物価が安くて「旅をしながら仕事をする」なら最適な国9選

外国での数ヶ月の生活は、人々に働く能力と新しい環境に楽しむことを教えてくれます。デザイン、ライティング、プログラミングといったパソコンがあれば出来ること。また、英語を教えることや、ホテル等のホスピタリティー業界で働くことは、海外で生計を立てるのに最適な方法です。

遠く離れた土地では、多くの選択肢を諦めねばなりませんが、例えば、アメリカで住むより生活費は手頃な場所はたくさんあります。

これらの9つの安くて面白い土地をのぞいてみましょう。

Reference : lifebuzz.com

#1 タイ

タイ
月額平均家賃(1ベッドルーム):$300

月額平均管理費(電気、光熱、水道、ゴミ処理):$70

タイは、「安く住む」ことを考えると選択肢の上位にあがる場所のひとつ。
都市部の多くの人は英語を話します。
「微笑みの国」はお寺や白いビーチ、透明で輝く海、そして、美しい山といった、豊富な文化遺産と魅力があります。
アントンは世界最大のブッダの故郷でもあります。

#2 ベトナム

ベトナム
額平均家賃(1ベッドルーム):$300

月額平均管理費(水道、電気、光熱、ゴミ処理):$50

ベトナムはのどかで美しいビーチ、熱帯林森、市場、加えてとても安価な地元産の果物や野菜が豊富です。
米や麺などの食品が安く手に入ります。
食費は$ 5以下、ベトナムビールはたったの$1です。







#3 インド

インド
月額平均家賃(1ベッドルーム):$150

月額平均管理費(水道、電気、光熱、水道、ガス):$40

インドは人間の内面からも外面からも自分探しをしたい人におすすめです。
ここは、河川、高原、ビーチ、砂漠、そして、東洋の宗教と歴史の素晴らしさで満たされています。
生活費と食費は驚くほど安いです。

#4 Nicaragua(ニカラグア)

Nicaragua(ニカラグア)
月額平均家賃(1ベッドルーム):$150

月額平均管理費(水道、電気、光熱、ゴミ処理):$40

ニカラグアは全ての人に、パラダイスな島、植民地時代からの街、ジャングル、賑やかな中心部といった、エキサイティングさをもたらします。
昔から波乗りをする人を魅せる波もあります。
公共の交通機関は月額$10以下で、ジムの会員費もわずか$30です。

関連記事を見る

アメリカの記事を見る

ニューヨーク土産ならこれ!NY常連が薦める決定版お土産51選
知っているようで知らない、「自由の女神像」の歴史
砂漠の中の街「ラスベガス」が世界一の歓楽都市になった理由
スケール桁違い!アメリカの歴史建造物について調べてみました
サンフランシスコの観光で行きたい!「歴史的」観光スポット11選
地上最大級の火山の上にある『イエローストーン国立公園』の歴史を探ってみよう
今なお続く悲劇と惨劇――〈アメリカ先住民政策〉の歴史
アフリカ系アメリカ人選手が活躍した野球リーグ「ニグロリーグ」の歴史とは?
黒人メジャーリーガーの歴史を変えた男「ジャッキー・ロビンソン」とはどのような人物?
野球の世界最高峰・MLBが歩んできた歴史とは? 大きな出来事から現在まで
白熱のバトルが展開される「自動車レース」が歩んできた歴史とは?
【パナマの歴史】運河に翻弄されながら繁栄を遂げた熱き国の物語