【治安、犯罪、持ち物…】ニューヨーク旅行の前に知っておきたい注意事項ガイド

旅行は準備期間も楽しいものですよね。あれを持って行こうとか、現地ではここに行ってみたいなど、いろいろプランを立てているとさらにワクワク感も増して来ます。旅をさらに楽しく、そして危険な目にあったりしないように、事前に状況を知っておくことはとても大切。今回はニューヨークニューヨーク旅行での注意事項をまとめてみましたので、行く前にぜひチェックしてみて下さいね。


あって助かった!持ち物編

あって助かった!持ち物編

image by iStockphoto

旅行慣れしている方なら、出かけるときはこれを必ず持って行くというものがあると思います。
旅行前の持ち物チェックから、使い慣れているもの、持って行くと便利、もしくは持って行かなくてもいいものをご紹介いたします。

出発前の持ち物チェック。手荷物や持ち込みカバンに入れておく必要なものはこれ。

出発前の持ち物チェック。手荷物や持ち込みカバンに入れておく必要なものはこれ。

image by iStockphoto / 82622885

まずはパスポート。
以外に忘れがちなのでチェックです。
そして同じく航空券、ホテルバウチャー(予約確認書)、海外旅行保険証 、トランクのカギも。
一つのポーチなどにまとめておくといいですね。
そして現地ではカードを使うことが多くなると思うので、クレジットカードの現地サポート電話番号を念のためチェックしておいたほうがいいでしょう。
お金も両替しておくといいですね。
当日空港でもできます。
眼鏡やコンタクトの予備も。
旅行中は1日の使い捨てにしても便利かも。
そしてハンカチ、ポケットティッシュやウエットティッシュもアメリカではあまり見かけないのでもっていきましょう。
化粧品や、アクセサリーも手荷物に。
気にで入国書類に記入もあるにで、筆記用具も。
薬もなれている日本のものを。
風邪薬、鎮痛剤などは現地のものは日本人には強いと思います。
これが大体手荷物に入れておくべきもの。

意外とありますが、カテゴリー毎にポーチにまとめたり、ジップロックのような透明な入れ物も見やすく取りやすくて便利ですよ。

出発前の持ち物チェック。スーツケースにはこれをお忘れなく

そしてスーツケースに入れておくべきもの。
こちらもたくさんありますが、帰りのことを考えて、必要最小限を考慮して準備しましょう。
着替えの服は、冬になる場合は、どうしてもたくさんになってしましますが、なるべく厚めのコートやダウンを着て行くといいでしょう。
春や夏でも昼と夜の寒暖の差が激しいので、カーディガンやちょっと羽織るものがあると便利。
また、高級レストランに行く場合もあるので、男性はスーツかジャケット、ネクタイ、女性もワンピースが一枚あるといいですね。
たたみやすく、シワになりにくいニット系のものを持って行くと便利。
そして動きやすいカジュアルなシャツやニット、歩きやすいスニーカーとフォーマルでも大丈夫な靴。
どちらかを移動の時に履いていけば荷物も減ります。
それからパジャマ、スリッパもホテルにはないので忘れずに。
下着上下、靴下、ストッキング、ビニール袋はなるべくたくさんあると片付けに便利。

歯ブラシセットも使い慣れたものがあったほうがいいかも。
そして折りたたみ傘も軽くて小さいものがあればスーツケースに忍ばせておきましょう。

気温変化の激しいニューヨークは持って行く服をもう一度チェック

気温変化の激しいニューヨークは持って行く服をもう一度チェック

image by iStockphoto

春や秋は穏やかなようで、意外に朝晩の寒暖の差は激しいもの。
そして真夏でも、室内の冷房が効きすぎてものすごく寒いことがあります。
真夏の出発でもニットのカーディガンや、薄手のジャケットなどを持って行くことをお勧めします。
時にニットは折りたたみやすいですし、着ないときは腰や、肩にかけたりできるのでとても重宝しますよ。
そして真冬に行く場合。
ニューヨークの冬は極寒。
帽子、手袋は必須です。
ジャケットや丈の短いコートでは寒さから逃れられないのでご注意を。
ダウンがあると軽くていいでしょう。
ただし、折りたためるような薄手のダウンだけでは外に出られないので、そのようなものをお持ちになりたい方は、コートのインナー感覚で着たほうがいいかも。
そんな時のために、使い捨てカイロも持って行くと便利ですね。

