世界3大美術館の1つ「メトロポリタン美術館」の見どころ

大英博物館・ルーヴル美術館と共に世界3大美術館の1つ「メトロポリタン美術館」は、300万点以上という、とても1日では見きれない膨大なコレクションを誇ります。そんなメトロポリタン美術館で絶対に外せないポイントをご紹介します。

メトロポリタン美術館へのアクセス

メトロポリタン美術館へのアクセス

image by iStockphoto / 24637686

正面玄関は5番街沿いの82丁目付近。
地下鉄の最寄駅は4・5・6線の86St駅。
最寄駅から約10分の距離がありますが、残念ながら「メトロポリタン美術館はこちら」という案内はほとんどありません。
初めて行く方は地図とにらめっこして頑張って向かいましょう。

美術館の目の前にはDowntown行きのバスが走っているので、美術館見学後、タイムズスクエアなどのあるミッドタウン方面に向かうにはバスで約10分でミッドタウンに戻る事ができます。

image by iStockphoto / 48558714

82丁目正面にある正面玄関の階段を上がると、入口で簡単な荷物チェックがあり、大きな荷物はクロークに預けるように言われます。
入口入って正面のインフォメーションには日本語パンフレットもあり、日本人の案内スタッフも常駐しているので、どこを見たらよいか分からない場合は相談すれば優しく教えてくれます。

メトロポリタン美術館の住所・アクセスや営業時間など

名称 メトロポリタン美術館
名称(英語) The Metropolitan Museum of Art
住所 1000 5th Ave, New York, NY 10028
営業時間・開場時間 10:00-17:30
利用料金や入場料 25
参考サイト http://www.metmuseum.org/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

メトロポリタン美術館のスポットページ

メトロポリタン美術館の入場料

メトロポリタン美術館の入場料

image by iStockphoto / 1629280

チケット売り場はエントランスホールの左右にあります。
入場料は大人が25ドル(Recommended)。
このRecommendedというのがポイント。
つまり希望入場料が25ドルなので、それ以下でも以上でもOKという事なんです。
チケット売り場でスタッフの方から「目安25ドルです」と言われるので払いたい金額を出せばそれでOK。
少なく出しても変な顔されたり、もう少し出すように催促されたりということは一切ないのでご安心を。
支払いは現金・カードのどちらでもOK。
カード払いの時は希望チャージ額を伝えれば、その額でチャージしてくれます。

チケットはシールになっているので、見学中は見えるところに貼って見学します。
日によってシールの色が違うので、それで今日の入館者かを識別しているとか。
入場料を払えば、さぁ見学スタートです!

メトロポリタン美術館で絶対に外せない部屋-1「European Paintings,1250-1800」

メトロポリタン美術館で絶対に外せない部屋-1「European Paintings,1250-1800」

image by iStockphoto / 90989305

300万点以上の作品を収蔵しているメトロポリタン美術館では、ポイントを絞って見学するのも大事。
絶対に外せない部屋、1つ目が正面階段を登った正面「European Paintings,1250-1800」。
フェルメール、レンブラント、ルーベンス他、13-19世紀のヨーロッパ絵画の傑作が並んでいます。

中でも見逃せないのが「少女」「水差しを持つ女」「リュートを調弦する女」「眠る女」(すべてフェルメール)、「自画像」(レンブラント)、「ヴィーナスとアドニス」(ルーベンス)。








フェルメールは生涯約30点ほどの作品しか描いていないと言われていますが、そのうちの5点をこのメトロポリタン美術館で見ることができます。
光と影の明暗を明確にする技法を得意としたレンブラントの「自画像」は、まるで生きていた瞬間そのものを切り取っているよう。
本当に見つめられているような不思議な感覚になる名作を前に、時間を忘れて立ち止まってしまうはず

メトロポリタン美術館で絶対に外せない部屋-2「19th-and Early 20th-Century European Paintings and Sculpture」

メトロポリタン美術館で絶対に外せない部屋-2「19th-and Early 20th-Century European Paintings and Sculpture」

image by iStockphoto / 60909100

絶対に外せない部屋2つ目が、2階の左奥「19th-and Early 20th-Century European Paintings and Sculpture」。
モネ、マネ、ドガ、ゴーギャン、ルノワール、ゴッホなど、19-20世紀の名作が揃っています。
中でも見逃せないのが「積みわら」「ルーアン大聖堂」「水連」(すべてモネ)、「ボート遊び」(マネ)、「自画像」「糸杉」(共にゴッホ)、「シャルパンティエ夫人とその子供たち」(ルノワール)、「The Little Fourteen-Year-Old Dancer」(ドガ)、「イア・オラナ・マリア」(ゴーギャン)…芸術に詳しくない方でも一度は見たことがある世界的名作が集まっています。

image by iStockphoto / 46415780

作品正面の椅子に座り、時間を気にせず、周りを気にせず、その作品を独り占め!なんていう贅沢な時間を過ごせるのも、このメトロポリタン美術館の醍醐味。
フラッシュをたかなければ基本的に写真撮影も可能なので、心行くまで堪能してください。
次のページでは『メトロポリタン美術館で是非足を運んでいただきたい部屋(2階/1階)-3「Asian Arts」&4「Modern and Contemporary Art」』を掲載!
次のページを読む >>

関連記事を見る

アメリカの記事を見る

ニューヨーク土産ならこれ!NY常連が薦める決定版お土産51選
知っているようで知らない、「自由の女神像」の歴史
砂漠の中の街「ラスベガス」が世界一の歓楽都市になった理由
スケール桁違い!アメリカの歴史建造物について調べてみました
サンフランシスコの観光で行きたい!「歴史的」観光スポット11選
地上最大級の火山の上にある『イエローストーン国立公園』の歴史を探ってみよう
今なお続く悲劇と惨劇――〈アメリカ先住民政策〉の歴史
アフリカ系アメリカ人選手が活躍した野球リーグ「ニグロリーグ」の歴史とは?
黒人メジャーリーガーの歴史を変えた男「ジャッキー・ロビンソン」とはどのような人物?
野球の世界最高峰・MLBが歩んできた歴史とは? 大きな出来事から現在まで
白熱のバトルが展開される「自動車レース」が歩んできた歴史とは?
【パナマの歴史】運河に翻弄されながら繁栄を遂げた熱き国の物語