出発地点は?時間は?ボストン「フリーダムトレイル」でアメリカ独立の歴史を巡りましょう!

「フリーダムトレイル」とは、ボストン市内に約4kmに渡ってひかれた赤い線のこと。この線に沿って歩くだけで、アメリカ独立の歴史に関するボストンの主要な史跡16か所を巡る事ができます。アメリカ独立の歴史を知る上で絶対に外せない見所をご紹介します。

アメリカ最古の公園「ボストンコモン」

アメリカ最古の公園「ボストンコモン」

image by iStockphoto / 19950106

フリーダムトレイルの出発点が、ダウンタウンの真ん中に位置するアメリカ最古の公園「ボストンコモン」。
48エーカーにも及ぶ園内は、南北戦争にまつわる記念碑やセントラル墓地の他、冬にはアイススケートリンク、夏には子供たちが水浴びをするフロッグポイントなど、緑溢れる都会のオアシスとしてボストン市民に愛されています。

ボストンコモンの住所・アクセスや営業時間など

名称 ボストンコモン
名称(英語) Boston Common Park
住所 Boston Common, Tremont Street, Boston, MA, United States
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://www.boston.gov/parks/boston-common
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ボストンコモンのスポットページ

黄金のドームが目印の「マサチューセッツ州会議事堂」

黄金のドームが目印の「マサチューセッツ州会議事堂」

image by iStockphoto / 89513351

金色のドームが輝くボストンのシンボル「マサチューセッツ州会議事堂」。
1798年に完成し、その後何度も増改築がなされました。
建物入口には、ボストンが生んだカリスマ大統領ジョン・F・ケネディの銅像が立ち、写真スポットにもなっています。
高級住宅街ビーコンヒルの頂上に立っているので、美しいレンガ造りの街並みをのんびり散策してみるのもお勧めです。

マサチューセッツ州会議事堂の住所・アクセスや営業時間など

名称 マサチューセッツ州会議事堂
名称(英語) Massachusetts State House
住所 24 Beacon St, Boston, MA
営業時間・開場時間 8:00 – 18:00(ガイドツアー10:00 – 15:30), 土日休
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://malegislature.gov/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

マサチューセッツ州会議事堂のスポットページ

美しくクラシカルな教会「パークストリート教会」

美しくクラシカルな教会「パークストリート教会」

image by iStockphoto / 105034365

ボストンコモンの向かいに立つ、白い8角形の塔を持つ教会が「パークストリート教会」です。
1809年に完成、1812年の米英戦争時には火薬庫として使われていました。
1829年の独立記念日には教会の前で、ウィリアム・ロイド・ギャリソンによりアメリカで初の奴隷制度反対演説が行われた場所としても有名。
見学は無料なので、クラシカルな教会で一休憩してみては。

パークストリート教会の住所・アクセスや営業時間など

名称 パークストリート教会
名称(英語) Park Street Church
住所 1 Park St, Boston, MA 02108
営業時間・開場時間 旅行者の見学は6月中旬から8月の 9:00 – 16:00(火-土)のみ
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.parkstreet.org/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

パークストリート教会のスポットページ

独立戦争の英雄たちが眠る「グラナリー墓地」

独立戦争の英雄たちが眠る「グラナリー墓地」

image by iStockphoto / 105034413

パークストリート教会に隣接するのが「グラナリー墓地」です。
ボストン茶会事件のきっかけを作ったサミュエル・アダムスやレキシントンの戦いで有名なポール・リビア、独立宣言に署名しコモンウェルスの初代知事となったジョン・ハンコック…独立戦争の英雄やアメリカ建国に携わったボストンの名士が眠るグラナリー墓地は、建国の歴史を知る上で是非訪れたい場所です。








グラナリー墓地の住所・アクセスや営業時間など

名称 グラナリー墓地
名称(英語) Granary Burying Ground
住所 Tremont St, Boston, MA 02108
営業時間・開場時間 9:00 – 17:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.cityofboston.gov/parks/hbgi/Granary.asp
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

