コロンビアにあるレインボーに彩られた美しい川『キャノ・クリスタレス』

まるで神々たちのいたずら!? これがこの世の楽園かと思わずにはいられないレインボーカラーの美しすぎる川が、コロンビアにあることをご存知ですか? 今回は、そんなコロンビアのキャノ・クリスタレスについてご紹介いたします。

キャノ・クリスタレス(Cano Cristales)

photo by cano-cristales.com

コロンビアにあるシエラ・デ・ラ・マカレナ国立自然公園を流れるキャノ・クリスタレス。
長さおよそ100kmにも及ぶ広大な川であるキャノ・クリスタレスには、1年に1回だけ魔法がかかります。

キャノ・クリスタレス(Cano Cristales)

photo by staticflickr.com

ご覧ください、この色鮮やかな光景!
これが川だなんておよそ信じられないほどの美しい絶景ですが、この光景を鑑賞することができるのは1年の中でもほんの2~3週間だけ。

キャノ・クリスタレス(Cano Cristales)

photo by staticflickr.com

この不思議な魔法の正体は、川の底いっぱいに広がる苔と藻。
乾季になると川の水位はみるみるうちに低くなり、太陽熱によって水の温度は上昇します。
そのタイミングで毎年数週間だけ、赤やピンクの苔の花が咲き乱れるのだそうです。

キャノ・クリスタレス(Cano Cristales)

photo by staticflickr.com

中には黄色に色づく苔や、普段と変わらず緑のままの苔、そして澄んだ川面の清らかな青も加わり川はまるで絵の具のパレットのよう。
にぎやかに彩られるキャノ・クリスタレスをひと目見ようと、シーズンになると毎年多くの旅行客でにぎわいます。

キャノ・クリスタレス(Cano Cristales)

photo by staticflickr.com

そんなキャノ・クリスタレスですが、実は陸路では行くことのできないちょっとアクセスが不便なスポット。
さらに、過去には周辺で頻繁にゲリラ活動が行われていたこともあり、長らくの間一般の人々は足を踏み入れることができないスポットでもありました。

キャノ・クリスタレス(Cano Cristales)

photo by staticflickr.com

現在では観光客の立ち入りも許可されていますが、極彩色のキャノ・クリスタレスはいくつもの条件が重ならなければ見れない非常に貴重な光景。
逆に、だからこそ幻の絶景として人々から憧れの眼差しを注がれているのかもしれません。

キャノ・クリスタレス(Cano Cristales)

photo by #

多少の冒険を覚悟してでも、一生に一度はこの目で見てみたい絶景スポット、キャノ・クリスタレス。
世界広しといえどもこんなにカラフルな川が流れているのはここだけです。

キャノ・クリスタレス(Cano Cristales)への行き方


大きな地図で見る

コロンビアのボゴタへは、ニューヨークやヒューストンなどを経由して最短でおよそ19時間のフライト。
キャノ・クリスタレスの最寄となる空港はラ・マカレノ空港で、そこから車で1時間半です。

関連記事を見る

カリブ・中南米の記事を見る

神様のパワーにあやかりたい!歴史と神秘に包まれた世界の聖地10選
【ブラジルの世界遺産】一度は行きたいブラジルの歴史を感じる!世界遺産を全部解説
成り立ちから内部混乱・人気観光地になるまで「コロンビア」はどのような歴史を歩んだのか?
【パナマの歴史】運河に翻弄されながら繁栄を遂げた熱き国の物語
映画「南極料理人」のロケ地・撮影場所はここ!
メキシコ観光なら次はここ!「リビエラ マヤ」で見たい絶景10選
ドミニカ共和国観光ならここ!「サントドミンゴ周辺」で見たい絶景10選
ブラジル観光なら次はここ!「サンパウロ」で見たい絶景10選
南米有数の世界都市、ベネズエラ観光「カラカス」で見たい絶景10選
ボリビアやウユニ湖のお土産ならこれ!ぴったりのお土産が絶対見つかる9選
高度な文明を持ちながら文字文化がなかった謎の「インカ帝国」
厳しくも美しい人跡未踏の地!南極点到達までの歴史に迫る