カナダのなかのフランス!?ケベック州のおすすめスポット5選

カナダといえば、多くの日本人留学生が英語を学びに行く「英語圏」の国としてイメージが定着していますが、カナダで最大の面積を誇る、「ケベック州」に関しては、どうやらその常識は当てはまらないようです。ケベック州の住民の8割がフランスにルーツを持ち、公用語はもちろんフランス。、レストランや道路の標識もフランス語がメインとなっています。カナダでありながらもフランス文化の香り漂うケベック州の魅力を紹介します。

image by iStockphoto

image by iStockphoto

パリに次ぐ2番目に大きなフランス語圏の都市、モントリオール

パリに次ぐ2番目に大きなフランス語圏の都市、モントリオール

image by iStockphoto

ケベック州最大の都市モントリオールは、フランス語圏ではパリに次ぐ規模を持つ都市であり、同時にカナダ国内ではトロントに次ぐ規模を持つ、人口360万の大都市です。

モントリオール市民の合言葉「ジャワ・ド・ヴィーヴル」はフランス語で「人生を楽しく」とう意味であり、街には様々なエンターテインメントが溢れています。








Montrealの住所・アクセスや営業時間など

名称 Montreal
住所 Montreal, Quebec H3B 3N2 CANADA
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://ville.montreal.qc.ca/portal/page?_pageid=5798,85041649&_dad=portal&_schema=PORTAL
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Montrealのスポットページ

紅葉の美しさは圧巻!モントリオール郊外の保養地ロレンシャン

紅葉の美しさは圧巻!モントリオール郊外の保養地ロレンシャン

image by iStockphoto

モントリオールの北部には森と湖に囲まれたなだらかな高原地帯が続いており、この一帯をロレンシャンといいます。

image by iStockphoto

ロレンシャンはカナダ屈指の紅葉の名所としても知られ、また、スキーやサイクリングといったアウトドアの一大スポットとしても知られています。

メープルシロップの産地としても有名で、多くのレストランではメープルシロップを使った料理を楽しむことができます。
カナダのお土産にもきっと喜ばれること間違いなしのメープルシロップです!

MONT-TREMBLANT NATIONAL PARKの住所・アクセスや営業時間など

名称 MONT-TREMBLANT NATIONAL PARK
住所 4456, chemin du Lac-Sup?rieur J0T 1P0 Lac-Sup?rieur, QC Canada
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 18才以上 $7,50 Children 6才-17才 $3,25 0才-5才 無料
参考サイト http://www.laurentides.com/en/members/mont-tremblant-national-park
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

MONT-TREMBLANT NATIONAL PARKのスポットページ

誇り高きケベックの都、ケベック・シティ

誇り高きケベックの都、ケベック・シティ

image by iStockphoto

ケベック州の州都ケベック・シティは、フランス移民の文化を最も色濃く残す街として知られており、またカナダにおけるフランス移民たちのアイコン的な意味合いを持つ特別な街です。
次のページでは『アザラシの楽園、マドレーヌ島』を掲載!
次のページを読む >>

関連記事を見る

カナダの記事を見る

【カナダの世界遺産】美しい街並みに世界最大級の恐竜化石層など…カナダ」の世界遺産はこれ
プリンス・エドワード島の歴史はやっぱり穏やか。「波間に浮かぶゆりかご」と呼ばれる、カナダ自治領発祥の地
カナダ留学するならここ!お勧め都市と過ごし方
カナダ留学が決まったら、これだけは持っていきたい持ち物リスト
これを見たら絶対に行きたくなる、カナダ、トロントの完全ガイド
元住民が伝授!カナダ・トロントのおすすめグルメ40選
カナダ観光で絶対行きたい「カナディアン ロッキー」で見れる絶景スポット10選
トロントに移住したくなったら…?費用や資金、ビザなど徹底ガイド
モントリオールの「オリンピック公園」は外せない!行き方、料金や営業時間は?
広大な大地が織りなす北米大陸の絶景・秘境ランキングTOP12
カナダ旅行なら「ロジャース・センター」は外せない!行き方、や見どころは?
トロントの「ハイパーク」で見れる紅葉に桜にうっとり。カナダ観光ならここは外せない!