅行に行った土地は鹿児島・霧島や韓国・ソウルなど。世界の土地や風習のことなど、自分の知らない世界を調べて見るのが好きです。旅行経験やライター活動で得た知識が、これから旅行を楽しむ人の役に立てば大変嬉しく思います。どうぞよろしくお願いいたします!

この記事のカテゴリ

カナダ
北米
文化
歴史

関連記事を見る

カナダの記事を見る

プリンス・エドワード島の歴史はやっぱり穏やか。「波間に浮かぶゆりかご」と呼ばれる、カナダ自治領発祥の地
カナダ留学するならここ!お勧め都市と過ごし方
カナダ留学が決まったら、これだけは持っていきたい持ち物リスト
これを見たら絶対に行きたくなる、カナダ、トロントの完全ガイド
元住民が伝授!カナダ・トロントのおすすめグルメ40選
カナダ観光で絶対行きたい「カナディアン ロッキー」で見れる絶景スポット10選
トロントに移住したくなったら…?費用や資金、ビザなど徹底ガイド
モントリオールの「オリンピック公園」は外せない!行き方、料金や営業時間は?
広大な大地が織りなす北米大陸の絶景・秘境ランキングTOP12
カナダ旅行なら「ロジャース・センター」は外せない!行き方、や見どころは?
トロントの「ハイパーク」で見れる紅葉に桜にうっとり。カナダ観光ならここは外せない!
カナダ旅行なら世界一のストリート「ヤング通り」は必見!おすすめカフェや見どころまとめ