グラナリー墓地のスポットページ

アメリカ独立を目指し、多くの議論がなされた場所「オールドサウス集会場」

アメリカ独立を目指し、多くの議論がなされた場所「オールドサウス集会場」

image by iStockphoto / 57987130

1729年にピューリタンの礼拝堂として建てられた、旧マサチューセッツ州会議事堂に次いでボストンで2番目に古い建物が「オールドサウス集会場」です。
植民地時代には市民が集まり、アメリカ独立に関する議論が交わされた場所。
1773年12月16日の集会では、その後ボストン茶会事件へと発展していったことでも有名です。
現在はアメリカ独立に関する資料が展示されているので、是非立ち寄ってみては。

オールドサウス集会場の住所・アクセスや営業時間など

名称 オールドサウス集会場
名称(英語) Old South Meeting House
住所 310 Washington St, Boston, MA 02108
営業時間・開場時間 9:30 – 17:00(4月-10月), 10:00 – 16:00(11月-3月)
利用料金や入場料 6ドル, シニア・学生5ドル, 子供1ドル
参考サイト http://www.oldsouthmeetinghouse.org/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

オールドサウス集会場のスポットページ

アメリカ独立宣言が読み上げられた「旧マサチューセッツ州会議事堂」

アメリカ独立宣言が読み上げられた「旧マサチューセッツ州会議事堂」

image by iStockphoto / 25958866

1713年に建てられたボストン最古の歴史公共建造物が「旧マサチューセッツ州会議事堂」です。
1776年には2階の小さな白いバルコニーでアメリカ独立宣言が読み上げられるなど、アメリカ独立の歴史の中で非常に重要な場所です。
近代的な高層ビル群の合間に立つ、古いながらも風格のある赤レンガの建物からは、ボストンの歴史・アメリカの歴史を感じられるはずです。

旧マサチューセッツ州会議事堂の住所・アクセスや営業時間など

名称 旧マサチューセッツ州会議事堂
名称(英語) Old State House
住所 206 Washington St, Boston, MA 02109
営業時間・開場時間 9:00 – 17:00
利用料金や入場料 10ドル, シニア・学生8.5ドル, 18歳以下無料
参考サイト http://www.bostonhistory.org/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

旧マサチューセッツ州会議事堂のスポットページ

1日中多くの人で賑わう「クインシーマーケット」

1日中多くの人で賑わう「クインシーマーケット」

image by iStockphoto / 64570073

ボストンの名市長ジョサイア・クインシーにちなんで名づけられた「クインシーマーケット」。
3つの建物から構成され、絶品のロブスターサンドやボストン名物のクラムチャウダーなどのファストフードを売っている「クインシーマーケット」が中央。
左右には、ボストン土産やアクセサリー、洋服や雑貨など多種多様なショップが集まる「ノースマーケット」と「サウスマーケット」が並んでいます。
1日中多くの人で賑わう広場は、散策するだけでワクワクしてしまうはず。
次のページでは『“真夜中の疾駆”で有名なボストン最古の教会「オールドノースチャーチ」』を掲載!
次のページを読む >>

関連記事を見る

アメリカの記事を見る

ニューヨーク土産ならこれ!NY常連が薦める決定版お土産51選
知っているようで知らない、「自由の女神像」の歴史
砂漠の中の街「ラスベガス」が世界一の歓楽都市になった理由
スケール桁違い!アメリカの歴史建造物について調べてみました
サンフランシスコの観光で行きたい!「歴史的」観光スポット11選
地上最大級の火山の上にある『イエローストーン国立公園』の歴史を探ってみよう
今なお続く悲劇と惨劇――〈アメリカ先住民政策〉の歴史
アフリカ系アメリカ人選手が活躍した野球リーグ「ニグロリーグ」の歴史とは?
黒人メジャーリーガーの歴史を変えた男「ジャッキー・ロビンソン」とはどのような人物?
野球の世界最高峰・MLBが歩んできた歴史とは? 大きな出来事から現在まで
白熱のバトルが展開される「自動車レース」が歩んできた歴史とは?
【パナマの歴史】運河に翻弄されながら繁栄を遂げた熱き国の物語