ニューヨーク「グリニッジ・ヴィレッジ」でゆっくり散策。見たい、食べたい現地の文化

ニューヨークには、おしゃれなスポットがたくさんあり、旅行客だけでなく地元の人も憧れる街がたくさんあります。グリニッチ・ビレッジもその一つ。ニューヨーク市内でも1,2を争うスタイリッシュなエリアです。5番外の南側に位置していて、ここには有名なワシントンスクエア公園、ニューヨーク大学など、おしゃれな街並みにぴったりな、お店、ギャラリーと、芸術家もたくさん集まる街でもあります。町歩きには最適なグリニッチ・ビレッジをご紹介します。

歴史的建造物がたくさんのグリニッチ・ビレッジへ行ってみましょう

歴史的建造物がたくさんのグリニッチ・ビレッジへ行ってみましょう

image by iStockphoto

マンハッタンのミッドタウンやアップタウンといえば、碁盤の目状に広がったの街のつくりが有名。
それとは異なり、小さく細かいストリートからできているのがグリニッチ・ビレッジ。
それはここの長い歴史に通じるものがあり、19世紀以降都市計画が始まる前から形成されていたためで、現在でもその建物や通りは大切に残されていて、ニューヨークの歴史を伝えてくれています。
レンガ作りの家並み、街並みは風情があって大変美しいです。

やがて、20世紀に入ると多くのアーティストたちに愛されるようになりここに住み始めるようになります。
そして芸術文化がここから広がって行ったのです。
地下鉄9丁目駅で降りればちょうどビレッジの角に着くのでそこからお散歩してみるといいかも。

グリニッチ・ビレッジの住所・アクセスや営業時間など

名称 グリニッチ・ビレッジ
名称(英語) Greenwich Village
住所 Greenwich Village, New York, NY, United States
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.nyctourist.com/map_gvillage.htm
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

グリニッチ・ビレッジのスポットページ

つたの絡まる美しい光景

つたの絡まる美しい光景

image by iStockphoto

曲がりくねった道が伸びているのが、ここグローブストリート。
絡まるつたが趣を出していてとても美しいです。
この辺りはこのようなレンガ作りの建物が並んでいて、静けさを感じさせるような落ち着いた雰囲気。

グローブ・ストリートの住所・アクセスや営業時間など

名称 グローブ・ストリート
名称(英語) Grove Street
住所 Grove St New York, NY 10014
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://newyork.navi.com/special/5039930
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

グローブ・ストリートのスポットページ

お城のような建物の図書館

お城のような建物の図書館

image by iStockphoto

見た目は、教会?お城?と思ってしまうその建物は公立図書館、ジェファーソンマーケット図書館と言います。
グリニッチ・ビレッジの、歴史のある建物群によく合う趣のある建物。
窓の部分には美しいステンドグラスがあり、その装飾も感動的に美しい博物館のような建物。
元々は裁判所だったというこの建物は、取り壊される予定になっていたのですが、地元住民の反対により、図書館として生まれ変わり、現在に至っています。
そして今は歴史的建造物に選ばれる図書館となりました。

ジェファーソンマーケット図書館の住所・アクセスや営業時間など

名称 ジェファーソンマーケット図書館
名称(英語) Jefferson Market Library
住所 425 6th Ave, New York, NY 10011
営業時間・開場時間 月-木10:00 – 20:00, 金土10:00 – 17:00, 日13:00 – 17:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://www.nypl.org/about/locations/jefferson-market
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ジェファーソンマーケット図書館のスポットページ

絵になる光景がいっぱい

絵になる光景がいっぱい

image by iStockphoto

ニューヨークには映画に登場する場所がたくさんありますが、ここグリニッチ・ビレッジもその一つ。
このような美しい作りの階段がある玄関をよく見かけます。
街の雰囲気とこの街並みはとてもマッチしていて、歩いているとたくさん写真を撮りたくなってきますよ。
たくさんの芸術家が好んだというのも納得。








おなじみの、マグノリアベーカリー

おなじみの、マグノリアベーカリー

image by iStockphoto

カップケーキでおなじみの、マグノリアベーカリー。
本店がここウエストビレッジ店で、いつもたくさんの人で賑わっています。
ここはアメリカの人気ドラマで紹介されていたことから人気に火がつき、今もなお人々に愛されているお店なのです。

ここのカップケーキは色とりどりの、可愛らしくデコレーションされたふわふわ感のあるもので、季節やイベントによって様々な味を楽しめるので、何度でも行ってみたくなるお店。
ここへ来たらぜひよって、カップケーキをほおばってみては?

マグノリアベーカリーの住所・アクセスや営業時間など

名称 マグノリアベーカリー
名称(英語) Magnolia Bakery Bleecker Street
住所 401 Bleecker St, New York, NY 10014
営業時間・開場時間 9:30 – 23:00, 金土9:30 – 24:00
利用料金や入場料 カップケーキ 3.5ドル-
参考サイト http://www.magnoliabakery.com/locations/bleecker-street/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

マグノリアベーカリーのスポットページ

曲がりくねった道並み

曲がりくねった道並み

image by iStockphoto

ちょっとカーブした道もここならでは。
日本では普通ですが、碁盤の目のように並んでいるマンハッタンではちょっと珍しいかも。
歴史の深さを感じさせますね。

ニューヨークカルチャーをクリストファーストリートで感じる

ニューヨークカルチャーをクリストファーストリートで感じる

image by iStockphoto

グリニッチ・ビレッジを訪れたら、歴史の中で欠かせないのが、クリストファー通り。
ここはニューヨークのゲイやレズビアン文化の中心であるストリートとなっています。
この辺りにはたくさんの、ゲイコミュニティーを表すレインボーフラッグが掲げられた、バーやレストランがたくさんあります。
ここでこそ、ニューヨークカルチャー体験ができるかも。
オフ・ブロードウェイの老舗の劇場であるもこの通り。
まさに芸術文化の中心となってきたグリニッチ・ビレッジを物語っています。
次のページでは『クリストファーパークの印象的な彫刻』を掲載!
次のページを読む >>

Writer:

宮城県仙台市在住。生まれ育った仙台、宮城のおすすめ観光スポット、グルメなど、見たら行って見たくなるような、進化し続ける仙台の魅力をご紹介いたします。そして、ニューヨークはアメリカの文化、ファッション、アート、ライフスタイルなどに興味がある私にとって昔から憧れの街。トロント在住中や今でも何度も訪れ、刺激を受けています。そんなニューヨークの奥深く素敵なスポットもたくさん紹介いたします。

この記事のカテゴリ

アメリカ
北米

関連記事を見る

アメリカの記事を見る

ニューヨーク土産ならこれ!NY常連が薦める決定版お土産51選
知っているようで知らない、「自由の女神像」の歴史
砂漠の中の街「ラスベガス」が世界一の歓楽都市になった理由
スケール桁違い!アメリカの歴史建造物について調べてみました
サンフランシスコの観光で行きたい!「歴史的」観光スポット11選
地上最大級の火山の上にある『イエローストーン国立公園』の歴史を探ってみよう
今なお続く悲劇と惨劇――〈アメリカ先住民政策〉の歴史
アフリカ系アメリカ人選手が活躍した野球リーグ「ニグロリーグ」の歴史とは?
黒人メジャーリーガーの歴史を変えた男「ジャッキー・ロビンソン」とはどのような人物?
野球の世界最高峰・MLBが歩んできた歴史とは? 大きな出来事から現在まで
白熱のバトルが展開される「自動車レース」が歩んできた歴史とは?
【パナマの歴史】運河に翻弄されながら繁栄を遂げた熱き国の物語