アメリカでシェアハウスに住みたい人必見!具体的な手順をご紹介

日本でも流行の兆しを見せているシェアハウス。アメリカでは一軒家の空き部屋を貸し出したり、複数人でアパートの一室を借りたり、家をシェアして住むということが一般的に行われています。ここではそんなシェアハウスの見つけ方から入居の方法までを紹介します。


シェアハウスの見つけ方

シェアハウスの見つけ方
まずはクレイグズリスト(Craigslist)等のクラシファイドコミュニティサイトで検索してみましょう。
検索のポイントとしては

①画像つきの部屋が良い(画像つきだと好みの部屋かどうか事前にイメージが湧くので安心です)

②安全な地域を選ぶ。

アメリカは通りによって治安が悪くなるなどということもありますから地域選びは慎重に行いましょう。

③furnished(家具付き)の部屋を選ぶ

アメリカに住むだけでも大仕事なのに、家具を1から揃えていては大変です。
家具付きで貸してくれる部屋もたくさんありますので最初は家具付きの部屋が良いでしょう。

部屋のオーナーにコンタクトを取る

部屋のオーナーにコンタクトを取る
希望の部屋が見つかったら実際にオーナーにコンタクトを取りましょう。
その際は、簡単な自分の自己紹介や希望を添えると良いと思います。
オーナーもルームメイト探しには慎重です。
好印象を与えられるような文章を心がけましょう。

見学の日時を決める

見学の日時を決める
オーナーと連絡が取れたら実際に部屋を見学する日時を決めます。
大体はオーナー側からいつ頃が良いか提案があると思いますので都合の良い日を選んで決めましょう。
一般的に部屋の見学は日が差している時間帯が良いと言われています。
部屋に日が入るか入らないかでは部屋の印象はだいぶ変わってくるからです。

部屋に見学へ行く

部屋に見学へ行く
見学当日は自分の希望するポイントが何処にあるのか整理してから行くのが良いでしょう。
ルームメイトとは気が合いそうか、キッチンの道具は揃っているか、共有スペースは掃除が行き届いているか、バスルームは何人でシェアするのか、人それぞれ希望は異なると思います。

実際に自分が求める項目を整理しておけば直接オーナーに確認する事もでき安心です。
また、オーナー側にも気に入ってもらえるよう清潔感のある服装で行くのがベストでしょう。

部屋を決める

部屋を決める
部屋を見学し、ルームメイトにも会い、この部屋がいいと思える物件に出会ったら即オーナーに連絡しましょう。
部屋は早いもの勝ちで良い部屋ほど競争率が高いものです。
部屋を見学中にこの部屋に住みたいですと伝えるくらいの気持ちでも良いかもしれません。

シェアハウスでの貴重な体験を楽しもう!

いかがでしたか?筆者もアメリカ留学中にはいくつかのシェアハウスで生活した経験があります。
ルームメイトとの関係が希薄な部屋もあれば、日本に帰国後もずっと交流が続くくらい仲の良いルームメイトに出会えた部屋もありました。
今では一つ一つの経験が良い思い出です。
他人と、しかも異国の人と一緒に住む経験なんて早々ないもの。
是非良い部屋を見つけてアメリカ滞在をより楽しいものにしてください。
photo by iStock
Megkit

Writer:

東京生まれ横浜育ち。大学卒業後はアメリカにも滞在。旅行が趣味で行った先で出会った人々、文化等を通じ面白いと感じた事を紹介しています。現在1児の母。

この記事のカテゴリ

アメリカ
文化

関連記事を見る

アメリカの記事を見る

サンフランシスコの観光で行きたい!「歴史的」観光スポット11選
地上最大級の火山の上にある『イエローストーン国立公園』の歴史を探ってみよう
今なお続く悲劇と惨劇――〈アメリカ先住民政策〉の歴史
アフリカ系アメリカ人選手が活躍した野球リーグ「ニグロリーグ」の歴史とは?
黒人メジャーリーガーの歴史を変えた男「ジャッキー・ロビンソン」とはどのような人物?
野球の世界最高峰・MLBが歩んできた歴史とは? 大きな出来事から現在まで
白熱のバトルが展開される「自動車レース」が歩んできた歴史とは?
【パナマの歴史】運河に翻弄されながら繁栄を遂げた熱き国の物語
ニューヨーク留学短期で、語学学習とニューヨクの街をもっと知る体験
アメリカ語学留学のお勧め都とアメリカンのライフスタイル
社会人のアメリカ留学。お勧め都市とお勧め英語上達法
【治安、犯罪、持ち物…】ニューヨーク旅行の前に知っておきたい注意事項ガイド