ツアーも人気の「パレンケ遺跡」でメキシコ旅行を100%楽しもう!行き方や料金や営業時間は?

メキシコ旅行なら「パレンケ遺跡」は外せない!ということで、パレンケ遺跡をご紹介します。遺跡好きにはたまらない!神秘の文明「マヤ文明」が色濃く残るパレンケ遺跡。小難しい歴史はさておき、どんなところなのか、写真と共にご紹介します。

パレンケ遺跡って?

パレンケ遺跡って?

image by PIXTA / 4753469

メキシコ南東部の「チアパス州」にある、マヤ文明期の古代都市遺跡「パレンケ遺跡」は、密林の中にあり、7世紀に栄えていた都市の宮殿を中心とした遺跡で、メキシコの世界遺産の1つです。

image by PIXTA / 12959700

image by iStockphoto / 90168739

密林の中に突然現れる都市遺跡。
一体当時は、どんな様子だったのか…苔むす風景は、時の流れを感じさせます。

パレンケ遺跡の住所・アクセスや営業時間など

名称パレンケ遺跡
名称(英語)Palenque ruinas
住所Chiapas mexico, Palenque, Mexico
営業時間・開場時間8:00-16:30
利用料金や入場料公園入場料30ペソ ,遺跡入場料 59ペソ
参考サイトhttp://whc.unesco.org/en/list/411
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

パレンケ遺跡のスポットページ

マヤ建築としては珍しい建造物

マヤ建築としては珍しい建造物

image by iStockphoto / 78648243

パレンケ遺跡は、宮殿を中心とした都市遺跡です。
この中心部分にある宮殿は、王の住まいであったと共に、マヤ文明でおなじみの「天体観測」をするための塔が付属しています。
この4階建ての塔は、マヤ建築としては、大変珍しいものだそうです。


パレンケ遺跡の住所・アクセスや営業時間など

名称パレンケ遺跡
名称(英語)Palenque ruinas
住所Chiapas mexico, Palenque, Mexico
営業時間・開場時間8:00-16:30
利用料金や入場料公園入場料30ペソ ,遺跡入場料 59ペソ
参考サイトhttp://whc.unesco.org/en/list/411
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

パレンケ遺跡のスポットページ

複数ある神殿は、カン・バラム王に捧げられた物

複数ある神殿は、カン・バラム王に捧げられた物

image by PIXTA / 15920548

パレンケ遺跡には、複数の神殿が建てられています。
なかでも「碑文の神殿」(写真)は、パレンケ遺跡にあるピラミッドの中で、最も高いピラミッドになっており、、7世紀に在位していた「パカル王」が亡くなる前後に建造されたものだそうで、パカル王の遺体は、このピラミッドの墓室で発見されました。
また、壁の一部にマヤ文字が刻まれていることから「碑文の神殿」と名付けられました。
なお、この神殿は、パカル王の息子である「カン・バラム王」に奉げられたものであり、神殿には、カン・バラム王について描かれた石板が納められています。

image by PIXTA / 4753649

その他、「十字の神殿」「葉十字の神殿」「太陽の神殿」と呼ばれるいくつかの神殿群があり、いずれも「碑文の神殿」同様に、カン・バラム王について描かれた石板が納められていることから、カン・バラム王に奉げられたものだということがわかっています。
※こちらの写真は、十字架の神殿

image by PIXTA / 4753401

太陽の神殿

cafe

Writer:

主婦、二児の母。文章を書くことが好きで、ライターというお仕事を通して様々な知識を蓄え中。私が世界で一番住んでみたいところは、絵本の世界のような、フランスのコルマール。いつの日か、コルマールのような素敵な街に移住するぞ!という夢をみながら、世界中の街を知るためネットサーフィンするのが趣味。そんな私の記事が、1人でも多くの方の旅の参考になれば幸いです。

この記事のカテゴリ

カリブ・中南米
メキシコ

関連記事を見る

カリブ・中南米の記事を見る

成り立ちから内部混乱・人気観光地になるまで「コロンビア」はどのような歴史を歩んだのか?
【パナマの歴史】運河に翻弄されながら繁栄を遂げた熱き国の物語
映画「南極料理人」のロケ地・撮影場所はここ!
メキシコ観光なら次はここ!「リビエラ マヤ」で見たい絶景10選
ドミニカ共和国観光ならここ!「サントドミンゴ周辺」で見たい絶景10選
ブラジル観光なら次はここ!「サンパウロ」で見たい絶景10選
南米有数の世界都市、ベネズエラ観光「カラカス」で見たい絶景10選
ボリビアやウユニ湖のお土産ならこれ!ぴったりのお土産が絶対見つかる9選
高度な文明を持ちながら文字文化がなかった謎の「インカ帝国」
厳しくも美しい人跡未踏の地!南極点到達までの歴史に迫る
リオ五輪の開会式はここ!ブラジルで日々激闘が繰り広げられるサッカースタジアム「マラカナン・スタジアム」
観光の前に知りたい!アルゼンチン、独裁者たちの歴史