ニューヨーク南端にある「バッテリーパーク」が居心地良すぎる!見どころやおすすめレストランは?

ニューヨーク、マンハッタンの南端にあるのがバッテリーパーク。美しく整備された遊歩道は大きく、景色もすばらいいことから、お散歩コースにも最適です。またここのポートからは、自由の女神のある、リバティーアイランドなどへのフェリーも出ているため、いつもそれに乗る人で、溢れています。ニューヨークの歴史にも欠かせないこのバッテリーパークについてご紹介します。

最南端、バッテリパークへ行ってみましょう

最南端、バッテリパークへ行ってみましょう

image by iStockphoto

マンハッタンの最南端まで行ってみましょう。
そこには都会でありながらも落ち着いた雰囲気が感じられます。
すぐ隣の南西にあるのが、バッテリーパークシティ。
ロウアー・マンハッタンのあたりは、トライベッカなどと隣接したエリアで、ここは1979年にかつてのワールド・トレード・センターの建設の際に出た土砂を用いて作られた埋立地で、超高層ビルや住宅街が並ぶ美しいエリア。
ハドソン川に面しているので、遠く向かえにはニュージャージーも見え、絶景も楽しめるのです。

ここへは、地下鉄1,2,3線のチェンバーズストリート駅下車。
駅を出てからチェンバーズ・トリートを西に向かって歩いていくとバッテリーパークシティエリアの入り口につきあたります。
歩いて約5分になります。

上空から見るとこんな感じ

上空から見るとこんな感じ

image by iStockphoto

ハドソン川沿いに位置しているこの公園は、広さは10ヘクタールで、海辺からは自由の女神像も見えます。
見えただけで感激してしまうシーンになるはず。
この、バッテリーとは「砲台」という意味で、1812年にアメリカとイギリスの戦争の際、砦として備えるためにここに人工の島を作ったことからきています。
バッテリーとはそういう由来だったのですね。

清々しい眺めを堪能できるバッテリーパーク

清々しい眺めを堪能できるバッテリーパーク

image by iStockphoto

眺めが美しいことは言うまでもなく、お散歩には最適の遊歩道があり、ウオーキングーやジョギングをする人もたくさんいます。
ニューヨークの歴史を語る上でなくてはならない公園、バッテリーパークは観光で訪れる人ももちろんたくさん。
自由の女神があるリバティーアイランドへは、ここからフェリーで向かいます。
そのフェリーを待つ人たちで、特に夏などのハイシーズンはいっぱいです。
この辺りには屋台や、大道芸人がパフォーマンスしていたりして、フェリーの待ち時間に眺める人も大勢います。

自由の女神内部への入管は、現在毎日人数制限があるので、あらかじめチケットを予約する必要がありますが、中に入らなければ近くまで行って見ることはできます。
もちろんフェリーはいつでもチケットを購入できます。

夕暮れのバッテリーパークの絶景

夕暮れのバッテリーパークの絶景

image by iStockphoto

ここはニューヨークの中でも、素晴らしい夕暮れが見える場所としても人気。
日が暮れる頃になるとたくさんの人が訪れ写真を撮ったり、美しい眺めを楽しんでいます。
遠くに見える自由の女神が一層輝いて見える、ここにきたからこそ見える素晴らしい眺めを満喫できます。






モニュメントが点在するバッテリーパーク

モニュメントが点在するバッテリーパーク

image by iStockphoto

そしてここバッテリーパークは、たくさんのモニュメントが所々に点在しているので、それもチェックしながら歩くとお散歩もより楽しくなるかも。
これは、キャッスル・クリントン・ナショナルモニュメントで、現在はフェリーのチケット売り場になっていますが、元々は城塞、そして移民の入国管理もはじめはここで行われていたとのこと。
のちにエリス島で行われるようになりました。
レンガ作りの建物が歴史を感じます。

ワールドトレードセンターのプラザにあった彫刻「The Sphere」もここに設置されています

ワールドトレードセンターのプラザにあった彫刻「The Sphere」もここに設置されています

image by iStockphoto

キャッスルクリントンのすぐ近くにこのモニュメント、The Sphereがあります。
球体のこの彫刻は、ドイツ人の彫刻家の作品で、世界平和の願いを込められて作られたもの。
元はワールドトレードセンターにあったこの彫刻は、あの大惨事をくぐり抜け、現在はここバッテリーパークに移動されました。
ちょうどワールドトレードセンター跡地を望めるところに佇んでいます。
そして今はモニュメントとしてここに存在しています。

大迫力のイーグルの銅像

大迫力のイーグルの銅像

image by iStockphoto

この銅像は、第二次世界大戦で亡くなった兵士のメモリアルをして作られたものです。
どっしりとしていて、とても迫力のある銅像。
実際見て見るとより感じられると思います。
次のページでは『エイズ被害者の像のモニュメント』を掲載!
次のページを読む >>