一目見たら忘れられない祭りinシドニー。年に一度の『ビビッド・シドニー』

オーストラリアのシドニーで人気の観光地となると、ロイヤル・ボタニカル・ガーデン(王立植物園)やシドニー・タワー、スカイウォーク、ダーリングハーバーに始まり、オーストラリアを象徴するシドニー・オペラハウスに至るまで、枚挙にいとまがありません。期待を裏切らない町、それがシドニーなのです。こうした数ある魅力に加え、このニューサウスウェールズ州の首都は、毎年この時期になると、町に新たな光を当てるとも言える『ビビッド・シドニー』で光り輝きます。

世界最大の屋外「画廊」といわれるこのイベントでは、光の投影とインスタレーションを駆使して市内一帯の橋や建物が彩られ、世界各地から集まってくる歌手たちが地元住民や観光客を楽しませてくれます。こうした芸術と科学技術の魅惑的な融合の場に、才能豊かな照明芸術家やデザイナー、メーカーが集うのです。このユニークなイベントの一番いいところは、誰もが全くの無料で楽しめる点です。休暇の計画を決めるつもりなら、この光のイベントを一つ候補に加えてみては?

光と音の祭典第8回『ビビッド・シドニー』は、2016年6月18日まで、過去最長となる23日間の日程で開催中です。

Reference : lifebuzz.com

シドニー10地区で過去最長23日間にわたって開催されている光と音楽とアイデアの祭典、ビビッド・シドニー閉幕まであと数日。
そこで、改めて見どころをいくつか紹介したいと思います。
今ならまだ間に合いますよ!

光り輝くダーリングハーバー周辺。
コンピューターを駆使した光レザーと炎のショーLaser-Fountain Water Theatreが見どころです。

光り輝くビビッド・シドニー!サーキュラーキー(埠頭)に近いアルフレッド通りのインスタレーション作品『光の折り紙』は圧巻。

ビビッドの明かりが今年も帰ってきました!この画像は、外国客船ターミナルからオペラハウスを照らす光投影の真下で撮ったもの。

今年のビビッドの明かりはまた格別!ついさっき撮ったオペラハウス・プロジェクションの写真がこれ。

芸術の極み…色とりどりの明かりが点灯!

いよいよビビッド・シドニーの中心へ?美しいダーリングハーバー地区から始めてみてはどうでしょう?それとも町へ向かう途中なら、ビジネス街の中心地マーティンプレイスを訪れてみては?絶景の撮影ポイントであるキャンベルズ入江や花火を間近で見られるドーズ・ポイントを目指して、開拓時代を思わせる古い町並みが続くロックスに向かうのもいいかも?

Yoshiyuki

Writer:

旅行に食べ歩き(特に和・中華・エスニック系)、冬(暑いのが大の苦手!)、そして何より「翻訳」が大好きです! できるだけ多くの皆さんに読んで楽しめる海外の記事をお届けできたら…よろしくお願いします。

この記事のカテゴリ

オセアニア
オーストラリア
絶景
街・都市

関連記事を見る

オセアニアの記事を見る

大自然に抱かれて~魅力溢れるオーストラリアの世界遺産を全部解説!
世界自然遺産の中でも桁違いの規模!世界最大の珊瑚礁群のグレート・バリア・リーフの歴史
オーストラリア短期留学に持っていくと便利なものリスト
ニュージーランド在住者か解説!大学留学の費用や事例
【語学留学】オーストラリアに短期留学したい!期間別の費用まとめ
オーストラリア留学をするなら、留学エージェントを上手使おう!
留学の不安を解消!安心して学べるニュージーランド留学のメリット
知りたい!オーストラリア留学をするときに持っていくべきもの
ニュージーランド随一の絶景がここに!「クイーンズタウン」で見たい絶景10選
【ドラマのような生活も!?】現地在住者が解説!ニュージーランドの大学について
現地在住者が解説!ニュージーランド留学の為のビザの取り方
オーストラリアで看護留学をするための費用と方法