ハワイに行って海に入らないプランどう?大充実のハワイ島で見るべき観光スポット10選

日本人が大好きな海外と言ったらハワイ! 一度、いや何度かリピートしている人も結構いらっしゃるのではないでしょうか。今回は、ビッグ・アイランドの愛称でも呼ばれる一番大きな島であるハワイ島をご紹介いたします。ビーチだけじゃないハワイの魅力を感じるハワイ島で、海あり、火山あり、星空ありの大自然の宝庫、数々の絶景をご覧ください。

ハワイといえばやっぱりビーチだね!

ハワイを訪れたら必ず立ち寄りたいのがビーチ。
鮮やかなブルーと白砂のコントラストが美しいビーチは誰もが憧れるのではないでしょうか。
海の水ってこんなに綺麗なんだねと感動することでしょう。
マニニオワリビーチに、ハプナビーチなど島にはたくさんビーチがあるので、お気に入りを見つけてみてください。

ワイキキ・ビーチの住所・アクセスや営業時間など

名称 ワイキキ・ビーチ
住所 Kalakaua Ave, Honolulu, HI 96815
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%82%AD%E3%82%AD
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ワイキキ・ビーチのスポットページ

ハワイ島の自然を感じながらサドルロードをドライブ

ハワイ島東のヒロ、西のコナを結ぶ約85kmに及ぶ長~い道路。
以前は舗装状態が悪く、レンタカーでの走行はNGとされていました。
数年前に長年かかった工事が終結、2013年には「ダニエル・K・イノウエ・ハイウェイ」と改名され道路もとても走りやすくなり、走行OKを出すレンタカー会社も出てきました。
この道路の良いところは、ゴツゴツとした岩肌や溶岩がせり出し火山島ならではの雄大な自然を感じるながらドライブできるところです。

Saddle Roadの住所・アクセスや営業時間など

名称 Saddle Road
住所 Hawaii Highway 200, Kailua-Kona, Island of Hawaii, HI
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.hiloliving.com/DrivingSaddleRoad.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Saddle Roadのスポットページ

迫力満点のキラウェア火山

世界遺産にも登録されているキラウェア火山は、現在でも盛んに活動を続ける活火山です。
隣接するマウナ・ロアとの活動で、今でもハワイ島の陸地が広がり続けています。
この2つの山を含む広大なハワイ火山国立公園は、観光ルートであればどこでも安全に火山を眺めることができます。
地球の息吹を感じに行ってみませんか。

キラウェア火山の住所・アクセスや営業時間など

名称 キラウェア火山
住所 Hawaii Volcanoes National Park, Volcano, Hawaii
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 大人:車1台につき15USドル、または徒歩や自転車は1名8USドル、バイクは1台10USドル
参考サイト https://www.nps.gov/havo/index.htm
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

キラウェア火山のスポットページ

マウナ・ケアは夕方、夜、朝と三度おいしい

標高4205mのマウナ・ケア山。
夕方のサンセットにはじまり、自然の天体ショー、ご来光と晴天率が高く、周りに人工灯などが無いことから天体観測に適した場所とされています。
宵の空に浮かぶ無数の星は今にも手が届きそう! 流れ星だって数え切れないほど見えるかもしれませんよ。
ツアーによってサンセット、天体観測、サンライズと様々なコースが用意されているので気になるものに申し込みをしましょう。







夕暮れから日没までの時間を山頂で過ごし、 太平洋に沈む太陽の色の変化を見て感動しました。
そこにある各国の天文台は光を反射して輝き、異次元の空間を演出していました。
日没後は、途中まで降りて、星空を観測しました。
日本や都会では見る事のできない様々な星座が見られ、人工衛星も見られました。
今回のハワイ島で最も来て良かったと思う場所です。
 TripAdvisorより

マウナ・ケアの住所・アクセスや営業時間など

名称 マウナ・ケア
住所 Mauna Kea., Hawaii
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.ifa.hawaii.edu/info/vis/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

マウナ・ケアのスポットページ

トロピカルボタニカルガーデンへ南国植物を見に行こう

熱帯雨林の谷という地形が生かされたジャングルのような植物園です。
園内には南国らしい植物で溢れ、日本ではめったに見ることないものに出くわすかもしれませんね! 遊歩道に沿って安全に散策することが出来、途中には湖やオノメア湾が顔を出すことがあります。
360度緑に囲まれ気持ち良くリフレッシュできることも違いなしですね。

Hawaii Tropical Botanical Gardenの住所・アクセスや営業時間など

名称 Hawaii Tropical Botanical Garden
住所 27-717 Old Mamalahoa Hwy, Papaikou, Island of Hawaii, HI 96781-7746
営業時間・開場時間 日 – 土 午前 9:00 – 午後 4:00
利用料金や入場料 大人:15ドル、子供(6-16歳):5ドル、6歳以下:無料
参考サイト http://www.htbg.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Hawaii Tropical Botanical Gardenのスポットページ

カメに会えるかも! プナルウ黒砂海岸

ヒロからワイコロアへ戻る途中に立ち寄りました。
午後2時過ぎだったので、海亀さんを見るのはあきらめていましたが、到着すると人だかりが出来ていて、行ってみると海亀さんが1匹いました。
姿を出したり海に入ったりしていました。
砂は本当に真っ黒で感動です。

海水浴している人も多くいました。
4travelより

次のページでは『涼を求めてレインボー・フォールズへ』を掲載!
次のページを読む >>

関連記事を見る

ハワイの記事を見る

神様のパワーにあやかりたい!歴史と神秘に包まれた世界の聖地10選
ハワイの歴史と共に育ったフラダンスってどんな歴史を持っているんだろう?
もうひとつのハワイがここに。「ハワイ火山国立公園」とハワイの歴史
タイ・プーケットで味わう至福の高級リゾートホテル7選
【旅行体験記】ハワイの魅力を詰め込んだときめきのプランニングの数々
ハワイに行くならここ!旅行のヒントになるおすすめスポット10選
【旅行体験記】火山の自然の躍動を見たハワイ島、リゾート地オアフ島その二つの魅力
ホノルルに行くならここ!観光アイディアになるおすすめスポット10選
【旅行体験記】ハワイの感動の木と穏やかな空気がくれた最高の贈り物
【旅行体験談】ハワイ・オアフ島ワイキキであらためて綺麗な海と美味しい物に魅了されて
ハワイの観光地化ってめっちゃ最近だったんだ…ハワイが日本に人気のリゾート地になるまでの歴史
【旅行体験談】充実の7日間!オアフ島、ハワイ島の魅力的なパワーを感じて