異文化が融合された街、カナダ・トロントにいきたい10の理由

近代的なアートやファッション、刺激的なアクティビティが発展する街・トロントは、自然豊かな都市としても人気の都市です。また、ヨーロッパやアジアから多くの移民が移り住んだ歴史のあるトロントでは、様々な異文化が融合された新しい文化が生まれ続けています。今回は、博物館や自然公園、マーケットなどあらゆる魅力がたっぷり詰まったトロントで見るべき観光スポットをご紹介します。






トロント市内を一望できる『CNタワー』で絶景を眺めたい!

トロント市内を一望できる『CNタワー』で絶景を眺めたい!
高さ553.33mであるCNタワーは、現在はドバイのブルジュ・ハリファ、日本の東京スカイツリーと並ぶ世界的な高さを誇るタワーの一つです。
ガラス床のエレベーターは時速22kmで進み、最上階の展望台までは約58秒で上がる事が出来るんだとか。
このエレベーターに乗ること自体、とても良い思い出になりそうですね。

観光客から大人気の「エッジウォーク」は、ハーネスをつけて屋外展望台のふちを歩くアクティビティとして有名、ぜひ訪れたら体験してみましょう。
CNタワーからからはロジャース・センター、機関車公園などトロントを代表する街並みを一望でき、人生最高の思い出になる事間違いなしです。

また、CNタワーには4つの展望台があり、各階ごとに屋内展望台やカフェなど様々な特色があります。
特に一番上の展望台には景色を360度展望出来る最上級レストランが併設されており、ゆっくりとディナーを楽しむことが出来ます。

CN Towerの住所・アクセスや営業時間など

名称 CN Tower
住所 301 Front Street West, Toronto, Ontario M5V 2T6
営業時間・開場時間 9:00 AM TO 10:30 PM
利用料金や入場料 大人 $35 子供 $25 オンライン割引あり
参考サイト http://www.cntower.ca/intro.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

CN Towerのスポットページ

四季折々の景観を楽しめる『ハイパーク』で自然を楽しみたい!

四季折々の景観を楽しめる『ハイパーク』で自然を楽しみたい!
トロントのダウンタウンからほど近い「ハイパーク」は、1873年、イギリス出身の建築家ジョン・ジョージ・ハワードがトロント市に寄贈したトロント最大級の公園です。
ハイパークは、毎年日本から寄贈された桜が咲き、美しい桜並木が出来る事でも非常に有名。
外国でも桜が見られる、貴重な場所なんです!

また、子ども用遊具が豊富な「チルドレンガーデン」や動物園、プールやアイススケート場など様々な施設も充実しており、一年中、四季折々の楽しみ方が出来ます。

High Parkの住所・アクセスや営業時間など

名称 High Park
住所 High Park, 1873 Bloor Street West, Toronto, ON, M6R 2Z3, Canada
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.highparktoronto.com
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

High Parkのスポットページ

『カサロマ』で中世のお城探検をしたい!

『カサロマ』で中世のお城探検をしたい!
トロント市内の小高い丘の上に建つ「カサロマ」は1900年代に成功した大富豪、ヘンリー・プラット卿の邸宅です。
中世ヨーロッパの城をイメージして設計された豪邸には、100近い部屋数と豪華な家具、美しい庭園がありまさに豪華絢爛。
現在はトロント市が買い取り、観光地として運用されています。

また、カサロマは映画「X-men」ほか様々な映像作品のロケ地としても有名で、お城好き、中世ヨーロッパ好きの方だけでなく、映画好きの方も楽しめる観光地です。

Casa Lomaの住所・アクセスや営業時間など

名称 Casa Loma
住所 1 Austin Terrace, Toronto, ON, M5R 1X8, Canada
営業時間・開場時間 現地時間 9:30-17:00(最終入場16:30)
利用料金や入場料 大人(18-59歳) 25ドル  子供(4-13歳) 15ドル  ユース(14-17歳)・シニア(60歳以上) 20ドル  ・3歳以下は無料
参考サイト http://www.casaloma.ca/index.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Casa Lomaのスポットページ

トロント最大の水族館『リプレイ水族館』で海洋生物を眺めたい!

トロント最大の水族館『リプレイ水族館』で海洋生物を眺めたい!
2013年にCNタワーの隣にオープンした「リプレイ水族館」では、12,500平方メートルの広大な敷地に世界各国から集められた海洋生物を眺める事が出来ます。
階段や段差が排除された館内では足元を気にすることなく展示に集中できるほか、車椅子やケガをされている方もゆっくりと楽しむことができる配慮がされています。

ブルーライトやネオンなどカラフルな照明がふんだんに使われた水槽は、大人も子どもも決して飽きさせません。
特にチューブ型のトンネルでは「動く歩道」に乗ったまま、まるで海中散歩をしているかのような雰囲気で魚たちの様子を楽しめます。







Ripley’s Aquarium Of Canadaの住所・アクセスや営業時間など

名称 Ripley’s Aquarium Of Canada
住所 288 Bremner Boulevard, Toronto, Ontario M5V 3L9, Canada
営業時間・開場時間 日 – 土 午前 9:00 – 午後 11:00
利用料金や入場料 大人(14歳以上): 29.98ドル、学生(6歳~13歳): $19.98子供(3歳~5歳): 9.98ドル、シニア(65歳以上): 19.98ドル、2歳以下:無料
参考サイト https://www.ripleyaquariums.com/canada/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Ripley’s Aquarium Of Canadaのスポットページ

ファンタジー映画を彷彿とさせる『トロント大学』で留学気分を味わいたい!

