知っておくと便利!オーストラリア留学に必要なビザを解説

観光や留学、仕事など、海外に行く際に多くの国で必要となるビザ。オーストラリア留学に行く場合のビザは大きく分けて観光ビザ、ワーキングホリデービザ、学生ビザの3つ。留学の期間や、目的、予算などによって適したビザがあるんです。

観光ビザってどんなビザ?

観光ビザってどんなビザ?

image by iStockphoto

短期間の留学をするのにおススメなのが観光ビザ。
このビザはETASと呼ばれ、90日までの短期間の観光や留学に行くのに最適。
それに、観光ビザと言ってもオンラインで名前や誕生日、パスポートの情報などを回答するだけなので、自分でも申請できちゃうんです。
英語に自信がない方は、申請を代行してくれるエージェントに頼むことも可能。
お試し留学や、学校や仕事の休みにプチ留学をする場合などは観光ビザで十分なんです。

観光ビザでできること

観光ビザでできること

image by iStockphoto

観光ビザでの留学の場合、3か月までオーストラリアの学校に通うことが可能。
また、学生ビザではフルタイムの学校で、政府認定の学校に行くという決まりがありますが、観光ビザで行く場合は、そのような決まりはなく、自由に好きな学校に行くことができるというメリットが。
さらに、日本から学校を決めていく必要もないので、現地についてから学校探しをして、自分の目で学校を見てから決めることもできますよ。

観光ビザでできないこと

観光ビザでできないこと

image by iStockphoto

観光ビザは観光することがメインのビザ。
ですので、観光ビザで3か月を超える長期の留学はできません。
また、留学中に働くこともできないので、留学中の学費と滞在費をカバーできるだけの十分な資金を前もって用意しておく必要があります。

観光ビザの申請方法とは

観光ビザの申請方法とは

image by iStockphoto

観光ビザの申請はパソコンとクレジットカードがあれば、オンラインで簡単にできます。
オーストラリア移民局のウェブサイト内にあるETAS申請のページに行き、名前や誕生日、パスポートの情報などを登録し、申請費用を払えば観光ビザの申請が完了。

オンラインの申請により、パスポート内に情報が入るので、パスポートにシールやスタンプが張られることはありません。
ですが、ETASを取得したという内容のEmail が届くので、入国の際にはそのメールをプリントして持っていくと安心ですよ。







観光ビザの申請費用はいくら?

観光ビザの申請費用はいくら?

image by iStockphoto

ETASの申請費用は$20。
日本円にして約2,000円と、とってもリーズナブル。
ですので、あまり予算がないけれど留学に行ってみたいという方や、夏休みなどの期間を使って短期留学したい学生さんにもおススメですよ。

ワーキングホリデービザってどんなビザ?

ワーキングホリデービザってどんなビザ?

image by iStockphoto

ワーキングホリデービザは18歳から30歳までという年齢制限はありますが、1年間オーストラリアに滞在し、観光をしたり、働いたり、学校に行ったりすることのできるビザです。
留学をするためのビザの中で一番フレキシブルなビザと言えるかもしれません。

ワーキングホリデービザでできること

ワーキングホリデービザでできること

image by iStockphoto

ワーキングホリデービザで留学をする場合、4か月まで学校に通うことができます。
学校に通えるのは4か月までですが、滞在は1年間可能なので、留学をしながらオーストラリア観光をしたい方や、働きながら留学したい方にピッタリ。

ワーキングホリデービザで働く場合は、6か月以上同じ雇用主の下で働くことはできないものの、働く時間には制限はないんです。
また、学校もフルタイムだけでなく、パートタイムの学校に行くこともできるので、より自由度の高い留学が可能になりますよ。

次のページでは『ワーキングホリデービザでできないこと』を掲載!
次のページを読む >>