アメリカの政治の中枢を見に行こう!ワシントンD.C.の権威感じる建築物の数々

アメリカの都市として知らない人はいない、ワシントンD.C.。首都らしく国に関連する施設も数多く揃う街です。中でも秋は過ごしやすく、観光客が多くやって来るシーズン。そんなワシントンD.C.で、ぜひ見ておきたい観光スポットを7選紹介します。

まずここに立ち寄って・ワシントンモニュメント

まずここに立ち寄って・ワシントンモニュメント
ワシントンD.C.観光の中心とも言えるナショナルモールの中にあります。
モニュメントの上からは、ワシントンD.C.の街並みを360度ぐるっと見渡すことができ、最高の景色が楽しめるスポットです。
東西南北、碁盤の目のように道路が走っているワシントンD.C.の街の様子が、手に取るように分かりますよ。

あの白い石像が見られる・リンカーン記念館

あの白い石像が見られる・リンカーン記念館
リフレクティングプールを挟んで、ワシントンモニュメントの反対側にあるのがリンカーン記念館です。
真っ白な大理石で作られたリンカーンの石像が良く知られています。
リンカーン記念館側から見るとワシントンモニュメントが、ワシントンモニュメント側から見るとリンカーンの石像が水面に映る景色が見られます。
夜はライトアップされるので、夕食後の散歩に訪れてみるのもムードがあってロマンチックですね。

Lincoln Memorialの住所・アクセスや営業時間など

名称 Lincoln Memorial
住所 900 Ohio Drive SW Washington , DC 20024
営業時間・開場時間 現地時間9:30-22:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://www.nps.gov/linc/index.htm
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Lincoln Memorialのスポットページ

お財布にも優しい・ナショナルギャラリー

お財布にも優しい・ナショナルギャラリー
ナショナルギャラリーの一番のポイントは、なんと無料で入館できるところ。
モネやルノアール、フェルメールなど、有名画家のさまざまな作品を楽しむことができます。
花々の咲き誇る噴水や中庭も見事で、優しい光が差し込む館内をゆったりと歩いているだけでも、心癒される時間が過ごせるでしょう。







ナショナル・ギャラリー・オブ・アート National Gallery of Artの住所・アクセスや営業時間など

名称 ナショナル・ギャラリー・オブ・アート National Gallery of Art
住所 6th & Constitution Ave NW, Washington, DC 20565
営業時間・開場時間 Monday–Saturday: 10:00 a.m.–5:00 p.m. Sunday: 11:00 a.m.–6:00 p.m.
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.nga.gov/content/ngaweb.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ナショナル・ギャラリー・オブ・アート National Gallery of Artのスポットページ

豪華な内装が目を引く・ヒルウッドミュージアム

豪華な内装が目を引く・ヒルウッドミュージアム
フランス風のエレガントな美術館で、雰囲気が好きな方にはたまらない空間が広がっています。
19世紀フランスや帝政ロシア時代のさまざまな美術作品が所蔵されており、屋敷の佇まいも含めて美しい美術館です。
館内に併設されているギフトショップでは、スタッフが厳選したセンスの良いお土産が手に入りますよ。

ヒルウッド博物館 Hillwood Museum & Gardensの住所・アクセスや営業時間など

名称 ヒルウッド博物館 Hillwood Museum & Gardens
住所 4155 Linnean Ave NW, Washington, DC 20008
営業時間・開場時間 10:00 – 17:00
利用料金や入場料 $18
参考サイト http://www.hillwoodmuseum.org/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ヒルウッド博物館 Hillwood Museum & Gardensのスポットページ

戦没者の魂が息づく・アーリントン墓地

戦没者の魂が息づく・アーリントン墓地
ワシントンD.C.の中心地から車ですぐの墓地で、アメリカ戦没者が数多く埋葬されています。
ケネディ大統領が眠ることでも有名で、墓地ながら広大で美しい景色が広がる場所です。
日本人にもゆかりが深い硫黄島メモリアルも近くにあるので、併せて巡ってみるとより深い想いを感じられるかもしれません。
次のページでは『宇宙にロマンを感じる・航空宇宙博物館』を掲載!
次のページを読む >>

Writer:

神戸生まれ神戸育ちの駆け出しデザイナーです。一眼レフを持って街歩きするのが趣味で、美味しいグルメの食べ歩きや日帰りプチ旅行などをしながら、関西のあちこちを散策しています。そんな経験を活かして、住み慣れた大好きな街・神戸の情報を中心に、有名スポットから地元民ならではの穴場スポットまで、関西一円の新しい魅力をご紹介できればと思います!

この記事のカテゴリ

アメリカ
北米
建築
街・都市

関連記事を見る

アメリカの記事を見る

ニューヨーク土産ならこれ!NY常連が薦める決定版お土産51選
知っているようで知らない、「自由の女神像」の歴史
砂漠の中の街「ラスベガス」が世界一の歓楽都市になった理由
スケール桁違い!アメリカの歴史建造物について調べてみました
サンフランシスコの観光で行きたい!「歴史的」観光スポット11選
地上最大級の火山の上にある『イエローストーン国立公園』の歴史を探ってみよう
今なお続く悲劇と惨劇――〈アメリカ先住民政策〉の歴史
アフリカ系アメリカ人選手が活躍した野球リーグ「ニグロリーグ」の歴史とは?
黒人メジャーリーガーの歴史を変えた男「ジャッキー・ロビンソン」とはどのような人物?
野球の世界最高峰・MLBが歩んできた歴史とは? 大きな出来事から現在まで
白熱のバトルが展開される「自動車レース」が歩んできた歴史とは?
【パナマの歴史】運河に翻弄されながら繁栄を遂げた熱き国の物語