映画のロケ地でおなじみニューヨーク「クライスラー・ビル」を観光しよう!

ニューヨークの摩天楼は、歩いているだけで圧倒される迫力があります。そしてその数の多さだけでなく、見ているだけで美しい様々な建築様式で建てられた建物は、アメリカの繁栄の歴史も見せつけてくれます。今回はここニューヨークにある華やかなビルの中でもひときわ輝く、クライスラービルをご紹介します。写真や数々の映画にも登場している、ニューヨークで最も印象的なビルの魅力をチェックしてみましょう。

ニューヨークの景色全体から見てもひときわ輝きを放つビル

ニューヨークの景色全体から見てもひときわ輝きを放つビル

image by iStockphoto

ニューヨークの摩天楼の景色に欠かせないのが、クライスラービルではないでしょうか?そのアール・デコの代表的建築物というのはもちろんのこと、美しさも際立っていて、通りを歩く誰もが見上げて見入ってしまうでしょう。
ここに住んでいるニューヨーカたちにとってもおなじことがいえるのではないでしょうか。
見つけたらまず写真を撮りたくなるビル、それがクライスラービルなのです。

行き方としては、地下鉄 4/5/6/7/S 線 で、グランドセントラル駅で下車します。
42丁目を進んで、レキシントンアベニューの角になります。
徒歩約2分ですが、駅を降りたらすぐにわかるはず。
マンハッタンを歩いてお散歩しながらでもいいですね。
近づいてくるとドキドキワクワクしてきますよ。

クライスラー・ビルディングの住所・アクセスや営業時間など

名称 クライスラー・ビルディング
名称(英語) Chrysler Building
住所 405 Lexington Ave, New York, NY 10174
営業時間・開場時間 8:00 – 18:00, 土日休
利用料金や入場料 無料(1階ロビー)
参考サイト http://www.tishmanspeyer.com/properties/chrysler-center
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

クライスラー・ビルディングのスポットページ

世界一の計画を持って作られたビル

世界一の計画を持って作られたビル

image by iStockphoto

このビルが建てられた1930年代は、ニューヨークの中で高層ビルラッシュでもあり、たくさんのビルが高さを競い合っていました。
クライスラービルもその一つで、世界一高いビル、を目標に建設が着工したのが1928年。
建設途中に、ライバルビルがここより高くなるというニュースを聞き予定を変更。
ビルの上に立っている、尖塔の高さを従来の計画より高くして、1930年に世界一高いビルとして竣工しました。
ところが翌年には、エンパイアステイトビルに世界一の座を奪われてしましました。
エンパイアビルとは何かと比べられているクライスラービルですが、どちらもニューヨークを代表するビルですね。

このビルがいつも光り輝いている理由

このビルがいつも光り輝いている理由

image by iStockphoto

クライスラービルはその名の通り、自動車メーカークライスラーのビルとして建てられた、アール・デコの建築様式の傑作と言われています。
てっぺんの尖塔はステンレス製で、太陽の光を浴びると、キラキラとひときわ輝き、その眩しさは一層このビルの美しさを引き立ててくれます。
朝日や夕日に照らされた姿は息を呑む優美さです。

1050年代に、所有者は変わってしましましたが、名前はそのまま、そして輝きもそのまま残り現在に至っています。

施された装飾にも注目しましょう

施された装飾にも注目しましょう

image by iStockphoto

外見の装飾にも、ビルの主張が感じられます。
この鷲のモチーフは、クライスラーの車のボンネットでおなじみ。
車メーカーらしい作りが所々に垣間見れ、こういった発見も楽しいのではないでしょうか。
エントランスもアール・デコの独特な幾何学模様の装飾で、目を楽しませてくれます。
そして中に入るとがらっと雰囲気は変わって、一面眩しいばかりの金色の世界です。
外側は銀、中は金という感じですね。

このビルは商業ビルなので、展望台はなく、入れるのも入り口のロビーまで、平日6:00までで、週末ははいれません。








遠くからでもその存在感は絶大

遠くからでもその存在感は絶大

image by iStockphoto

このビルは2007年にアメリカを代表する人気建築物で第9位に選ばれました。
ちなみに1位はエンパイアステートビルディング。
どちらも注目のビルであることは間違い無いようですね。
実際に見て、美しさをぜひ確認してほしいと思います。

夜景も圧倒的な美しさ

夜景も圧倒的な美しさ

image by iStockphoto

エンンパイアステイトビルディングのような色の派手な装飾のライトはありませんが、シンプルゆえの美しさがあるのが、クライスラービルでしょう。
上の三角窓から放ってくる明かりがとても素敵ですね。
ビルの特徴をとてもよく表現していると思います。
中には入れない分、外から、そして色々な角度からこのビルを眺めて見ましょう。
エンパイアステートビルディングの展望台からもちろん見ることもできます。

数々の映画にも登場している、ランドマーク的存在のクライスラービル

数々の映画にも登場している、ランドマーク的存在のクライスラービル

image by iStockphoto

現在は一般の人は入れませんが、オープンしてから1945年までは71階はパブリックビューイングになっていたそうです。
トップの丸みを帯びた部分は、もともとビルの美しさを表現するためにデザインされたもので、実際中は狭くなっているとのこと。
あくまでも美しくとして高いビルをコンセプトに作られたビルなのです。

2005年にはニューヨークのスカイスクレーパー美術館が建築家、建築評論家などの建築関係者に聞いたアンケートで、クライスラービルが1位に選ばれました。
関係者にも人気のあるビルというのが伺えます。

次のページでは『美しい 2ショット』を掲載!
次のページを読む >>

Writer:

宮城県仙台市在住。生まれ育った仙台、宮城のおすすめ観光スポット、グルメなど、見たら行って見たくなるような、進化し続ける仙台の魅力をご紹介いたします。そして、ニューヨークはアメリカの文化、ファッション、アート、ライフスタイルなどに興味がある私にとって昔から憧れの街。トロント在住中や今でも何度も訪れ、刺激を受けています。そんなニューヨークの奥深く素敵なスポットもたくさん紹介いたします。

この記事のカテゴリ

アメリカ
北米
建築
歴史
絶景

関連記事を見る

アメリカの記事を見る

ニューヨーク土産ならこれ!NY常連が薦める決定版お土産51選
知っているようで知らない、「自由の女神像」の歴史
砂漠の中の街「ラスベガス」が世界一の歓楽都市になった理由
スケール桁違い!アメリカの歴史建造物について調べてみました
サンフランシスコの観光で行きたい!「歴史的」観光スポット11選
地上最大級の火山の上にある『イエローストーン国立公園』の歴史を探ってみよう
今なお続く悲劇と惨劇――〈アメリカ先住民政策〉の歴史
アフリカ系アメリカ人選手が活躍した野球リーグ「ニグロリーグ」の歴史とは?
黒人メジャーリーガーの歴史を変えた男「ジャッキー・ロビンソン」とはどのような人物?
野球の世界最高峰・MLBが歩んできた歴史とは? 大きな出来事から現在まで
白熱のバトルが展開される「自動車レース」が歩んできた歴史とは?
【パナマの歴史】運河に翻弄されながら繁栄を遂げた熱き国の物語