ニューヨーク・ミッドタウン「5番街」の魅力

ニューヨークの「5番街」と聞くと高級ブランドが立ち並ぶ世界有数のショッピング通りという印象が強いのでは。実はエリアによっても季節によっても様々な魅力が共存する通り「5番街」。そんな「5番街」の見どころをご紹介します。

ニューヨークの中心「5番街」とは

ニューヨークの中心「5番街」とは

image by iStockphoto / 91174523

ワシントンスクエア公園からハーレム地区142丁目までの約12kmに及び、ニューヨーク・マンハッタンの中心を南北に走る通りが「5番街」です。
12kmの間には、グリニッジ・ヴィレッジ、チェルシー、ミッドタウン、アッパーイーストサイド、ハーレムなど、同じ5番街でも地域によって全く雰囲気が異なります。

image by iStockphoto / 93039227

かつては住宅街であった「5番街」ですが、1862年に当時、ホテル業で成功していた資産家のキャロライン・アスターが34丁目、現在のエンパイア・ステートビルの辺りに移住したことが現在の高級店が立ち並ぶ通りへと変わっていく起源と言われています。
その後、5番街沿いにアストリア・ホテル、彼女の甥によりウォルドルフ=アストリアが建設されたことにより、商業地区として開発・発展し、現在の「5番街」へと生まれ変わりました。

番街の住所・アクセスや営業時間など

名称 番街
名称(英語) Fifth Avenue
住所 アメリカ,ニューヨーク州ニューヨーク市マンハッタン
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://visit5thavenue.com
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

番街のスポットページ

高級ブランドが立ち並ぶショッピングの中心「34丁目-60丁目」

高級ブランドが立ち並ぶショッピングの中心「34丁目-60丁目」

image by iStockphoto / 52761958

「5番街」といえば高級ブランド。
想像通りの華やかなエリアが“34丁目-60丁目”。
パリのシャンゼリゼ通りやロンドンのオックスフォード通り、ミラノのモンテナポレオーネ通りと共に、世界最高級とされる通りの1つです。
1990年代半ばからは「世界一高価な通り」として賃貸価格は世界トップクラス、高級ブランドにとってここで店舗を構えることが1つのステータスとなっています。
57丁目の交差点には映画『ティファニーで朝食を』の舞台となった憧れのティファニー本店。
南に進んでいくと、ルイヴィトン、カルティエ、グッチ、バーバリー、ディオール、フェラガモ、シャネル、ブルガリ、エミリオ・プッチ、フェンディ、エルメス、ハリー・ウィンストン…名前を見ているだけで心躍ってくる高級ブランドのお店が立ち並んでいます。
歩くだけで趣向を凝らしたショーウィンドウに心ときめきます。

建物自体をラッピングするようなクリスマス時期の豪華なイルミネーションも有名。
クリスマス時期の5番街はまさに夢のようにキラキラ輝き、1年で最も美しい季節。
クリスマスに5番街を訪れれば、このイルミネーションを見に世界中から観光客が集まる理由が分かるはず。








ティファニー本店の住所・アクセスや営業時間など

名称 ティファニー本店
名称(英語) tiffany
住所 Fifth Avenue and 57th Street New York, NY 10022 212 755 8000
営業時間・開場時間 月曜-土曜: 10:00-19:00 日曜: 12:00-18:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.tiffany.co.jp/Locations/FlagshipStore/NewYork.aspx
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ティファニー本店のスポットページ

ニューヨークらしい雰囲気あふれる高級デパート「49丁目-58丁目」

ニューヨークらしい雰囲気あふれる高級デパート「49丁目-58丁目」

image by iStockphoto / 54224314

5番街には高級ブランドの路面店だけでなく、ニューヨークセレブ御用達の高級デパートも3つあります。
1つ目は、49・50丁目の間に1924年にオープンした、ニューヨークを代表する老舗高級デパート「サックス・フィフス・アベニュー本店」。
サックスと言えばニューヨーク最大級の広さを誇るシューズフロア。
あまりの規模の大きさに、独自の郵便番号を取得しているというから驚きです。
2つ目は、55-56丁目の間に立つ女子好みの可愛い百貨店「ヘンリベンデル」。
ドラマ『gossip girl』でその小物が登場したことからも話題になったデパートで、可愛いアクセサリーや小物が溢れる店内は女子なら誰でもワクワクしてしまうはず。
3つ目は58丁目に立つのが超高級デパート「バーグドルフ・グッドマン」。
顧客リストには世界的セレブが名を連ね、ミシェル・オバマやヒラリー・クリントンなど大統領就任式のファーストレディのドレスも作るなど、創業115年を超える老舗高級デパートです。

デパートのような複合商業施設が日本と比べて少ないニューヨーク。
足を踏み入れただけで、なんだかセレブ気分を味わえる素敵なデパートを是非訪れてみてください。

サックス・フィフス・アベニュー本店の住所・アクセスや営業時間など

名称 サックス・フィフス・アベニュー本店
名称(英語) Saks Fifth Avenue
住所 611 5th Avenue, New York, NY 10022
営業時間・開場時間 月-土曜日 10:00-20:30 日曜日 11:00-19:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.saksfifthavenue.com/Entry.jsp
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

サックス・フィフス・アベニュー本店のスポットページ

世界的美術館・博物館が集まる「82丁目-105丁目」

世界的美術館・博物館が集まる「82丁目-105丁目」

image by iStockphoto / 73475487

“82丁目-105丁目”には、世界3大美術館の1つであるメトロポリタン美術館や映画『メン・イン・ブラック』でも登場するカタツムリのようなユニークな外観のグッゲンハイム美術館をはじめ、ホイットニー美術館、クーパー・ヒューイット国立デザイン博物館など、わずか1マイルの間に9つの美術館・博物館が集まっていることから「ミュージアム・マイル」と呼ばれています。

image by iStockphoto / 93611861

さらに嬉しいことに、美術館・博物館の利用促進のため、毎年6月第2火曜日の午後6-9時に“ミュージアム・マイル・フェスティバル”が開催され、なんと9館全ての入館料が無料になります。
訪問の時期が合えば、是非利用したい贅沢なイベントです。

時間が許せば、じっくり時間を掛けて巡りたい充実の美術館・博物館たち。
高級住宅街のアッパーイーストサイドを散歩がてら、優雅に美術館をはしごするのもニューヨークらしい楽しみ方です。

次のページでは『ニューヨークと言えばここ!という誰もが知っている有名ビルが集まる「23丁目-57丁目」』を掲載!
次のページを読む >>

関連記事を見る

アメリカの記事を見る

ニューヨーク土産ならこれ!NY常連が薦める決定版お土産51選
知っているようで知らない、「自由の女神像」の歴史
砂漠の中の街「ラスベガス」が世界一の歓楽都市になった理由
スケール桁違い!アメリカの歴史建造物について調べてみました
サンフランシスコの観光で行きたい!「歴史的」観光スポット11選
地上最大級の火山の上にある『イエローストーン国立公園』の歴史を探ってみよう
今なお続く悲劇と惨劇――〈アメリカ先住民政策〉の歴史
アフリカ系アメリカ人選手が活躍した野球リーグ「ニグロリーグ」の歴史とは?
黒人メジャーリーガーの歴史を変えた男「ジャッキー・ロビンソン」とはどのような人物?
野球の世界最高峰・MLBが歩んできた歴史とは? 大きな出来事から現在まで
白熱のバトルが展開される「自動車レース」が歩んできた歴史とは?
【パナマの歴史】運河に翻弄されながら繁栄を遂げた熱き国の物語