ファンタジー映画を彷彿とさせる『トロント大学』で留学気分を味わいたい!
広い敷地とまるで「ハリーポッター」に出てきそうな校舎で”隠れ観光名所”としても人気の高い「トロント大学」は、たくさんの生徒たちが通う大学でありながら、公園、博物館、結婚式場としても一般開放されています。
中でも一番有名なスポットである大学内の図書館「Thomas Fisher Rare Book Library」は360度ぐるりと本棚が設置され、幅広いジャンルの書物が保管されており、一般開放されている区域だけ見ても、非常に魅力的なスポットといえます。

また、トロント大学の近くには北米第五位の規模を誇る「ロイヤル・オンタリオ博物館」があり、カナダの歴史や、恐竜の化石について知識を深める事が出来ます。

University of Torontoの住所・アクセスや営業時間など

名称 University of Toronto
住所 27 King’s College Cir, Toronto, ON M5S, Canada
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://www.utoronto.ca
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

University of Torontoのスポットページ

カナダと異国文化の融合が面白い『チャイナタウン』で中華のパワーを感じたい!

カナダと異国文化の融合が面白い『チャイナタウン』で中華のパワーを感じたい!
初めて海外旅行に行く方から、スタンダードなトロント観光をし尽くした方にまで人気の高いスポットが、トロントにある「チャイナタウン」です。
移民の街でもあるトロントには、中国のほかに韓国、イタリア、ポーランド、ギリシャなどのコミュニティが存在しています。

その中でも特に有名なチャイナタウンは、飲茶や餃子専門店といった中華料理店はもちろんのこと、日本料理店やラーメン屋、ベトナム料理店などアジア全土をイメージしたレストランが建ち並んでいます。
中国人が料理人である事が多い事から、やはり一番人気は中華料理店で、どのお店に入っても絶品の中華料理が食べられると好評です。
中華風にアレンジされた、一風変わった日本料理にチャレンジしてみるのも面白いですね。

トロント チャイナタウンの住所・アクセスや営業時間など

名称 トロント チャイナタウン
住所 スパダイナアベニュー トロント オンタリオ カナダ など
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://www.visittorontojp.com/?p=42
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

トロント チャイナタウンのスポットページ

トロント市民の台所『セントローランスマーケット』でカナダ人の生活を体験したい!

トロント市民の台所『セントローランスマーケット』でカナダ人の生活を体験したい!
「セントローランスマーケット」はトロント最大の市場であり、トロント市民の台所として200年以上もの歴史のある市場です。
マーケットは通りを挟んでサウス・ノースに分かれており、肉や魚などの新鮮な食材だけでなくオーガニック食品の専門店やパン屋、雑貨屋、カフェなど沢山のテナントが軒を連ねています。
日本ではあまり見ない珍しい品揃えで、眺めているだけでも良い刺激をもらえます。
また、イタリアンやメキシカンなど多国籍の料理を気軽に楽しめるのも魅力の一つで、お腹がすいた時に立ち寄りたいスポットでもあります。
次のページでは『ファッションとパフォーマンスの街『ケンジントンマーケット』でハイセンスに触れたい!』を掲載!
次のページを読む >>

関連記事を見る

カナダの記事を見る

【カナダの世界遺産】美しい街並みに世界最大級の恐竜化石層など…カナダ」の世界遺産はこれ
プリンス・エドワード島の歴史はやっぱり穏やか。「波間に浮かぶゆりかご」と呼ばれる、カナダ自治領発祥の地
カナダ留学するならここ!お勧め都市と過ごし方
カナダ留学が決まったら、これだけは持っていきたい持ち物リスト
これを見たら絶対に行きたくなる、カナダ、トロントの完全ガイド
元住民が伝授!カナダ・トロントのおすすめグルメ40選
カナダ観光で絶対行きたい「カナディアン ロッキー」で見れる絶景スポット10選
トロントに移住したくなったら…?費用や資金、ビザなど徹底ガイド
モントリオールの「オリンピック公園」は外せない!行き方、料金や営業時間は?
広大な大地が織りなす北米大陸の絶景・秘境ランキングTOP12
カナダ旅行なら「ロジャース・センター」は外せない!行き方、や見どころは?
トロントの「ハイパーク」で見れる紅葉に桜にうっとり。カナダ観光ならここは外せない!