革命とダンスの街!キューバで見られる人気スポット10選

カリブ海に浮かぶ島・キューバの首都「ハバナ」は旧市街と新市街に分かれた街です。中でも「オールド・バハナ」と呼ばれる旧市街にはカラフルなコロニアル建築の建物が建ち並び、世界遺産も多く存在します。今回はハバナの旧市街を中心に、キューバの歴史を感じられる観光スポットをご紹介します。

キューバの革命の歴史を伝える革命博物館

キューバの革命の歴史を伝える革命博物館

image by iStockphoto / 15206581

ハバナの旧市街地にある「革命博物館」はキューバの第3代大統領から第17代大統領の時代までは大統領官邸として使用されており、キューバ革命後に革命博物館として生まれ変わった博物館です。

館内にはフィデル・カストロやチェ・ゲバラなど多くのキューバ革命家たちの写真や資料、実際に使用した戦車や武器など多くの展示物があり、日本では知る事の出来ないキューバ革命の歴史や、革命後のキューバの発展について知識を深められます。

革命博物館の住所・アクセスや営業時間など

名称革命博物館
名称(英語)Museum of the Revolution
住所Avenida Bélgica,La Habana
営業時間・開場時間9:30-16:00
利用料金や入場料大人 10クック
参考サイトhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%A9%E5%91%BD%E5%8D%9A%E7%89%A9%E9%A4%A8_(%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%90)
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

革命博物館のスポットページ

カリブ海に沿って続くマレコン通り

カリブ海に沿って続くマレコン通り

image by iStockphoto / 96758603

12kmもの長さの海岸通り「マレコン通り」はハバナの人気観光スポットであり、キューバの人々の憩いの場所でもあり、海辺でお喋りを楽しむ人や釣りをする人、デートを楽しむ若いカップルたちで賑わいを見せています。

通りには独立戦争の黒人指導者・マセオの銅像や、若者たちで賑わうカフェバー、キューバならではの外観の国立ホテル、フリーマーケットなどがあり、美しいカリブ海を眺めながら街歩きを楽しめます。

マレコン通りの住所・アクセスや営業時間など

名称マレコン通り
名称(英語)Malecon
住所Malecon, La Habana
営業時間・開場時間24時間
利用料金や入場料無料
参考サイトhttps://en.wikipedia.org/wiki/Malec%C3%B3n,_Havana
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

マレコン通りのスポットページ

ハバナで最古のフエルサ要塞

ハバナで最古のフエルサ要塞

image by iStockphoto / 103224751

「フエルサ要塞」は1555年から建築されていたといわれているハバナで一番古い要塞として世界遺産に登録されています。
建築当初は木造建築だったようですが、フランスの海賊に襲撃されて焼失した後、サンゴ石を使った石造りの要塞に再建されました。

周囲は日本の城のように堀で囲まれた造りになっており、荘厳な空気が流れています。
現在では、要塞は大砲などの展示された博物館になっており、多くの観光客が訪れています。

フエルサ要塞の住所・アクセスや営業時間など

名称フエルサ要塞
名称(英語)Castillo de la Real Fuerza
住所Calle O’ Really (Plaza de Armas) / Avenida del Puerto, La Habana – Cuba.
営業時間・開場時間9:00 – 18:30
利用料金や入場料1クック
参考サイトhttps://en.wikipedia.org/wiki/Castillo_de_la_Real_Fuerza
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

フエルサ要塞のスポットページ

キューバを代表するガルシア・ロルカ劇場

キューバを代表するガルシア・ロルカ劇場

image by iStockphoto / 44589298

ハバナ旧市街の近くにある「ガルシア・ロルカ劇場」は「グラン・テアトロ・デ・ラ・アバナ」と「セントロ・ガジェゴ」という2つのホールで構成されている劇場で、キューバ・クラシックバレエの本部にもなっている場所です。
1930年にハバナを訪れたスペインの詩人・ガルシア・ロルカの名前を劇場名としたこの劇場は、スペイン・バロック様式の豪華な装飾が施されており、幻想的な佇まいです。

