アート好きを刺激する博物館の街「アメリカ・ミネアポリス」で見ておきたい美術・芸術スポット5選

アメリカ中西部・ミネソタ州に位置するミネアポリスは、州都セントポールと合わせて「ツインシティ」と呼ばれる州の最大都市。活発な経済状況と豊かな自然を併せ持つ「全米で住みたい街」とされるこの街は、芸術や歴史、科学といった博物館が多く集う「芸術の街」としての顔も持っています。今回はそんなアメリカ中部の経済都市であり博物館の街・ミネアポリスの美術・芸術スポット5選を紹介します。

近代作品が揃う「ウォーカー・アート・センター」

近代作品が揃う「ウォーカー・アート・センター」

image by iStockphoto

ミネアポリスのダウンタウン南西にある美術館です。
アメリカのビジネスマンであったトーマス・バーロウ・ウォーカー氏の自邸「ウォーカー・ギャラリー」が始まりで、1927年に正式な美術館として開館しました。
コレクションは20~21世紀の近代作品がメインで、アルベルト・ジャコメッティ、アンディ・ウォーホルのポップアートなどバラエティ豊かな作品が多数。
ガラス張りのモダンな外観はスイスの設計事務所「ヘルツォーク&ド・ムーロン」デザインで2005年に完成。
館内作品と並びこの美術館の注目ポイントとなっています。

image by iStockphoto

材木業で財をなしたトマス・B・ウォーカーによって、1927年にウォーカー・アート・ギャラリーが設立され、40年にアート・センターとして再編された。
近現代美術のコレクションが充実しており、90年代以降は現代美術コレクションの質と量を飛躍的に拡充させた。
特に50年代〜60年代に主だった活動期を形成した具体、ウィーン・アクショニズム、アルテ・ポーヴェラ、フルクサスの作品を「オルタナティヴ・モダニズム」という観点から再評価し、積極的な収集を行なっている。
artscapeより

Walker Art Centerの住所・アクセスや営業時間など

名称 Walker Art Center
住所 1750 Hennepin Avenue, Minneapolis, Minnesota
営業時間・開場時間 現地時間 11:00-17:00
利用料金や入場料 毎週第一土曜日は無料、18 歳未満は常時無料
参考サイト http://www.walkerart.org/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Walker Art Centerのスポットページ

江戸時代の浮世絵に注目「ミネアポリス美術館」

江戸時代の浮世絵に注目「ミネアポリス美術館」

image by iStockphoto

1915年に開館したアメリカ中西部・北部では最大の総合美術館。
館内はモネやピカソ、宗教画、ギリシャ・ローマ彫刻など約10万点のコレクションが揃っていますが、ぜひ見ておきたいのは日本の浮世絵作品。
江戸時代の墨摺絵(すみずりえ)、錦絵(木版多色刷りの浮世絵)の揺籃期(ようらんき、ものごとの発展初期時代)以降のコレクションが3000点以上揃っています。
入館料は特別展をのぞき無料、館内の写真撮影が自由ということもあり、地元民や観光客からの評判も良い美術館の一つとされています。

image by iStockphoto








image by iStockphoto

ミネアポリス美術館には3000点以上にもわたる浮世絵が所蔵されています。
そのコレクションは初期の墨摺絵から錦絵の揺籃期そして最盛期と浮世絵の歴史を網羅するとともに、ジャンルも美人画・役者絵・名所絵・花鳥画・歴史絵・物語絵などほぼ全てをカバーし多様性に富んでいます。
また特筆すべきはその保存状態の良さにあります。
本書ではコレクションの内から選りすぐりの名品300点を収録しています。
鮮やかなカラー図版と詳細な作品解説を通じて浮世絵版画の魅力をご堪能いただくとともに研究に寄与することを望んでいます。
藝華書院より

ミネアポリス美術館の住所・アクセスや営業時間など

名称 ミネアポリス美術館
住所 2400 3rd Ave S, Minneapolis, MN 55404 アメリカ合衆国
営業時間・開場時間 Monday-Closed  Tuesday-10 a.m. ? 5 p.m.  Wednesday-10 a.m. ? 5 p.m.  Thursday-10 a.m. ? 9 p.m.  Friday-10 a.m. ? 9 p.m.  Saturday-10 a.m. ? 5 p.m.  Sunday-11 a.m. ? 5 p.m.
利用料金や入場料 イベント・施設による
参考サイト http://new.artsmia.org/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ミネアポリス美術館のスポットページ

建物自体が名作品「ワイズマン美術館」

建物自体が名作品「ワイズマン美術館」

image by iStockphoto

複雑な図形がいくつも交わるこの建物は、ミネソタ大学内のミシシッピ川沿いに建つ「ワイズマン美術館」。
もとは1934年に建設された美術館で、現在の個性的外観は1993 年に建築家フランク・ゲイリーが設計したもの。
おすすめの来館時間はは夜明けや日没の時間帯で、変化する空の様子がスチールに映し出される光景は幻想的。
館内には現代美術品から先住民族が残したセラミック(陶磁器)など約1 万 7000 点のコレクションが揃っており、幅広い時代の作品を無料鑑賞できます。

image by iStockphoto

次のページでは『緑と彫刻の楽園「ミネアポリス彫刻庭園」』を掲載!
次のページを読む >>
Junya Higashi

Writer:

これまで旅行に行った土地は鹿児島・霧島や韓国・ソウルなど。世界の土地や風習のことなど、自分の知らない世界を調べて見るのが好きです。旅行経験やライター活動で得た知識が、これから旅行を楽しむ人の役に立てば大変嬉しく思います。どうぞよろしくお願いいたします!

この記事のカテゴリ

アメリカ
北米
文化

関連記事を見る

アメリカの記事を見る

ニューヨーク土産ならこれ!NY常連が薦める決定版お土産51選
知っているようで知らない、「自由の女神像」の歴史
砂漠の中の街「ラスベガス」が世界一の歓楽都市になった理由
スケール桁違い!アメリカの歴史建造物について調べてみました
サンフランシスコの観光で行きたい!「歴史的」観光スポット11選
地上最大級の火山の上にある『イエローストーン国立公園』の歴史を探ってみよう
今なお続く悲劇と惨劇――〈アメリカ先住民政策〉の歴史
アフリカ系アメリカ人選手が活躍した野球リーグ「ニグロリーグ」の歴史とは?
黒人メジャーリーガーの歴史を変えた男「ジャッキー・ロビンソン」とはどのような人物?
野球の世界最高峰・MLBが歩んできた歴史とは? 大きな出来事から現在まで
白熱のバトルが展開される「自動車レース」が歩んできた歴史とは?
【パナマの歴史】運河に翻弄されながら繁栄を遂げた熱き国の物語