「ミートパッキング・ディストリクト」で楽しむニューヨーク観光。見どころは?

現在でも常に開発が進み、たくさんのホットスポットを生み出している町、ニューヨーク。動きつづけているこの大都市はいつ訪れても新しい発見があって楽しいものです。今回は今話題のスポット、ミートパッキング・ディストリクトをご紹介します。生まれ変わってスタイリッシュになったこのエリアは見所たくさん。ニューヨークに来るならここは、はずせない場所となっています。
  • style="display:inline-block;width:336px;height:280px" data-ad-client="ca-pub-1386733479651016" data-ad-slot="6199981080">

眠らない都市、ニューヨーク

眠らない都市、ニューヨーク

image by iStockphoto

皆さんはニューヨークといったらどんな景色を思い浮かべますか?たくさんの高層ビルが立ち並んでいるオフィス街、購買力を掻き立てるゴージャスな装飾が美しいショッピングエリア。
もちろんこれらもニューヨークを象徴するものですが、今話題の、発展中のエリアにも是非足を運んでみましょう。
ミートパッキング・ディストリクトはそんな新たなニューヨークの魅力を再発見するにはもってこいのエリア。

ここへは、地下鉄 L/A/C/E 14丁目と、8番街の駅を出てからハドソンストリートみ向かって歩いて行くといいでしょう。

ミートパッキング・ディストリクトの歴史

ミートパッキング・ディストリクトの歴史

image by iStockphoto

ミート・パッキング・ディストリクトという名前から、ここには昔から多くの精肉加工店が集まったエリアでした。
ロケーションがダウンタウンの西端であったり、また交通の便が悪かったため衰退した、あまり安全とは言えない地区だったミートパッキング・ディストリクト。
でもその後の開発により、スタイリッシュなお店、レストラン、ホテル、精肉工場もリノベーションされ、あっという間におしゃれなスポットに大変身を遂げたのです。
古いレンガ造りの建物はそのままに、モダンな建物が建ち並ぶ光景もなかなかおしゃれで見る価値あり。

ミート・パッキング・ディストリクトの住所・アクセスや営業時間など

名称ミート・パッキング・ディストリクト
名称(英語)Meatpacking District
住所Meatpacking District, New York, NY, United States
営業時間・開場時間24時間
利用料金や入場料無料
参考サイトhttp://www.meatpacking-district.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ミート・パッキング・ディストリクトのスポットページ

歩いていると目にはいって来るアートに注目

歩いていると目にはいって来るアートに注目

image by iStockphoto

レンガの趣があるビルが立ち並ぶエリアなどにたくさんのアート作品があります。
茶色の壁とのコンビネーションがいい味をだしていてとてもマッチしています。
近年完成したハイラインにも、たくさんのアートが展示されていて、歩きながら楽しめます。
アートの街ニューヨーク。
どこでもアートに触れることができることは刺激的。

おしゃれなショップ、レストランも

おしゃれなショップ、レストランも

image by iStockphoto

古さと新しさが混在するエリアがここ。
おしゃれなブティックや、レストラン、カフェもおすすめ。
時期によってはオープンカフェになっているので、とても雰囲気のあるこの街を眺めながらのコーヒーや食事もいいもの。
歩いていて面白そうなお店を見つけたら思いっきてのぞいてみましょう。
ショーウインドウの装飾は目を奪われるほどスタイリッシュ。


注目スポット、ハイラインもここからスタート

注目スポット、ハイラインもここからスタート

image by iStockphoto

話題の空中散歩ができる、空中公園、ハイラインが完成してからますます活気を増してきたここミートパッキング・ディストリクト。
このハイラインは高架橋を利用して作られた歩く、前長2.3キロの歩く公園です。
歩きながら程よい高さで見下ろせる景色が最高、と市民や観光客にも大人気。
歩道には綺麗に手入れされた木々、花々が散りばめられています。
歩いているだけで気分を爽快にしてくれるはず。

ハイラインの住所・アクセスや営業時間など

名称ハイライン
名称(英語)High Line
住所High Line, New York, NY, United States
営業時間・開場時間7:00 – 22:00(4-5月,10-11月), 7:00 – 23:00(6-9月), 7:00 – 19:00(12-3月)
利用料金や入場料無料
参考サイトhttp://www.thehighline.org/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ハイラインのスポットページ

アメリカンアートを満喫したいならここ

アメリカンアートを満喫したいならここ

image by iStockphoto

近年、ここミートパッキングディストリクトに移転してきたのがホイットニー美術館。
美しいモダンなビルが印象的。
ここにはたくさんのコレクションとともに、アメリカのアートの歴史を思う存分味わうことができます。
大きな展示場や、中庭には野外の展示物も。
そしてここの話題スポットはアート鑑賞だけでなく、展望台があること。
ここから眺める景色も絶景です。

ホイットニー美術館の住所・アクセスや営業時間など

名称ホイットニー美術館
名称(英語)Whitney Museum of American Art
住所99 Gansevoort St, New York, NY 10014
営業時間・開場時間10:30 – 18:00 (金土は22:00まで), 火曜休館
利用料金や入場料大人25ドル, 学生18ドル, 18歳以下無料
参考サイトhttp://whitney.org/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ホイットニー美術館のスポットページ

新スポット、ガンズボートマーケット

新スポット、ガンズボートマーケット

image by iStockphoto

レトロなレンガ造りの建物をそのまま生かしたスタイルでできたここの新しい話題スポット、ガンズボートマーケット。
マンハッタンでおなじみの有名店が出店しています。
ここを回れば食べたいものが必ず見つかるはず。
ロブスターで有名な、Ed’s Lobster、ナポリピザが人気ピザ店、Luzzo’s、そのほか、サンドイッチ、カフェなどなど。
どのお店もおしゃれで素敵にディスプレイされた食材が、ますますあなたの食欲を掻き立てること間違いなし。

demi

Writer:

宮城県仙台市在住。生まれ育った仙台、宮城のおすすめ観光スポット、グルメなど、見たら行って見たくなるような、進化し続ける仙台の魅力をご紹介いたします。そして、ニューヨークはアメリカの文化、ファッション、アート、ライフスタイルなどに興味がある私にとって昔から憧れの街。トロント在住中や今でも何度も訪れ、刺激を受けています。そんなニューヨークの奥深く素敵なスポットもたくさん紹介いたします。

この記事のカテゴリ

アメリカ
北米

アメリカの記事を見る

元在住者が伝授!ニューヨークのおすすめグルメ40選
アメリカ大学留学を成功させるために。学校選びからライフスタイルまでご紹介
ニューヨークに移住したくなったら…?費用や資金、ビザなど徹底ガイド
留学経験者が解説する「ニューヨーク留学」のすべて。費用は?おすすめ期間は?英語は学べる?
ちょっと意外!同時期に発展した自動車と映画ってどんな歴史を持っているの?
現在も実は世界恐慌の真っただ中?アメリカで起こった株暴落から始まった世界恐慌とはどんなもの?
アメリカ最古の都市「ボルティモア」にある「ベーブ・ルース博物館」で感じる野球の歴史
【アメリカ】ゴールドラッシュの成功者が起こした鉄道事業!大陸横断鉄道はこうやってはじまった
映画「ラ・ラ・ランド」のロケ地・撮影場所はここ!
アメリカ旅行なら「サンフランシスコ近代美術館」は外せない!行き方、料金や営業時間は?
【マンハッタン?ブルックリン?】ニューヨークのエリアと違い・区分と見どころを詳しく解説
いつか行ってみたいヴァージン諸島「セントトーマス島」で見たい絶景10選

関連記事を見る