コロンブスが眠る街・ドミニカ共和国「サントドミンゴ」で見たい観光スポット5選

カリブ海・大アンティル諸島に属するドミニカ共和国の首都・サントドミンゴ。1492年のクリストファー・コロンブス上陸からスペイン人が定住した街であり、現在の街並みにはスペイン風の雰囲気が残り、中にはコロンブスの墓もあります。今回はコロンブスが眠る街でありスペインの雰囲気を残す街・サントドミンゴの観光スポット5選の紹介です。

かつてコロンブスの遺骨が安置された「大聖堂」

かつてコロンブスの遺骨が安置された「大聖堂」

image by iStockphoto / 50477704

建築家アロンソ・ロドリゲスがスペイン王朝の依頼を受けて建設した大聖堂。
新大陸初の大聖堂とされており、ルネサンスとゴシックが融合した造りが特徴。
一時建設が中断した時期もありましたが、宣教師アレハンドロ・ジェラルディーニによって1519年に建設再開、1540年に完成を果たしました。
現在コロンブス記念灯台にあるコロンブスの遺骨は、かつて遺言に従いここに安置されていたことも。
ちなみに見学時はショートパンツなどラフな服装は禁止となっており、入場時は注意が必要です。

image by iStockphoto / 80840217

image by iStockphoto / 80840217

サンタ・マリア・ラ・メノール大聖堂には、1506年5月20日亡くなったクリストファー・コロンブスの遺言に従って棺が安置されていました。
しかし、1992年、新大陸発見500年を記念して建てられたエル・ファロ・ア・コロンが完成すると、そちらに棺は移されました。
サント・ドミンゴの市民にとって、サンタ・マリア・ラ・メノール大聖堂は、神聖な場所であり、今でも重要な祈りの場となっています。
世界遺産オンラインガイドより

Cathedral of Santa Maria la Menorの住所・アクセスや営業時間など

名称 Cathedral of Santa Maria la Menor
住所 Calle Isabel La Cat?lica, Santo Domingo 10210,Rep?blica Dominicana
営業時間・開場時間 現地時間09:00-16:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://en.wikipedia.org/wiki/Basilica_Cathedral_of_Santa_Mar%C3%ADa_la_Menor
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Cathedral of Santa Maria la Menorのスポットページ

街の防衛拠点として活躍「オサマ砦」

街の防衛拠点として活躍「オサマ砦」

image by iStockphoto / 62588288

要塞に囲まれたサントドミンゴ旧市街の中心となる要塞で、総督ニコラス・デ・オバンドによって築かれた。
高さ18.5mは完成当時の街の建築物で最高とされ、海賊から街を守るための防衛拠点として活躍しました。
敷地内には戦車やヘリコプター、錆びた大砲が残されており、防衛拠点時代の雰囲気が残っています。
川を見下ろす位置にある「敬礼の塔」は船舶の見張り塔であり、サントドミンゴに入港するヨーロッパの船舶を監視していました。
また塔の上からはオサマ川がはっきりと見ることもでき、登った際にぜひチェックしたいところ。








image by iStockphoto / 38406166

image by iStockphoto / 60730242

1507年完成。
原語では、Fortaleza Ozama又はFortaleza Santo Domingoと呼ばれています。
サントドミンゴの旧市街自体が城壁に囲まれている要塞となっていますが、その中心にある砦です。
高さは18.5mとあまり高くありませんが、それでも完成当時は市内で最も高い建物だったそうです。
LovelyPlanetより

オサマ砦の住所・アクセスや営業時間など

名称 オサマ砦
住所 Calle Las Damas
営業時間・開場時間 8:00-17:00
利用料金や入場料 30ペソ
参考サイト https://es.wikipedia.org/wiki/Fortaleza_Ozama
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

オサマ砦のスポットページ

コロンブスが眠る「コロンブス記念灯台」

コロンブスが眠る「コロンブス記念灯台」

image by iStockphoto / 64580235

 空港から旧市街へ向かう途中のミラドール・デル・エステ公園内にある建築物で、内部は世界の歴史、文化を紹介したパビリオンになっています。
1992年にコロンブスの新大陸上陸500周年を記念して建設された灯台で、大聖堂に安置されたコロンブスの遺骨は完成と同時にここに移されました。
建物は上部から見ると十字架の形をしており、その先端はコロンブス家が住んだ屋敷「アルカサル」の方に向かっています。
夜には灯台上部からのライトアップが実施されており、特に曇りの日の「浮かび上がる十字架」は不思議な感覚を味わえることでしょう。
次のページでは『コロンブス子孫が住んだ邸宅「アルカサル」』を掲載!
次のページを読む >>
Junya Higashi

Writer:

これまで旅行に行った土地は鹿児島・霧島や韓国・ソウルなど。世界の土地や風習のことなど、自分の知らない世界を調べて見るのが好きです。旅行経験やライター活動で得た知識が、これから旅行を楽しむ人の役に立てば大変嬉しく思います。どうぞよろしくお願いいたします!

この記事のカテゴリ

カリブ・中南米
スペイン
ヨーロッパ

関連記事を見る

カリブ・中南米の記事を見る

神戸・三宮デートでディナーするならここ!記念日ディナーもバッチリ&予約推奨レストランランキングTOP30
神戸・三宮デートでランチするならここ!記念日ランチもバッチリな予約推奨レストランランキングTOP30
舞浜デートでディナーするならここ!記念日ディナーもバッチリ&予約推奨レストランランキングTOP7
神様のパワーにあやかりたい!歴史と神秘に包まれた世界の聖地10選
【ブラジルの世界遺産】一度は行きたいブラジルの歴史を感じる!世界遺産を全部解説
成り立ちから内部混乱・人気観光地になるまで「コロンビア」はどのような歴史を歩んだのか?
【パナマの歴史】運河に翻弄されながら繁栄を遂げた熱き国の物語
映画「南極料理人」のロケ地・撮影場所はここ!
メキシコ観光なら次はここ!「リビエラ マヤ」で見たい絶景10選
ドミニカ共和国観光ならここ!「サントドミンゴ周辺」で見たい絶景10選
ブラジル観光なら次はここ!「サンパウロ」で見たい絶景10選
南米有数の世界都市、ベネズエラ観光「カラカス」で見たい絶景10選