また、現在でもキューバのバレエやオペラの公演が行われているほか、国際バレエ・フェスティバルの開催地にもなっています。


キューバの英雄を讃えるホセ・マルティ・メモリアル

キューバの英雄を讃えるホセ・マルティ・メモリアル

image by iStockphoto / 93165327

「ホセ・マルティ・メモリアル」はキューバ独立戦争に参戦し、第二次独立戦争の主要メンバーだった英雄ホセ・マルティを讃える記念碑とその博物館です。
記念碑は高さおよそ109mものタワーで、革命を表す星形をしており、以前は共産党のオフィスとして使われていたそうです。

記念碑の周辺にはホセ・マルティの像や庭園、博物館があります。
博物館は1996年、ホセ・マルティの没後101年を記念して造られたもので、内部にはホセ・マルティに関しての資料が多く保管されています。

ホセ・マルティ・メモリアルの住所・アクセスや営業時間など

名称ホセ・マルティ・メモリアル
名称(英語)Memorial Jose Marti
住所Plaza de la Revolucion, Havana 10600
営業時間・開場時間ホセ・マルティ記念博物館:月曜-土曜 9:30-17:00
利用料金や入場料ホセ・マルティ記念博物館:有料
参考サイトhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%82%BB%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BB%E3%83%A1%E3%83%A2%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%AB
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ホセ・マルティ・メモリアルのスポットページ

美しいバロック建築のハバナ大聖堂

美しいバロック建築のハバナ大聖堂

image by iStockphoto / 9924805

旧市街に残る「ハバナ大聖堂」は1776年に建てられたバロック建築で、世界文化遺産に登録されているハバナを代表する大聖堂です。
正面の左右に建てられた塔はそれぞれ形が異なり、ほっそりしている左側の塔に対し、右側の塔は7トンもの重さの大鐘が吊り下げられた太めの塔です。

大聖堂の前にはカフェテラスがあり、大聖堂を眺めながら一休み出来るスポットになっています。
また、ミサを行っていない時間帯には教会内部を見学する事も出来ます。

ハバナ大聖堂の住所・アクセスや営業時間など

名称ハバナ大聖堂
名称(英語)Cathedral of Havana
住所156 Empedrado, La Habana
営業時間・開場時間月-金 9:00-11:00, 2:30-6:00
利用料金や入場料無料
参考サイトhttp://www.arquidiocesisdelahabana.org/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ハバナ大聖堂のスポットページ

キューバの美味しいチョコレートが味わえるチョコレート博物館

キューバの美味しいチョコレートが味わえるチョコレート博物館

image by iStockphoto / 92393555

ハバナ旧市街にある「チョコレート博物館」は博物館という名前ではありますが、美味しいチョコレートが購入出来るショップ&カフェとして地元の人々や観光客に人気のお店です。
人気メニューはホットチョコレートで、大きいグラスに入れられた程よい甘さのチョコレートが魅力です。

また、午前中にはチョコレート作りの見学ツアーに参加する事も出来ます。
箱入りのチョコレートも売られていますので、お土産にも最適ですね。

カリブ・中南米の記事を見る

ボリビアやウユニ湖のお土産ならこれ!ぴったりのお土産が絶対見つかる9選
高度な文明を持ちながら文字文化がなかった謎の「インカ帝国」
厳しくも美しい人跡未踏の地!南極点到達までの歴史に迫る
リオ五輪の開会式はここ!ブラジルで日々激闘が繰り広げられるサッカースタジアム「マラカナン・スタジアム」
観光の前に知りたい!アルゼンチン、独裁者たちの歴史
ガラパゴス諸島はなぜ世界遺産になったのか?その成り立ちと歴史
誰もが憧れる世界のベストビーチリゾート26選
広大な大地が織りなす北米大陸の絶景・秘境ランキングTOP12
ブラジルの巨匠オスカー・ニーマイヤーの曲線が美しすぎる名建築6選
観光の前に知りたい「リオデジャネイロ」の歴史。この都市の光と影
女子旅は楽しい!女友達と行くべきおすすめ海外旅行先18選
夢と冒険に満ち溢れた南米の絶景・秘境ランキングTOP10