メキシコ「ティファーナ」で見たい景観ランキング

ロサンゼルスから日帰りで行ける観光スポットに、メキシコのティファナがあります。歩いて国境を渡るという経験は、日本人にはなかなかできないのでロサンゼルス旅行をお考えでしたら、是非立ち寄ってみると面白いです。ティファーナはメキシコ合衆国の最北端、アメリカ合衆国との国境沿いに位置する人口約140万人の都市で、バハ・カリフォルニア州最大の都市です。アメリカ人にとってはおなじみの観光地として有名です。カリフォルニア州のサンディエゴ市中心部から車で約15分、ロサンゼルスから車で3.5時間程度の距離にあることが理由でしょう。近隣の市としてプラヤーズ・デ・ロサリトなどがあります。今回はここティファーナへの旅のご案内とともに、ここで見たい景観をちょっとしたランキング形式でご案内したいと思います。

まずはロサンゼルスから

まずはロサンゼルスから

image by iStockphoto / 17270587

まずはロスアンゼルスから旅の始まりです。
言わずと知れた街なので旅好きな方なら一度は行ったことがあるかもしれません。
映画、音楽、ファッション文化の情報はニューヨークとともにここから配信されていると言っても過言ではないですね。
ここはお買い物で有名なロデオドライブです。
映画「プリティー・ウーマン」でおなじみといえばわかりやすいかもしれません。
ぶらぶらとウインドウショッピングしながら、ストリートを歩くだけで刺激を受けると思います。
もちろんお買い物も。
買いすぎに注意ですね。

ロスアンゼルスの住所・アクセスや営業時間など

名称 ロスアンゼルス
名称(英語) Los Angeles
住所 アメリカ合衆国,カリフォルニア州
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/ロサンゼルス
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ロスアンゼルスのスポットページ

ロスアンゼルスから歩いて国境を渡る

ロスアンゼルスから歩いて国境を渡る

image by iStockphoto / 83951817

いよいよティファナの街へ。
回転ゲートを抜けてメキシコへ。
日本は海に囲まれているので、歩いて国境を越えるという経験がないので、こういうのは貴重な経験かも知れません。
中に入ったらもうメキシコです。
カリフォルニアとは別世界。
街の雰囲気も、匂いも、活気も、人の感じも、全く違い、また別の国に来たんだなあ、ということを実感すると思います。
日帰りの場合、徒歩で観光をする人が多いです。
国境沿いにタクシーがたくさんありますので、目的地が決まっている場合は、タクシーを利用すると便利です。

ティファナの住所・アクセスや営業時間など

名称 ティファナ
名称(英語) Tijuana
住所 メキシコ合衆国、バハ・カリフォルニア州
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/ティフアナ
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ティファナのスポットページ

景観ランキングその① たくさんの巡礼者が訪れる大聖堂

景観ランキングその① たくさんの巡礼者が訪れる大聖堂

image by iStockphoto / 84326823

バザールを抜けると、セグンダ通り沿いにティファナに住む人々の信仰の中心、コロニアル建築様式の「グアダルーペ聖母大聖堂」があります。
メキシコで最も篤い信仰を集めるグアダルーペの聖母を祀った教会。
収容人員2万人という巨大な聖堂に、熱心な信者と観光客が毎日大勢訪れています。

そして、ここで聖母マリアが現れたという奇跡のマントを見る事ができます。
奇跡のマントの伝説は、1531年12月9日の朝、先住民の男フアン・ディエゴは、テペヤックの丘で繰り返し聖母のお告げを受けたそうです。
聖母は自分が現れたことを司祭に告げ、この丘に寺院を建てさせよとフアンに命じます。
この話を聞いた司祭は最初は信じず、何か証拠を持ってくるようにフアンに言い、フアンがこれを聖母に伝えると、聖母は丘に咲いていたバラの花をフアンに持たせます。
バラを自分のマントで包んだフアンは司祭のところへ向かい、司祭の前でマントを開くと、聖母の姿がマントの上に現れました…とこんなあらましです。
信じるかどうかは別として、せっかく来たのだから見てみる価値はありそうですね。
たくさんの人がお祈りを捧げるために訪れていますが、雰囲気は至ってオープン。
観光客でもちょっとのぞかせてもらうことはできます。

image by iStockphoto / 84526349

聖堂の中はこんな感じです。








グアダルーペ聖母大聖堂の住所・アクセスや営業時間など

名称 グアダルーペ聖母大聖堂
名称(英語) Catedral de Nuestra Señora de Guadalupe
住所 2da 7982, Zona Centro, 22000 Tijuana, B.C., メキシコ
営業時間・開場時間 9:00-17:00
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://www.catedraldetijuana.org
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

