ブラジル・リオデジャネイロの観光なら絶対行きたい見どころ・スポットまとめ

次の大型連休や旅行の機会がある方、行き先は決まっていますか?行き先が決まっている方も、そうでは無い方も。美しい景観とともにお届けする各スポットの「見どころ」をお楽しみください。ブラジル・リオデジャネイロの観光スポットを、絶景写真と共に10つお届けします。

リオで見逃せない景色

リオで見逃せない景色

image by iStockphoto / 72212951

ブラジルといえばリオデジャネイロ。
リオ五輪を無事終了させ、この景色を何度もテレビで見られた方も多いかと思います。
山と海に囲まれ、自然にあふれたこの街は、世界一美しいといっても過言ではありません。
その中でも見逃せないのはこのクリスト・ヘデントールとパォン・ジ・アスーカ。
後ろ向きになっているこのキリスト像ですが、すぐ足元まで上ることができますので、現地へ行かれたら、ぜひ足元からお顔を覗いてみてください。
なんとも心休まる穏やかな顔をされています。

コルコバードのキリスト像の住所・アクセスや営業時間など

名称 コルコバードのキリスト像
名称(英語) Christ the Redeemer
住所 Parque Nacional da Tijuca – Alto da Boa Vista, Rio de Janeiro – RJ, Brazil
営業時間・開場時間 現地時間8:00-19:00
利用料金や入場料 50レアル
参考サイト http://www.tremdocorcovado.rio/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

コルコバードのキリスト像のスポットページ

遊歩道でウォーキング

遊歩道でウォーキング

image by iStockphoto / 45481166

リオデジャネイロのビーチといえば、だれでも思い出すのが「コパカバーナビーチ」ではないでしょうか。
そのコパカバーナや、有名なボサノバ局のタイトルにもなっているイパネマビーチなど、この辺りに続くビーチに平行して走っているのがこの遊歩道。
歩行者用と自転車用に分かれ、とても歩きやすいところです。
お勧めなのが朝一でのこの道のウォーキング。
現地の人たちも、イヤホンを耳に、ウォーキングやランニングに励んでいますよ。

夕日に照らされたリオの街並み

夕日に照らされたリオの街並み

image by iStockphoto / 26702899

山と海ばかりでなく、街中には大きな湖や、まるで森のような植物園も有するリオデジャネイロ。
ビーチでは、日が傾いてもサッカーに興じる人々がそこかしこに見られます。
湖の周りでは、レンタサイクルでのんびりとサイクリングするのも楽しみの一つ。
もちろんレイクサイドには、ライブ音楽を聞きながら、ゆったりとビールを飲んだり軽食をつまんだりもできるようなスタンドも並んでいます。
自然に囲まれて軽くスポーツした後の一杯、何とも至福のひとときです。

マラカナンスタジアム

マラカナンスタジアム

image by iStockphoto / 55030444

ブラジルといえばサッカー!サッカーといえば、やはりここマラカナンスタジアム。
リオオリンピックでも開会式や閉会式を始めとして、大活躍でした。
ところで普段から満員のサッカーファンが集まるこのスタジアム。
一節によれば、あまりの混みようで自由に移動もできないので、急に催してしまった時など、手持ちのプラスチック袋で用を済ませたら、適当に下の方に放ってしまう人もいるとかいないとか。
真偽のほどは定かではありませんが、サッカー独特の興奮状態ではあり得ない話でもないのかもしれませんね。








エスタジオ・ド・マラカナンの住所・アクセスや営業時間など

名称 エスタジオ・ド・マラカナン
名称(英語) The Maracanã Stadium
住所 Av. Pres. Castelo Branco, Portão 3 – Maracanã, Rio de Janeiro – RJ, 20271-130, Brazil
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.stadiumguide.com/maracana/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

エスタジオ・ド・マラカナンのスポットページ

イパネマでサッカー

イパネマでサッカー

image by iStockphoto / 83416509

リオデジャネイロのビーチでは、とにかく朝から晩までサッカーをしている人たちがあちこちにいます。
ビーチバレーも盛んですが、やっぱり主役は彼らでしょう。
みんな地元の人たちですが、世界中のどの国の人々よりも人懐っこいのがブラジル人です。
仲間に入れてほしいといえば、まず間違いなく気軽に受け入れてくれるはずです。
草サッカーならぬビーチサッカーですから、勝ち負け撚りも楽しんでなんぼの世界です。
旅の思い出の1つとしてチャレンジしてみませんか?

カーニバル

カーニバル

image by iStockphoto / 24374374

毎年日付は異なりますが、2月から3月にかけてがカーニバルのシーズンです。
カーニバルといっても、実はブラジル国内でも街によってその様子は様々です。
やはり一番有名で、組織的にもしっかりとしているのはここリオデジャネイロのものです。
この華やかなパレード、実は数々の厳しいルールがあるんです。
テーマの表現について、パレードの時間についてなど、細かいルールが決められていて、違反するとどんどん減点されていくという厳しい一面もあるのです。

パォン・ジ・アスーカのロープウェイ

パォン・ジ・アスーカのロープウェイ

image by iStockphoto / 52617068

砂糖パンという意味のパォン・ジ・アスーカ。
グアナバラ湾にそびえるその姿を遠くから眺めるのもオツなものですが、やはり一度はロープウェイからの景色も味わいたいものです。
2本のロープウェイを乗り継いで上っていくのですが、ほとんど全面ガラス張りのロープウェイは、上っている途中も迫力満点です。
そしてこの美しい街と海までの眺めが360度見渡せる上からの眺めは、まさに最高の一言に尽きます。
遠く残る子バードの丘の上で手を広げているキリスト像も、より神々しく感じられるようです。
次のページでは『コパカバーナで新年を』を掲載!
次のページを読む >>

関連記事を見る

カリブ・中南米の記事を見る

神戸・三宮デートでディナーするならここ!記念日ディナーもバッチリ&予約推奨レストランランキングTOP30
神戸・三宮デートでランチするならここ!記念日ランチもバッチリな予約推奨レストランランキングTOP30
舞浜デートでディナーするならここ!記念日ディナーもバッチリ&予約推奨レストランランキングTOP7
神様のパワーにあやかりたい!歴史と神秘に包まれた世界の聖地10選
【ブラジルの世界遺産】一度は行きたいブラジルの歴史を感じる!世界遺産を全部解説
成り立ちから内部混乱・人気観光地になるまで「コロンビア」はどのような歴史を歩んだのか?
【パナマの歴史】運河に翻弄されながら繁栄を遂げた熱き国の物語
映画「南極料理人」のロケ地・撮影場所はここ!
メキシコ観光なら次はここ!「リビエラ マヤ」で見たい絶景10選
ドミニカ共和国観光ならここ!「サントドミンゴ周辺」で見たい絶景10選
ブラジル観光なら次はここ!「サンパウロ」で見たい絶景10選
南米有数の世界都市、ベネズエラ観光「カラカス」で見たい絶景10選