地球の歴史を感じよう!南米・パタゴニアで見られる大自然の絶景 チリ編

パタゴニアの由来は1520年、この地を訪れたマゼランが先住民の大きなブーツを見てスペイン語で足を意味するパタからこの住民達をパタゴン族と名づけたことからパタゴニアと呼ばれるようになったそうです。そんなパタゴニアのチリ側はアルゼンチン側とは異なる自然条件によって生み出された絶景が広がっています。

地球の力に生み出された急峻な山々

地球の力に生み出された急峻な山々

image by iStockphoto / 32675704

太平洋側のチリ・パタゴニアで見られる山々は鋭く天をさす急峻な山容が特徴です。
ゆっくりと移動している太平洋プレートが南アメリカ大陸にぶつかり隆起することで出来上がったアンデス山脈。
その南部ではクエルノス・デル・パイネ(パイネの角)と呼ばれる名峰を始めとする荒々しい山容が特徴の絶景を楽しむことができます。
押し上げられた花崗岩は山となり、その後自然の脅威によって風化が進みこのような形状になっていったそうです。

image by iStockphoto / 59068796

絶えず移動する氷の河

絶えず移動する氷の河

image by iStockphoto / 49307512

南西方向から吹き上げる偏西風はパタゴニアの山々にぶつかり、その風は多くの水分を含むことからパタゴニアのチリ側ではたくさんの雨を降らせることになります。
その雨は寒冷な高地では雪となり氷河期から蓄積された氷河を成長させ下流へと押し流しています。
他の氷河に比べこの地の氷河は雨の多さから氷河の循環が早く、年間100mから200mほども移動するそうです。
そのため氷河末端では崩落が起こりやすくなっておりパタゴニアを代表する観光ポイントになっています。

image by iStockphoto / 59354112







氷と水が作り出した地形

氷と水が作り出した地形

image by iStockphoto / 14241395

チリ・パタゴニアでは温暖な南半球では珍しい氷河が作り出したフィヨルドの地形が広がっています。
氷河の移動はとても大きなエネルギーを持っており、そのため大地は氷によって削り出され独特の地形を作り出し、そのほとんどは氷河期に出来上がったと言われています。
今もなお動き続ける氷河は少しずつ侵食を進めており、このフィヨルドはパタゴニアのチリ側で最も特徴的な要素となっています。
地球の作り出した圧倒的なスケールの大自然を堪能してみてください。

美しい緑広がる渓谷

美しい緑広がる渓谷

image by iStockphoto / 77209105

雨の多いこの地域で氷河から溶け出した水も加わり多くの川を作り出しています。
荒々しい山間部から少し下るとそこには緑豊かな森が広がり蛇行しながら川が続く美しい渓谷の絶景を楽しむことができます。
川の途中、落差のあるところでは濁流が滝を下り激しい水飛沫をあげ大きな虹を見ることができるかもしれません。
日本のように四季がはっきりしているパタゴニアでは秋ともなると木々の葉が色付き美しい紅葉も楽しむことができます。

image by iStockphoto / 49374616

次のページでは『神秘的な湖』を掲載!
次のページを読む >>

関連記事を見る

アルゼンチンの記事を見る

観光の前に知りたい!アルゼンチン、独裁者たちの歴史
やっぱり肉だった!アルゼンチンの郷土料理・グルメ10選
「銀の国」アルゼンチン共和国の歴史…インカ帝国の侵入からスペイン植民地時代の到来、その後
ペリト・モレノ氷河、イグアスの滝…壮大な地球の魅力に満ちたアルゼンチンの世界遺産9選
地球の歴史を感じよう!南米・パタゴニアで見られる大自然の絶景 アルゼンチン編
大自然の神秘…アルゼンチンで見れる海、滝、湖、川、渓谷、沼…水にまつわる絶景5選
神はここにいたか…アルゼンチンで見れる幻想的な絶景8選
世界の秘境!青く輝く神秘の洞窟『マーブルカテドラル』
サッカー大国アルゼンチン「ブエノスアイレス」を楽しむ!立ち寄るべき通な観光スポット5選
大自然「パタゴニア」の脅威が想像以上、まるで違う星に来たみたい
アルゼンチンにもあった!第2のウユ二塩湖『サリーナス・グランデス』