人間ってすごい!カナダで見れる歴史的な建築物10選

カナダといえば、ナイアガラの滝にオーロラ鑑賞、メープルの木の紅葉など自然を連想させるものが多く思いつくでしょうか。 イギリスやフランスの植民地時代があったことで、建物によってはそれぞれの影響を受けているものも存在しています。カナダ建国が1800年代半ばと比較的新しい国ではありますが、その中でも歴史を感じさせる建築物をご紹介いたします。

あの有名人も結婚式を挙げた モントリオール・ノートルダム大聖堂

あの有名人も結婚式を挙げた モントリオール・ノートルダム大聖堂

image by iStockphoto

カナダ第2の都市でありながら、フランス文化を色濃く残すモントリオールの町。
ヨーロッパ調の旧市街や街中で聞こえるフランス語を聞いているとここは本当にカナダなのだろうか? と錯覚するかもしれません。
この美しい町の中にあるモントリオール大聖堂は、セリーヌ・ディオンが結婚式を挙げた場所としても広く知られています。
外観はよくある大聖堂といったところですが、内装には一つ一つ手を掛けて造られたであろう装飾物やステンドグラスがあり、息をのむほどの感動を覚えるでしょう。

モントリオール・ノートルダム大聖堂 Notre-Dame Basilica of Montr?alの住所・アクセスや営業時間など

名称 モントリオール・ノートルダム大聖堂 Notre-Dame Basilica of Montr?al
住所 110 Notre-Dame Street West, Montreal, Quebec H2Y 1T1, Canada
営業時間・開場時間 日 午後 12:30 – 午後 4:00 月 – 金 午前 8:00 – 午後 4:30 土 午前 8:00 – 午後 4:00
利用料金や入場料 $5-
参考サイト http://www.basiliquenotredame.ca/en/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

モントリオール・ノートルダム大聖堂 Notre-Dame Basilica of Montr?alのスポットページ

パイプオルガンの音色に酔いしれたい モン・ロワイヤルのセント・ジョセフ礼拝堂 

パイプオルガンの音色に酔いしれたい モン・ロワイヤルのセント・ジョセフ礼拝堂 

image by iStockphoto

まず、6階建ての礼拝堂の大きさにびっくりします。
礼拝堂に上る階段で、膝まづいてお祈りを捧げる人もいます。
薄暗い礼拝堂の中でステンドグラスを通した光が壁に当たり、大きなパイプオルガンがあり、とても神聖な気持ちになります。
ダウンタウンから地下鉄で15分くらいで、コート・デ・ネージュ駅からも歩いて10分くらいの便利な場所なので、モントリオールに行ったらぜひ訪れたい場所の一つです。
 TripAdvisorより

セント・ジョセフ礼拝堂 Saint Joseph’s Oratory of Mount Royalの住所・アクセスや営業時間など

名称 セント・ジョセフ礼拝堂 Saint Joseph’s Oratory of Mount Royal
住所 3800 Chemin Queen Mary, Montr?al, QC H3V 1H6 カナダ
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 $5
参考サイト https://www.saint-joseph.org/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

セント・ジョセフ礼拝堂 Saint Joseph’s Oratory of Mount Royalのスポットページ

国家の主要機関が集結した パーラメント・ヒル

国家の主要機関が集結した パーラメント・ヒル

image by iStockphoto

国会議事堂、首相官邸などカナダ政府主要機関の建物が一挙に見られるパーラメント・ヒルは、オタワ川に面した小高い丘にあります。
政府の機関と聞くとお堅いイメージがあり、なんとなく近寄り難くもあります。
意外にも館内の見学ツアーは常に人気で行列をなし、前庭の芝生エリアではランチをしたり、のんびりと読書をしたりと市民の憩いの場となっています。
夏季は議事堂前での衛兵交代式に、冬期にはイルミネーションイベントが無料で多くの人で賑わっています。

パーラメント・ヒル PARLIAMENT of CANADAの住所・アクセスや営業時間など

名称 パーラメント・ヒル PARLIAMENT of CANADA
住所 111 Wellington Street in downtown Ottawa, Canada
営業時間・開場時間 Weekdays: 9:00 a.m. to 3:30 p.m. Weekends: 9:00 a.m. to 4:30 p.m.
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.lop.parl.gc.ca/Visitors/index-e.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

