えっこんなに短いの!?短すぎてびっくり、カナダの夏を満喫するおすすめ3選

カナダといえばオーロラやウィンタースポーツを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。冬がとっても魅力的なカナダですが、実はカラッと暑すぎず快適な夏があるのをご存知でしたか?今回はカナダの夏をめいっぱい楽しむためのアクティビティをいくつかご紹介します。

カナダの夏ってどんな夏?

カナダの冬は長く、ダイアモンドのような美しい雪を存分に楽しむことができるのは周知のとおりだと思いますが、実はちゃんと夏も存在します。
しかし緯度が高いカナダの夏は、「アメリカの夏の終わり」といわれるほど超短いのが特徴。
夏の気候は場所によって多少の差はありますが、どこも湿度が低いためベタベタせずに快適な生活を送ることができます。

気温は30度を超える日もありますが、湿気の少なさから木陰に入れば肌寒く感じるほど。
カラっとした気候に輝く太陽が美しいカナダでは現地の人も夏を満喫するため思う存分アウトドアを楽しむのだそう。
では、家の中にいるのがもったいない、そんなカナダの快適な夏を、一体どのように過ごすのがベストでしょうか。

ハマること間違いなし!新感覚の湖ビーチ

ビーチと言えば海ですが、カナダでは海だけではないんです。
なんと湖までビーチにして楽しんでしまうのです。
トロントでは「ウッドバインビーチ」と呼ばれる湖のビーチが存在します。
夏になると白い砂浜で日焼けを楽しむ人々や湖の中を泳ぐ子供たちを目にすることができます。
このビーチの正体はオンタリオ湖。
この湖は対岸が見えないほど大きく、まるで海のような地平線が広がっているため見た目は海にしか見えないのだとか。

白くてきめ細かな砂浜があり、海水でしょっぱい思いをすることや、潮でベタつくこともないので最初から最後までとても気持ちよく楽しめます。
ビーチバレーなどのアクティビティを楽しむのもよし、ひんやり冷たい風を浴びながら日光浴するのもよし、夏でも冷たい湖の中を泳ぐのもよし。
夏のカナダを訪れるなら水着を持って出かけることもお忘れなく!

Woodbine Beach Parkの住所・アクセスや営業時間など

名称 Woodbine Beach Park
住所 1675 Lake Shore Blvd E, Toronto, ON M4L 3W6, Canada
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www1.toronto.ca/parks/prd/facilities/complex/311/index.htm
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Woodbine Beach Parkのスポットページ

スリル満点!キャピラノ渓谷で自然と一体に

自然が豊かなカナダではトレッキング、乗馬、カヤック、ラフティングなど様々な自然体験ができますが、おすすめはバンクーバーにある「キャピラノ渓谷(Capilano Canyon)」。
ダウンタウンからバスで行くことができるこの渓谷には名物である‘キャピラノ吊り橋’があります。
高さ70m、全長137mの吊り橋は安全だと分かっていても1歩踏み出せば左右が揺れるドキドキを楽しめることでしょう。

その後は「ツリートップアドベンチャー」と呼ばれる木から木へ巨木をつなぐように作られたミニ吊り橋も。
木々の間を通り抜ける爽やかな風になった気分で自然を感じることができそうです。
そして「クリフウォーク」とよばれる遊歩道は谷底から高さ90m、崖から突き出すような形で円形に作られているためスリルも景色も抜群。
歩道の一部がガラスになっているところもあり、まるで空中散歩をしている気分になれるのだとか。
またこの他にも数々のトレイルが整備されていたり、キャピラノ渓谷では自然を心ゆくまで楽しむには外せないスポットになりそうです。

Capilano Suspension Bridge Parkの住所・アクセスや営業時間など

名称 Capilano Suspension Bridge Park
住所 3735 Capilano Rd, North Vancouver, BC V7R 4J1
営業時間・開場時間 季節により異なる
利用料金や入場料 一般 18 64歳 $39.95 シニア 65歳 $36.95 学生 17歳 要ID $32.95 13 – 16歳 $26.95 子供 6 12歳 $13.95 6歳以下無料
参考サイト https://www.capbridge.com
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Capilano Suspension Bridge Parkのスポットページ

動物好きにはたまらない!カナダ極北の町で野生動物ウォッチング

カナダの極北の町チャーチルには、ポーラーベアーキャピタルと呼ばれるシロクマの町があるのをご存知でしょうか。
なんと夏でもシロクマが歩き、近くの湾には3000頭を超えるベルーガが訪れるのだそう。
シロクマに近寄るのは危険ですが、ベルーガは別です。
ベルーガとは、しまね海洋館のバブルリングで有名になったあの白イルカのこと。
とても人懐っこい性格のベルーガは、シュノーケリングをしていると近くによって来てくれるのだそう。
海のカナリアとも呼ばれており、かわいらしい鳴き声を聞くことができるほど間近にふれあえます。

悠々と歩くシロクマを写真に収め、シュノーケルでベルーガと遊泳を楽しむなど、ありのままの姿の野生動物たちを見ることができるのは、自然豊かなカナダならでは。
動物好きなら一度は訪れてみたい場所になりそうですね。
ちょっと他の人とは変わったエキサイティングな思い出を作ることができること間違いなしです。







Churchillの住所・アクセスや営業時間など

名称 Churchill
住所 Churchill Manitoba, Canada
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://jp-keepexploring.canada.travel/places-to-go/churchill#/?galleryItemId=200009669
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Churchillのスポットページ

躍動感あふれる夏をカナダで過ごそう

過ごしやすいカナダの夏は、日本では絶対に体験できないようなアクティビティに挑戦するチャンスにあふれています。
ちょっと変わった思い出を作りたい方はぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
短いカナダの夏だからこそ、思う存分楽しんで素敵な思い出を増やしてくださいね。
photo by iStock

関連記事を見る

カナダの記事を見る

【カナダの世界遺産】美しい街並みに世界最大級の恐竜化石層など…カナダ」の世界遺産はこれ
プリンス・エドワード島の歴史はやっぱり穏やか。「波間に浮かぶゆりかご」と呼ばれる、カナダ自治領発祥の地
カナダ留学するならここ!お勧め都市と過ごし方
カナダ留学が決まったら、これだけは持っていきたい持ち物リスト
これを見たら絶対に行きたくなる、カナダ、トロントの完全ガイド
元住民が伝授!カナダ・トロントのおすすめグルメ40選
カナダ観光で絶対行きたい「カナディアン ロッキー」で見れる絶景スポット10選
トロントに移住したくなったら…?費用や資金、ビザなど徹底ガイド
モントリオールの「オリンピック公園」は外せない!行き方、料金や営業時間は?
広大な大地が織りなす北米大陸の絶景・秘境ランキングTOP12
カナダ旅行なら「ロジャース・センター」は外せない!行き方、や見どころは?
トロントの「ハイパーク」で見れる紅葉に桜にうっとり。カナダ観光ならここは外せない!