ニュージーランド随一の絶景がここに!「クイーンズタウン」で見たい絶景10選

クイーンズタウンはニュージーランドの南島、オタゴ地方の内陸にあるワカティプ湖の傍にある街です。その名は景観の美しさがヴィクトリア女王にふさわしいという意味から付けられたのですね。1862年に金脈の発見から街が発展しましたが、現在は高原の避暑地として観光地化しています。クイーンズタウンで見た絶景10選を紹介します。


美しいクイーンズタウンの全景

美しいクイーンズタウンの全景

image by iStockphoto / 75102773

クイーンズタウンの全景です。
ワカティプ湖の澄み切った青とマッチして美しいですね。
周辺の山は、冬は雪に包まれるのでスキーやスノーボーダーが持って来いの環境となります。
冬場以外ではバンジージャンプやジェットボート、乗馬、ラフティング、リュージュやジップトレック等とエキサイティングなスポーツやアクティビティが満載の街です。
もちろん静かな自然と戯れることができるアドベンチャーやハイキング等もあるので安心ですよ。

クイーンズタウンの住所・アクセスや営業時間など

名称 クイーンズタウン
名称(英語) Queenstown
住所 Queenstown, Otago, New Zealand
営業時間・開場時間
利用料金や入場料
参考サイト https://www.queenstownnz.co.nz/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

クイーンズタウンのスポットページ

蒸気船がスタンバイしている有名なワカティプ湖の港

蒸気船がスタンバイしている有名なワカティプ湖の港

image by iStockphoto

石炭を焚いて走る蒸気船アーンスロー号で湖上をクルーズできます。
港からウォルターピーク牧場までの40分を楽しんで、カーネルズホームでバーベキューの食事をしてから牧場の羊の毛刈りやシープドッグショーを見学するコースがありますよ。
ゆったりと蒸気船のエンジン音を聞いているだけでもタイムスリップしたみたいで、懐かしい体験になります。
牧場では人と飼われている動物たちの共生ができていて別世界のイメージです。

蒸気船アーンスロー号の住所・アクセスや営業時間など

名称 蒸気船アーンスロー号
名称(英語) TSS Earnslaw
住所 88 Beach St, Queenstown 9300, New Zealand
営業時間・開場時間 10:00−21:00
利用料金や入場料 59NZD〜
参考サイト https://www.realjourneys.co.nz/en/experiences/cruises/tss-earnslaw-steamship-cruises/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

蒸気船アーンスロー号のスポットページ

ショットバー川をジェットボートで下るスリル

ショットバー川をジェットボートで下るスリル

image by iStockphoto

1970年に創業したアクティビティーでショットオーバー渓谷をすごい馬力のジェットボートに客を乗せて高速で岩盤に囲まれた川を走ります。
迫りくる大岩との狭い谷をすり抜け、時には360度のスピンを行って客の度肝を抜き、さらにスピードアップするという体験は、もう既に200万人が参加しているのですね。
身体中をアドレナリンが駆け巡る感覚はちょっとお年寄りには無理があるかもしれませんね。

ショットオーバージェットの住所・アクセスや営業時間など

名称 ショットオーバージェット
名称(英語) Shotover Jet
住所 Gorge Rd, Queenstown 9300
営業時間・開場時間 9:00−16:00
利用料金や入場料 大人135NZD 小人75NZD
参考サイト http://www.shotoverjet.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ショットオーバージェットのスポットページ

大自然を満喫するサイクリングコース

大自然を満喫するサイクリングコース

image by iStockphoto

クイーンズタウンにはサイクリングコースもたくさんあります。
マウンテンバイクを使えば少々のでこぼこ道や急な坂道でもOKです。
体力に自信のある人はゴンドラにバイクをひっかけて登山し、ダウンヒルバイクコースを駆けます。
頂上では素晴らしい景観と下りでは松の木をよけながら滑り降ります。
ゆったりと楽しみたい人は蒸気船と合わせたウォルターピークコースがいいでしょう。
もちろんガイドとランチ付きです。