年中乾燥対策が必要なニューヨーク

年中乾燥対策が必要なニューヨーク

image by iStockphoto

お肌に敏感な方は特に、そうでなくても、環境が変わると結構肌はすぐに反応してしまします。
特に、湿気の多い日本と違い、ニューヨークは一年を通じてかなりドライです。
そして水質のせいでしょうか、肌もとても乾燥します。
うっかりケアを忘れると、たちまちガサガサ肌に。
そのため、保湿用のハンドクリーム、全身用クリーム、または普段の夏は使わなくても、ボディーバターは忘れずに。
現地のドラッグストアで買ってもいいですね。
そして、ホテルの部屋もかなり乾燥するので、寝る前に濡れタオルを干すのも、乾燥対策になります。
マスクをつけて寝るのも、喉が弱い方には有効かも。
ただし日本と違い、海外ではマスクをつけて外出することはありません。
よほどの重病人か犯罪者か、というくらい奇妙に見えるので、外に出る時につけるのは控えましょう。

両替も前もってしておきましょう

両替も前もってしておきましょう

image by iStockphoto

両替も前もってしておいたほうが、スムーズですね。
もちろん当日空港で両替するのが便利でいいでしょう。
そのため、空港へは時間に余裕を持って行ったほうがいいですね。
両替してもらうときは、多すぎず必要最小限で。
そしてなるべく100ドル札は控えたほうがいいです。
現地で100ドル札を出すと、結構嫌がられます。
10ドル、20ドル札ぐらいを入れて両替してもらいましょう。
そして何かと便利なのが1ドル札。
ニューヨークではチップが必要なので、チップ代として一番使いがってがいい1ドル札が大活躍します。
例えばホテルのベッドメイク、荷物を運んでもらった時、タクシーを呼んでもらった時など、様々なシチュエーションで必要になります。
私はいつも1ドル札だけ小銭入れに分けて持ち歩いています。
こうするとスムーズに出せるのでお勧めです。
アメリカドル紙幣は大きさも色も同じなので、見分けづらいですよね。

使い慣れたものを持って行くのが一番

使い慣れたものを持って行くのが一番

image by iStockphoto

いつも使っているものをちょっと変えただけで、なんとなく心地が悪かったりすることはないですか?旅行の時も意外とそう感じるものがあるものです。
私が思う現地で買ってもいいけど、使い慣れたものといえば、歯ブラシ。
海外製品は結構大きくて使いづらいのです。
なので、現地で買うという方は、子供用がお勧め。
こちらの方が意外にしっくりきますよ。
そして頭痛薬や、風邪薬も、万が一必要になって現地で買うことになるよりは、持って行った方が無難です。
同じブランドのものでも効き目が強いので、体に合うものを持って行った方がいいですね。

Writer:

宮城県仙台市在住。生まれ育った仙台、宮城のおすすめ観光スポット、グルメなど、見たら行って見たくなるような、進化し続ける仙台の魅力をご紹介いたします。そして、ニューヨークはアメリカの文化、ファッション、アート、ライフスタイルなどに興味がある私にとって昔から憧れの街。トロント在住中や今でも何度も訪れ、刺激を受けています。そんなニューヨークの奥深く素敵なスポットもたくさん紹介いたします。

この記事のカテゴリ

アメリカ
北米

関連記事を見る

アメリカの記事を見る

ニューヨーク土産ならこれ!NY常連が薦める決定版お土産51選
知っているようで知らない、「自由の女神像」の歴史
砂漠の中の街「ラスベガス」が世界一の歓楽都市になった理由
スケール桁違い!アメリカの歴史建造物について調べてみました
サンフランシスコの観光で行きたい!「歴史的」観光スポット11選
地上最大級の火山の上にある『イエローストーン国立公園』の歴史を探ってみよう
今なお続く悲劇と惨劇――〈アメリカ先住民政策〉の歴史
アフリカ系アメリカ人選手が活躍した野球リーグ「ニグロリーグ」の歴史とは?
黒人メジャーリーガーの歴史を変えた男「ジャッキー・ロビンソン」とはどのような人物?
野球の世界最高峰・MLBが歩んできた歴史とは? 大きな出来事から現在まで
白熱のバトルが展開される「自動車レース」が歩んできた歴史とは?
【パナマの歴史】運河に翻弄されながら繁栄を遂げた熱き国の物語