パーラメント・ヒル PARLIAMENT of CANADAのスポットページ

北アメリカ最東端 スピア岬の灯台

北アメリカ最東端 スピア岬の灯台

image by iStockphoto

ニューファンドランド・ラブラドール州のセントジョンズ、アバロン半島にある四角い木造建築のスピア岬の灯台。
カナダ国定史跡に指定され、ニューファンドランドに現存する最古の灯台とされています。
異論を唱えられながらも、一般的にスピア岬は北アメリカの最東端の地といわれています。
1834年に建設が始まり、その2年後に開設されたこの灯台は、第二次世界大戦中には輸送船団の航路となり砲台や兵舎なども残されています。








スピア岬の灯台 Cape Spear Lighthouse National Historic Site of Canadaの住所・アクセスや営業時間など

名称 スピア岬の灯台 Cape Spear Lighthouse National Historic Site of Canada
住所 Blackhead Rd, Blackhead, NL, Canada
営業時間・開場時間 10:30am to 5:30pm
利用料金や入場料 $3.90
参考サイト http://www.pc.gc.ca/eng/lhn-nhs/nl/spear/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

スピア岬の灯台 Cape Spear Lighthouse National Historic Site of Canadaのスポットページ

セントローレンスマーケットで楽しいショッピングを!

セントローレンスマーケットで楽しいショッピングを!

image by iStockphoto

200年以上も前からトロント市民の食生活を支えてきたセント・ローレンスマーケットは、通りを挟み南と北に分かれる市営市場です。
南側のレンガ造りの建物は、初代の市庁舎を改築したものです。
地元で採れた新鮮な野菜に、肉や魚、それからデリカテッセンにベーカリーショップと見ているだけでもお腹が鳴りそう! 各国料理のお店も多く、買った物をイートインスペースにて地元の人々に交じって食べるのも思い出に残りますね。
観光客にも嬉しいメープルシロップやアクセサリーなどお土産にもなりそうな品々も揃っているので、トロントまで来たらぜひ立ち寄ってみましょう。

セント・ローレンス・マーケット St. Lawrence Marketの住所・アクセスや営業時間など

名称 セント・ローレンス・マーケット St. Lawrence Market
住所 92-95 Front St. E., Toronto, Ontario M5E 1C4, Canada
営業時間・開場時間 午前 8:00 – 午後 6:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.stlawrencemarket.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

セント・ローレンス・マーケット St. Lawrence Marketのスポットページ

ナイアガラの滝を見るならレインボーブリッジから

ナイアガラの滝を見るならレインボーブリッジから

image by iStockphoto

カナダとアメリカを結ぶレインボーブリッジ。
カナダ観光といえば、ナイアガラの滝といっても過言ではありませんね。
その滝もこの橋の上からが絶景ポイントとなっています。
カナダ側からとアメリカ側からでは、滝の見え方も違ってくるのでぜひ往復されることをおすすめします。
もちろん徒歩でも橋を渡ることは可能ですが、その際入国審査も行われているのでパスポートをお忘れなく! 橋の途中には両国の国旗が並び、国境を示すプレートもあるので良い記念撮影ができそうですね。

17世紀に築かれたケベックの城塞

17世紀に築かれたケベックの城塞

image by iStockphoto

城塞都市ケベック・シティと言えば、やはりシタデルは訪れておきたい。
ガイドツアーは一人16ドルとやや高めだが、一時間かけて内部をじっくり見学できるのでコストパフォーマンスは悪くない。
そして、ここから眺めるシャトー・フロントナックの眺めは最高なので、綺麗な写真を撮影したい人には外せない場所。
 4travelより

次のページでは『アールデコ調が目を引くマリーンビル』を掲載!
次のページを読む >>

関連記事を見る

イギリスの記事を見る

ビッグ・ベンって何だっけ?知っておきたいイギリスの歴史的建造物6選
ロンドン観光で絶対行きたい!歴史的観光スポット13選
大英帝国になるまでのイギリスの歴史を知ろう!中世イングランドをひも解くスポット6選
【イギリスの世界遺産一覧】王室伝統のスポットから手つかずの自然まで。イギリスに残る世界遺産紹介!
鉄道の歴史を変えた「蒸気機関車の父」ジョージ・スチーブンソンとはどのような人物?
恋も愛も捨てた処女王・エリザベス1世の波乱の生涯
【香港の歴史】4億年前から21世紀まで~できる限り調べてみました!
元住民が解説!スコットランドの観光の観光完璧ガイド
イギリス・フランス・ロシア間の友好協力体制が出来上がった結果起こったのは、第一次世界大戦だった
イギリス観光なら次はここ!「エジンバラ」で見たい絶景10選
【スコットランドに興味あるなら】世界遺産「エディンバラ」の観光前に知って起きたい昔と今
元住民が解説!イギリスの観光完璧ガイド。モデルコースからおすすめスポットまで