ウォルターピークの住所・アクセスや営業時間など

名称 ウォルターピーク
名称(英語) Walter Peak
住所 Walter Peak, Otago, New Zealand
営業時間・開場時間 ツアーによる
利用料金や入場料 サイクリングツアー74NZD
参考サイト https://www.realjourneys.co.nz/en/experiences/cycling/walter-peak-independent-cycling/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ウォルターピークのスポットページ

カワラウ橋からの絶叫バンジージャンプ

カワラウ橋からの絶叫バンジージャンプ

image by iStockphoto / 19986874

クイーンズタウンにカワラウ橋があるのですが、実はバンジージャンプを考案したAJハケットの故郷なのです。
1988年にこのカワラウ橋からバンジージャンプのブームが起こったのですよ。
高さ43mからの降下は命を懸けた決断力と意気込みが必要です。
年齢制限があって10歳~110歳となっているのですが、信じられませんね。
タンデムジャンプは二人同時に飛び降りることができますが、カップル用ですね。
生命保険かけて行きましょう。

カワラウ橋の住所・アクセスや営業時間など

名称 カワラウ橋
名称(英語) Kawarau Bridge Bungy
住所 State Highway 6, Gibbston Valley, Queenstown 9384
営業時間・開場時間 9:00−18:00(予約制)
利用料金や入場料 バンジージャンプ195NZD〜
参考サイト https://www.queenstownnz.co.nz/things-to-do/adventure-activities/bungy-swing-and-zip/listing/aj-hackett-bungy-kawarau-bridge-bungy
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

カワラウ橋のスポットページ

渓谷をまたぐカワラウ橋

渓谷をまたぐカワラウ橋

image by iStockphoto

カワラウ渓谷をまたぐカワラウ橋です。
この橋の中央付近にバンジージャンプの施設があるのですよ。
橋上から水面まで47mのバンジーはスリル満点、リピーターも結構いてただ真っすぐ飛び降りるのではなくてバックフリップをしたりツイストをやったりとフリースタイルのジャンプを目指す変わり者もいるのですね。
前身に着けるハーネスで衝撃はしっかり吸収されるので身体に負担があまりありませんが、それでもね。
逆を見れば400m下方にワカティプ湖が見えるのです。

カヤックが並ぶワカティプ湖畔

カヤックが並ぶワカティプ湖畔

image by iStockphoto

ワカティプ湖はマオリ語で翡翠の湖という意味なのです。
天候の良い日は、まさに目に沁みるほど青々としていて思わず岸辺から靴のまま走りこんでしまいたくなります。
悪天候でなければカヤックでランチパックを持参して湖水面を移動すると気持ちいいですよ。
疲れたら思い思いの岸辺に横付けして休憩とればいいし、仲間と縦列に並んで遠くの対岸を目指すのもいいですね。
ウエットスーツとラフジャケットを装備すれば何度も湖水にアタックできます。

関連記事を見る

オセアニアの記事を見る

大自然に抱かれて~魅力溢れるオーストラリアの世界遺産を全部解説!
世界自然遺産の中でも桁違いの規模!世界最大の珊瑚礁群のグレート・バリア・リーフの歴史
オーストラリア短期留学に持っていくと便利なものリスト
ニュージーランド在住者か解説!大学留学の費用や事例
【語学留学】オーストラリアに短期留学したい!期間別の費用まとめ
オーストラリア留学をするなら、留学エージェントを上手使おう!
留学の不安を解消!安心して学べるニュージーランド留学のメリット
知りたい!オーストラリア留学をするときに持っていくべきもの
【ドラマのような生活も!?】現地在住者が解説!ニュージーランドの大学について
現地在住者が解説!ニュージーランド留学の為のビザの取り方
オーストラリアで看護留学をするための費用と方法
知っておくと便利!オーストラリア留学に必要なビザを解説