クライマー垂涎の巨岩『ラ・ピエドラ・デル・ペニョール』

小さな丘や田園が広がるのどかな町に突如現れる200m級の巨岩。岩というより山とでも呼びたくなるような奇妙な光景です。ここではそんな、コロンビアにある巨岩、ラ・ピエドラ・デル・ペニョールについてご紹介します。

ラ・ピエドラ・デル・ペニョール(la piedra del penol)

buzzfeed.com

南米コロンビア。第2の都市メデジンからバスで1時間半ほどの距離にあるグアタペという町に巨岩、ラ・ピエドラ・デル・ペニョールはあります。

ラ・ピエドラ・デル・ペニョール(la piedra del penol)

visitheworld

ペニュールとは「大きな岩」を意味するスペイン語。古くからこの巨岩の存在は知られていましたが、この切り立った異様な姿から、現地の人々には「悪魔のタワー」と呼ばれ恐れられてきました。

ラ・ピエドラ・デル・ペニョール(la piedra del penol)

forumgercek.com

高さ220mの巨大な一枚岩であるラ・ピエドラ・デル・ペニョールは、古くから宗教的な信仰の対象となっており、それ故に誰も頂を目指して登ろうとはしなかったと言われています。

ラ・ピエドラ・デル・ペニョール(la piedra del penol)

fbcdn-sphotos-d-a.akamaihd

宇宙から落下してきたという説が長年信じられてきましたが、実際には約7000万年前に、石英・雲母などによって形成されたという説が有力です。その成り立ちの解明が進んだせいもあってか、1954年に初めて登頂が記録されて以来はその神性は薄れ、現在は20か所以上の登山ルートが確保されています。

ラ・ピエドラ・デル・ペニョール(la piedra del penol)

pinterest.com

この巨岩は「ジッパーを持つ岩」と称されることもあります。切り立った岩肌に太い紐が渡されているためです。実はこの「ジッパー」は巨岩を登るための階段。下から上まで約700段伸びています。

ラ・ピエドラ・デル・ペニョール(la piedra del penol)

enmicolombia.com

山頂には休憩所や展望台も完備されています。360度広がるパノラマでは、「グアタペ湖」やその周辺の小島、田園風景やその先の連なる山々など、美しく変化に富んだ景観を楽しむことができます。

ラ・ピエドラ・デル・ペニョール(la piedra del penol)

amusingplanet.com

登山(登岩?)道の整備も進んでいるこのラ・ピエドラ・デル・ペニョール。下からも頂上からもその絶景の眺めを楽しめる、おすすめスポットです。

ラ・ピエドラ・デル・ペニョール(la piedra del penol)への行き方

ラ・ピエドラ・デル・ペニョールを見るためにはまずコロンビア第二の都市メデジンを目指しましょう。
日本からの直行便はないため、北米主要空港(ヒューストン、ニューヨーク、ロサンゼルス等)で乗り継ぎ、コロンビアの首都ボゴタに入り、そこからさらに国内線に1時間乗れば、メデジンに到着です(ボゴタ?メデジン間は30分ごとにフライトがあり便利です)。また、ニューヨークやマイアミから直接メデジンへ飛ぶ便もあります。

お目当てのラ・ピエドラ・デル・ペニョールは、このメデジンから繁に運行しているローカルバスで1時間半ほど。車窓から巨岩の姿が見えた頃、最寄りのバス停「ラス・ペニョール」で下車、その後は徒歩15分で到着です。

関連記事を見る

カリブ・中南米の記事を見る

神様のパワーにあやかりたい!歴史と神秘に包まれた世界の聖地10選
【ブラジルの世界遺産】一度は行きたいブラジルの歴史を感じる!世界遺産を全部解説
成り立ちから内部混乱・人気観光地になるまで「コロンビア」はどのような歴史を歩んだのか?
【パナマの歴史】運河に翻弄されながら繁栄を遂げた熱き国の物語
映画「南極料理人」のロケ地・撮影場所はここ!
メキシコ観光なら次はここ!「リビエラ マヤ」で見たい絶景10選
ドミニカ共和国観光ならここ!「サントドミンゴ周辺」で見たい絶景10選
ブラジル観光なら次はここ!「サンパウロ」で見たい絶景10選
南米有数の世界都市、ベネズエラ観光「カラカス」で見たい絶景10選
ボリビアやウユニ湖のお土産ならこれ!ぴったりのお土産が絶対見つかる9選
高度な文明を持ちながら文字文化がなかった謎の「インカ帝国」
厳しくも美しい人跡未踏の地!南極点到達までの歴史に迫る