草津温泉で日帰りするならここ!無料や貸切混浴など徹底調査15選

群馬県に位置し、日本屈指の温泉地である草津温泉。周辺の観光スポットも充実してて、日帰り温泉の利用でも楽しめますね。カップルで行きたい貸切混浴や部屋付き露天風呂、食事がある日帰り温泉など徹底調査した15つの温泉宿を紹介します。

草津温泉で日帰り温泉できるの?

草津温泉で日帰り温泉できるの?

草津温泉とは、群馬県吾妻郡草津町にある温泉。
江戸時代の温泉番付では当時の最高位に格付けされるほど、日本を代表する名泉のひとつです。
泉質は酸性泉で、場所によっては硫黄泉も見られます。

草津温泉の温泉街中心には、草津のシンボルとも言われる湯畑があります。
毎分4000リットルの温泉が湧き出ているので、湯けむりが上がり温泉街の風情を感じられますね。
また、草津といえば、大きな板を使ってお湯をかき混ぜる「湯もみ」が名物となっており、イベントが行われるほど人気のようです。

草津温泉では日帰り温泉プランが用意された温泉宿が20施設ほどあり、そのなかから紹介させていただきます。
貸切混浴が可能な日帰り温泉、ランチ付きの日帰り温泉、部屋での休憩が可能な日帰り温泉、入浴のみが可能な立ち寄り湯スタイルの日帰り温泉がそれぞれあります。

日帰りで行く場合のモデルコース

草津温泉には、ランチやディナーが楽しめる日帰り温泉旅館、食事などはなく温泉だけ浸かるプラン、部屋付きの貸切混浴’・露天風呂のプランがあり、日帰りの仕方も様々。
首都圏から草津温泉に行く場合のアクセス情報を把握し、気になった旅館のプラン時間にあわせて調整しましょう。

首都圏からは、車で2時間半、電車で3時間、バスで4時間といったところ。

そして主要な日帰り温泉プランは「ランチあり」「ランチなしで13時~16時の間に利用」「夕食あり」の3種類。
もちろん草津温泉周辺の飲食店でランチや食事をしてもいいので、温泉宿で食事をとるかはプラン次第といったところ。

あえてざっくり言ってしまえば、「午前8時に出て11時着、2時間程度の温泉を楽しみ、宿か周辺でランチを楽しみ、帰宅」がモデルコースといえるでしょう。

詳しいアクセス方法をいくつかご紹介します。

草津温泉への車でのアクセス

東京方面からであれば、練馬インターチェンジ→渋谷伊香保インターチェンジ→長野原→草津のルート。
スムーズに行って2時間半といったところでしょうか。

駐車場も「湯畑観光駐車場」(180台、500円~)をはじめ、常時1,500台以上の収容能力があるほか、旅館に駐車場があるところもあるため、車でのアクセスも特に不安はないと思います。

草津温泉へのバスでのアクセス

草津温泉へはバスでも行けます。
東京からは東京駅発・新宿バスタ経由などで「JRバス」が1日10本でており、草津駅からの終電は17時半。
十分に日帰り温泉を企てられる本数がでています。
ただ、バスですと片道4時間ですので、日帰り温泉というよりかは泊まりのほうが良いかもしれませんね。

草津温泉への電車でのアクセス

草津温泉へは電車が一番アクセスが楽だと思います。
北陸新幹線で東京→軽井沢(1時間10分)まで移動し、軽井沢→草津温泉はバス(1時間半程度)。

合計2時間半、8000円前後です。







無料の日帰り温泉スポットがあった!

草津温泉には、無料で日帰り温泉が楽しめるスポットが3個所あります。
もっと詳しく言うと、無料共同浴場が19ヶ所あり、一般観光客にも開放されているのがそのうち3個所ということ。
「地蔵の湯」「千代の湯」「白旗の湯」の3つで入ることができます。

無料で入れる日帰り温泉その1「地蔵の湯」

2006年にリニューアルされ清潔感のある共同浴場。
女性には清潔な温泉はうれしいですね。
湯畑から徒歩5分という立地も高ポイント。
「地蔵の湯」の名前の通り、すぐ近くにある地蔵温泉を源泉としており、白濁しているのが特徴。

足湯もあり、足湯だけを利用する観光客もいます。

下駄箱がないので、靴は脱衣所の下の方に置くこととなっています。

住所/群馬県吾妻郡草津町
営業時間/8:00~22:00(掃除時間を除く)
定休日/無休
入浴料金/無料
源泉/地蔵源泉

無料で入れる日帰り温泉その2「千代の湯」

草津温泉といえば湯畑ですが、その湯畑から徒歩3分に位置し、また湯畑のお湯を源泉としている施設です。
温度は子どもも入れる適温。
湯船は小さく、大人4人が入れる程度の大きさのため、土日は特に混みます。

「千代の湯」では、「時間湯」といわれる、沸きたての温泉水を湯もみだけで温度調整したお湯に浸かることができます。
温泉濃度が高いため様々な効能が期待できるんだとか。
ただしこれは有料で、1回560円です。

住所/群馬県吾妻郡草津町
営業時間/9:00~17:00(掃除時間を除く)
定休日/無休
入浴料金/無料

次のページでは『無料で入れる日帰り温泉その3「白旗の湯」』を掲載!
次のページを読む >>