グアダルーペ聖母大聖堂のスポットページ

景観ランキングその② ティファナ文化センター

地元の人には、la Bolaと言われて親しまれている、とてもユニークな形の建物です。
形が面白いだけではなく、ここには美術館、劇場、展覧会なども開かれる会場、アイマックスシアターもあります。
エンターテイメントを満喫できる場所です。
数多くのアクティビティは、子供のために企画されたものだということです。
何世紀も前にこの地方に定住していた先史時代の人々に関する教育的な展示品もあります。
コンサートやイベントの会場もあり、およそ 6,000 名 もの観客が入ることができるそうです。
このスペースでは、各種の展示会や舞台パフォーマンスなどが行われています。
そして水族館もあります。
カリフォルニア湾や太平洋に生息する、奇妙な海洋生物を見ることができます。
世界の他の地域に生息する生きものも飼育、展示されています。

植物園ではエキゾチックな植物や先史時代のアートがあり、栄養学のコーナーでは、子供たちは健康的な食事法について学ぶことができます。

Ballenasの住所・アクセスや営業時間など

名称 Ballenas
住所 Paseo de los Heroes 9350, Zona Urbana Río, 22010 Tijuana, B.C., México
営業時間・開場時間 営業時間16:00-20:00
利用料金や入場料 29-49メキシコペソ
参考サイト http://www.cecut.gob.mx/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Ballenasのスポットページ

景観ランキングその③ ビーチへも行けます。

景観ランキングその③ ビーチへも行けます。

image by iStockphoto / 100803227

ビーチへ行きたい方はタクシーを使うと便利ですが、乗車前に必ず行き先と運賃を交渉しましょう。
このタクシーもUSドルで支払いができます。
タクシーですぐに行けるのはいいですね。

レボルシオン通りから約10分で、メキシコ最南西のビーチ、プラージャス・デ・ティファナに到着です。
ここもやはりカラフルな建物と壁面のアートが素敵な、とっても開放的な雰囲気の美しいビーチです。

サンディエゴとティファナを隔てる大きな壁には様々なアートや人々の思いがつづられています。
興味のある方はスペイン語の辞書を片手に眺めてみてはいかがでしょうか。

プラージャス・デ・ティファナの住所・アクセスや営業時間など

名称 プラージャス・デ・ティファナ
名称(英語) Playas de Tijuana
住所 México ,Baja California ,Tijuana
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://es.wikipedia.org/wiki/Playas_de_Tijuana
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

プラージャス・デ・ティファナのスポットページ

景観ランキングその④ ラ セット ワイン セラー

メキシコのワインなんて、飲んだことはもちろん聞いたこともない。
という方が多いのではないでしょうか?日本ではあまり知られていませんが、意外にワイン造りが盛んに行われています。
ここ ラセット ワイン セラーは、地下に貯蔵室および瓶詰め施設を有する、素敵なワイン ブティックです。
熟成中の赤ワインや白ワインが入った木樽やボトルをじっくり見てみましょう。
時を経て、すばらしいワインができあがる様子を見ることができます。
セラーでは見学ツアーのほか、コンサートも楽しめます。

外に出て、ワインボトルの形をした建物も見ておきましょう。
建物の入り口は、古いオーク樽からとった古材が使われています。
ワインの瓶詰め行程を見るのも、なかなか興味深いものです。
ワインを訛れない方でも、この美しい建物を見る価値はあると思います。

次のページでは『景観ランキングその⑤ レボルシオン通り』を掲載!
次のページを読む >>

Writer:

宮城県仙台市在住。生まれ育った仙台、宮城のおすすめ観光スポット、グルメなど、見たら行って見たくなるような、進化し続ける仙台の魅力をご紹介いたします。そして、ニューヨークはアメリカの文化、ファッション、アート、ライフスタイルなどに興味がある私にとって昔から憧れの街。トロント在住中や今でも何度も訪れ、刺激を受けています。そんなニューヨークの奥深く素敵なスポットもたくさん紹介いたします。

この記事のカテゴリ

アメリカ
カリブ・中南米
メキシコ
ランキング記事
北米
絶景
自然・絶景

関連記事を見る

アメリカの記事を見る

ニューヨーク土産ならこれ!NY常連が薦める決定版お土産51選
知っているようで知らない、「自由の女神像」の歴史
砂漠の中の街「ラスベガス」が世界一の歓楽都市になった理由
スケール桁違い!アメリカの歴史建造物について調べてみました
サンフランシスコの観光で行きたい!「歴史的」観光スポット11選
地上最大級の火山の上にある『イエローストーン国立公園』の歴史を探ってみよう
今なお続く悲劇と惨劇――〈アメリカ先住民政策〉の歴史
アフリカ系アメリカ人選手が活躍した野球リーグ「ニグロリーグ」の歴史とは?
黒人メジャーリーガーの歴史を変えた男「ジャッキー・ロビンソン」とはどのような人物?
野球の世界最高峰・MLBが歩んできた歴史とは? 大きな出来事から現在まで
白熱のバトルが展開される「自動車レース」が歩んできた歴史とは?
【パナマの歴史】運河に翻弄されながら繁栄を遂げた熱き国の物語