【米国在住者に聞いた真実】アメリカと日本、こんなに違うスーパーマーケット7選

日本のスーパーとアメリカのスーパー。似ているようで全然違います。今回はアメリカのスーパーで売られているものや売り方の違いなどについてまとめてみました。アメリカ在住の筆者がお届け致します。

#1 大きさは日本のスーパーと比べて桁違い

大きさは日本のスーパーと比べて桁違い
これは有名なお話かと思いますが、とにかくアメリカのスーパーは巨大!日本における平均的なスーパーと比べて数倍の大きさはあるのではないでしょうか。
違いとしては、日本にあるスーパーのようにフロア何階かに分かれているのではなく、すべて一つのフロアにあることも特徴的。
広大な土地のあるアメリカならではの違いがありますね。

#2 野菜・果物はひとつから量り売り

野菜・果物はひとつから量り売り
日本のスーパーの場合、野菜や果物は袋詰めにされてます。
意外なことにアメリカのスーパーではほとんど「ばら売り」なのです。
お客さんが自分がほしい分だけ購入するスタイルが主流。

#3 重さの単位はグラムではなく「パウンド」

重さの単位はグラムではなく「パウンド」
日本ではグラムが重さを測る単位として使われていますが、こちらではパウンド(1パウンド約450グラム)(またはポンドとも言う)が使われています。
ちなみに日本で言う約450g相当の量を「1パウンド」とカウントすることとなった起源として、1パウンドの製粉によって焼かれたパンが人間に必要な一日のパンの量と等しいことから、この分量になったそうです。

#4 ひとつひとつの品物がとにかく大きい!

ひとつひとつの品物がとにかく大きい!
牛乳に関しては1リットルではなく、半ガロンや1ガロンで販売されています。
1ガロン約3.8リットルですから、とても多いですね!そのほか、食料品やお菓子も、日本のものに比べて2倍近くの大きさのものが多く、圧倒されてしまいます。







#5 菓子パンはないが、フランスパンはどこのスーパーでも絶品。

菓子パンはないが、フランスパンはどこのスーパーでも絶品。
アンパンなどの菓子パンがありません。
意外ですが、強いて言えばドーナツ系の食べ物が菓子パンの代わりになのかもしれませんね。
自分の食べたい分だけ袋に入れることもできますし、家族が多い人は12個ぐらいにまとめて入っている箱でドーナツを買います。

どのスーパーでもパン部門が充実していて、そこでパンを焼いています。
フランスパンが特に安くておいしいです。
個人的には、ウォルマートで売られている1ドルのフランスパンがおすすめ!日本では味わえないすごく柔らかいフランスパンで、量も1パウンド(450グラム)ととってもお得なパンです。

#6 スーパーマーケットの会員カードは必須

スーパーマーケットの会員カードは必須
日本のスーパーでもポイントカードがありますが、アメリカのカードは少し違います。
アメリカの場合、スーパーの会員カードを持っていると特別価格で購入することができます。
アメリカで生活する上ではスーパーの会員カードは必携ですね。
カード会員費用はもちろん無料です。

#7 レジのルールが独特!

レジのルールが独特!
レジは日本と同じで店員さんが一通りのお会計をしてくれます。
場所により、袋詰もしてくれます。
独特のルールとしては、自分でカゴから商品を「ベルトコンベヤー」に乗せないといけません。

お会計をしながら店員さんが商品を袋にいれてくれますが、日本人と比べるとかなり雑です。

10年程前から、自分で自由に会計を行うことが出来る「セルフレジ」が登場しました。
これは日本でも徐々にこの流れが出てきていますね。
自分でバーコードをスキャンしたり、野菜などの重さを測ったりして、お金やクレジットカードで精算します。

何か不具合があった時のために数台に一人の割合で、店員が常駐しています。

次のページでは『案外観光名所としてもスーパーはおすすめ!』を掲載!
次のページを読む >>

関連記事を見る

アメリカの記事を見る

ニューヨーク土産ならこれ!NY常連が薦める決定版お土産51選
知っているようで知らない、「自由の女神像」の歴史
砂漠の中の街「ラスベガス」が世界一の歓楽都市になった理由
スケール桁違い!アメリカの歴史建造物について調べてみました
サンフランシスコの観光で行きたい!「歴史的」観光スポット11選
地上最大級の火山の上にある『イエローストーン国立公園』の歴史を探ってみよう
今なお続く悲劇と惨劇――〈アメリカ先住民政策〉の歴史
アフリカ系アメリカ人選手が活躍した野球リーグ「ニグロリーグ」の歴史とは?
黒人メジャーリーガーの歴史を変えた男「ジャッキー・ロビンソン」とはどのような人物?
野球の世界最高峰・MLBが歩んできた歴史とは? 大きな出来事から現在まで
白熱のバトルが展開される「自動車レース」が歩んできた歴史とは?
【パナマの歴史】運河に翻弄されながら繁栄を遂げた熱き国の物語